1. >
  2. >
  3. >
  4. 赤ちゃんの体温調整の仕方

赤ちゃんの体温調整の仕方

赤ちゃんの体温調整の仕方のタイトル画像

新米ママやパパの悩みのひとつとしてよく挙げられるのが、赤ちゃんの体温調整の仕方です。洋服は何枚着せるべきか、赤ちゃんにとって快適な室温かどうか、悩むママやパパは少なくありません。赤ちゃんの体温調整方法と、調整が必要かどうかの見極め方を解説します。

赤ちゃんの体温は室温や洋服に影響されやすい

生後間もない新生児は、体温調整中枢が未熟。そのため赤ちゃんは、部屋が暑すぎる、洋服を重ねすぎるといった理由ですぐに発熱してしまいます。「赤ちゃんのからだが熱い気がして体温を測ってみたら、元気なのに熱が高かった」というのは新生児期に多いエピソードですが、薄着にさせたりしてみるとすんなり下がることが少なくありません。一方で、気温が低すぎる場合や薄着が原因で低体温を引き起こしてしまうことも。適正な室温と服装を見極めることが重要です。



では、まだ話すことができない赤ちゃんが「暑い」「寒い」と感じているかどうかは、どのように判断すればよいのでしょうか。赤ちゃんの手足に触れて「こんなに冷たいんだから寒いに違いない」と判断してしまう人がいますが、これはあまり正確ではありません。足の裏が冷たいからと言って、室内にいるときに靴下を履かせる必要はありません。手のひらや足の裏ではなく、おなかや背中に触れてみることがポイントです。ひんやりとしている、じんわりと汗をかいている場合は温度調整が必要です。冷たい場合は低体温を起こしている可能性があるので、早急に対応しましょう。

赤ちゃんの体温調整の仕方の画像1

大人より薄着にさせるのは1歳を過ぎてから

「赤ちゃんは汗をかきやすく体温が高いので、大人より薄着にさせるようにしましょう」と聞いたことはありませんか。しかしこれは、赤ちゃんのからだがある程度体温調節ができるようになってからの話。生後間もない新生児期は1枚多く着せるなどして、むしろ温かく体温を保ってあげるようにしましょう。寝返りをうつ、ハイハイをするなど活発に動きはじめたら様子を見ながら薄着にし、歩きはじめる1歳前後になったら大人よりも1枚少なく着せるようにしましょう。

赤ちゃんの体温調整の仕方の画像2

冷房やエアコンの効かせすぎに注意

ときには冷房やエアコンに頼るのも必要なことではありますが、効かせすぎには注意しなければなりません。空気は床に近いほど冷たくなりますので、大人にとっては快適な室温でも、床に近いところにいる赤ちゃんは意外と肌寒く感じているかもしれません。また、ベビーベッドを使っている場合は、風が直接当たらないよう注意したいところです。おでかけ時には、屋内と屋外の気温の変化にも注意。スーパーなどでは夏でも冷房が効きすぎていて肌寒いことも多いため、さっと羽織れるカーディガンやレッグウォーマーがあると便利です。

気温が変化しやすい季節の変わり目には特に注意したい赤ちゃんの体温調整。体温が低くなっていないか、また汗をかいてはいないか、赤ちゃんの体にこまめに触れて体温を確認しながら、心地良く過ごせるようお手伝いしてあげましょう。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

りんりんママ

1歳の子どもがいます。ママパパの皆さまが共感できる記事を親目線で届けたいです。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 赤ちゃんの体温調整の仕方