1. >
  2. >
  3. >
  4. 赤ちゃんの歯のケアをスムーズに行うコツ

赤ちゃんの歯のケアをスムーズに行うコツ

赤ちゃんの歯のケアをスムーズに行うコツのタイトル画像

赤ちゃんの歯が生えはじめたら、ぜひはじめたい歯磨き習慣。しかし口のなかや周りに触れられるというのは、本能的に嫌なものです。はじめての歯磨きに抵抗を示す赤ちゃんは決して少なくありません。ではどうすればスムーズに歯をケアしてあげられるのでしょうか。ぜひ試してほしいコツを紹介します。

口の周りに触れるところからスタート

生えはじめの頃は歯を磨く習慣をつけることが主な目的なので、きちんとすみずみまで歯を磨くことにこだわらなくても大丈夫。本能的に口の周りに触れられることを嫌がってしまう赤ちゃんに慣れてもらうため、まずは赤ちゃんの口の周りに触れる練習からはじめます。赤ちゃんが声を出しているときに口に手を当てたり離したりすることで「あわわわわー」と声が途切れるのを楽しむ遊びも、口に触れる練習としては有効です。



それができたら今度は、清潔なガーゼを用意してパパやママの指先を包み、軽い力で歯をこすってみましょう。そっと撫でる程度の力で十分に汚れをとることができます。また、「歯みがきナップ」と呼ばれる歯みがき用の清浄綿も市販されています。歯のケア成分入りなので、歯をこすりながらケアもできる優れものです。どうしても歯ブラシに抵抗してしまう場合や、生えはじめのころはこちらを使うのもオススメです。

赤ちゃんの歯のケアをスムーズに行うコツの画像1

赤ちゃんに歯ブラシを持たせてみましょう

歯ブラシに興味を持ってもらうため、赤ちゃんに歯ブラシを持たせてみるのも効果的です。とはいえ、柄の長い歯ブラシでは危険ですから、柄の短い赤ちゃん用の歯みがきを使うのがオススメです。赤ちゃんが口の奥に詰まらせないようにガードがつけられるものも市販されています。歯みがきをくわえたまま転倒し、口のなかに刺さってしまう乳幼児の事故も起こっているため、自分で歯ブラシをさせる場合は目を離さないよう注意し、必ずそばについているようにしましょう。また、赤ちゃんが歯ブラシの練習をするときは、パパやママが一緒に自分の歯を磨いてお手本を見せてあげるのがオススメです。

歯みがきジェルを使って歯をケア

歯みがきを楽しくするアイテムとしてぜひ併用したいのが「歯みがきジェル」です。フッ素入りのものが多く、歯を保護してくれる成分が含まれているうえ、乳幼児用の歯みがきジェルの多くにはブドウ味やイチゴ味といった甘い味つけがされているので、気に入る子も多いようです。口をゆすぐことができない赤ちゃんには、うがいのいらないタイプの歯みがきジェルを使うようにしましょう。歯みがきジェルはドラッグストアでも購入できますが、小児歯科のある歯科医院でも取り扱っている場合があります。フッ素塗布と歯科健診のための歯医者デビューは、1歳半ごろという子が多いようです。

将来の虫歯予防のためにしっかりと行いたい乳歯ケア。毎日行うことなので、親子ともにストレスなく歯みがきに挑戦したいところです。まずは赤ちゃんに興味を持ってもらうところからスタートし、親子で楽しくケアをしていきましょう。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

りんりんママ

1歳の子どもがいます。ママパパの皆さまが共感できる記事を親目線で届けたいです。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 赤ちゃんの歯のケアをスムーズに行うコツ