1. >
  2. >
  3. >
  4. 歯磨きを嫌がる赤ちゃんも歯磨きが楽しくなるコツ

歯磨きを嫌がる赤ちゃんも歯磨きが楽しくなるコツ

歯磨きを嫌がる赤ちゃんも歯磨きが楽しくなるコツのタイトル画像

「きちんと歯みがきをしてあげたいけれど、赤ちゃんが嫌がって大変…」そんな悩みを抱えるパパやママは少なくありません。あんまり嫌がられてしまうと、親としてもなかなかにストレスですよね。そこで、歯磨きタイムが楽しくなるコツを紹介します。

歯みがきをしているときの表情に注意!

暴れる赤ちゃんを押さえながらしっかりと歯を磨くのは、なかなか大変な作業ですよね。しかし、歯磨きに真剣になるあまりに、こわい顔になってしまってはいないでしょうか。パパやママが硬い表情をしていると、赤ちゃんも緊張してぐずってしまいます。赤ちゃんがリラックスして歯みがきタイムを送れるよう、パパやママもできるだけリラックスすることが重要です。ニコニコと笑いかけながら、楽しい雰囲気を演出してみましょう。また、無言になってしまうのもNGです。声をかけながら磨くのも楽しい雰囲気を演出するコツです。

歯磨きタイムのBGMにひと工夫

歯磨きの最中、部屋が無音になってはいませんか?歯磨きタイムが楽しくなるような音楽をかけてみましょう。赤ちゃんのお気に入りの歌や曲があるようならばそれをかけてあげてもいいですし、「楽しく歯磨き」がテーマのキッズソングもたくさんありますから、そういった曲を選んでもいいでしょう。BGMとしてかけてもいいですし、歌ってあげても楽しいですね。メロディに合わせてシャカシャカとリズミカルに磨けば、嫌いだった歯磨きの時間が楽しい音楽タイムに変わるかもしれません。また、日ごろから「歯磨き」をテーマにしたキッズアニメや動画を一緒に見て「予習」しておくのもオススメです。キャラクターたちが歌や音楽に合わせて楽しく歯磨きをする様子を見せることで、赤ちゃんが興味を持ってくれるきっかけになるかもしれませんよ。

歯磨きを嫌がる赤ちゃんも歯磨きが楽しくなるコツの画像1

上手にできたらいっぱい褒めてあげましょう

赤ちゃんにとって、パパやママに褒めてもらうのはとてもうれしいものです。「よくできたね」「上手だったね」とたくさん声をかけてあげましょう。ぐずってしまったからといって「ちゃんと歯磨きしなきゃだめでしょ!」「虫歯になっちゃうでしょ!」と叱ってしまうと、かえって歯磨きの時間が苦痛になってしまうことも。頑張ったら、たくさん褒めてあげるのを忘れないようにしましょう。また、歯磨きを日常のリズムに組み込むためには、毎日決まった時間、決まったタイミングで歯磨きの時間を設けるのもコツです。毎食後とオヤツ後に磨くのが理想的ですが、はじめのうちは就寝前からはじめるといいでしょう。お風呂あがりの水分補給のあとは歯磨きタイム、歯磨きができたら絵本タイム…とリズムができると、赤ちゃんにとっても歯磨きが習慣づきやすくなります。

いかがでしたか?歯磨きの習慣は大切ですが、無理強いしてしまうと余計に歯磨きを嫌いになってしまうかもしれません。歯磨きはこれからもずっと赤ちゃんの歯を守っていく大切な習慣。赤ちゃんの成長をゆっくりと見守りながら、楽しい歯磨きタイムにしてあげたいですね。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

病気・怪我・健康 健康管理

この記事を書いた人

りんりんママ

1歳の子どもがいます。ママパパの皆さまが共感できる記事を親目線で届けたいです。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 歯磨きを嫌がる赤ちゃんも歯磨きが楽しくなるコツ