1. >
  2. >
  3. >
  4. 赤ちゃんの歯のお手入れ方法と虫歯の防ぎ方

赤ちゃんの歯のお手入れ方法と虫歯の防ぎ方

赤ちゃんの歯のお手入れ方法と虫歯の防ぎ方のタイトル画像

赤ちゃんの歯が生えはじめるのは5〜6か月ごろ。この時期に生える乳歯は非常に無防備で虫歯になりやすいという特徴があるので、この時期の赤ちゃんの虫歯ケアはとっても大切。健康な永久歯が生えてくるためにも口の中に虫歯菌を増やさないように、歯が生えたらすぐにでも歯磨きの習慣をつけましょう。

赤ちゃんの歯磨きの始め方

赤ちゃんは生まれてくると5〜6か月ほどで、下の歯が真ん中に2本生えてきます。そこで始めたいのが歯磨き習慣です。乳歯を強く保つために、綺麗にガーゼで歯1本1本を磨き上げてフッ素などで歯を強くすることもできます。ただしガーゼでの歯磨きは、歯が増えてきたときに歯間をうまく磨けないため、赤ちゃん用の仕上げブラシで丁寧に磨くのがベストです。赤ちゃんにとって生えかけの歯は歯茎に埋まっていたものが顔を出してくるようなものなので、仕上げ用歯ブラシはできるだけ毛先が柔らかくヘッドの小さいものを選びましょう。



歯が生えてくる頃の赤ちゃんはなんでも噛みたがるので、この間に赤ちゃん用の仕上げブラシを使っての歯磨きを習慣化すると、歯磨きが大好きなお子さんに育ちます。歯を磨くことが楽しいことという刷り込みができるのです。この間のしつけが歯磨き好きの子を育てる上でとても大切なので、タイミングをしっかり見極めて歯磨き習慣を身に着けさせたいですね。

生え変わるのに乳歯の虫歯が問題になるわけ

乳歯は生え変わる歯ですが、乳歯が虫歯だらけになると口内に虫歯の原因菌が繁殖して、永久歯が生えてきた時に虫歯になりやすくなってしまいます。また、虫歯になると噛み方が偏ったり、噛まずに飲み込んだりといったことが多くなり顎の発達に支障をきたします。その結果、歯並びの悪い子になってしまうということもあるので、乳歯の頃からきちんと歯を磨き口中をきれいに保つ必要があるのです。



しかし、乳歯はエナメル質が弱く虫歯になりやすいという特徴があります。お子さんの歯磨き粉には歯を強くするフッ素入りのものを用いるのがベストでしょう。まだ歯が少ない時期には、仕上げ用歯ブラシにゴマ粒大をとって使い過ぎないように磨きます。歯の数が増えてお口がゆすげるようになったら3mmほどをとって磨いてあげましょう。

赤ちゃんの歯のお手入れ方法と虫歯の防ぎ方の画像2

上手な歯磨きのコツ

歯磨きをする時は、ママの手を赤ちゃんのお顔に固定させて鉛筆を握る要領で歯ブラシを持ち、上の歯から磨いていきます。上の歯を磨くときは唇を人差し指で押さえて保護し、1本ずつ歯をきれいに磨いてゆきます。下の歯を磨くときは、歯ブラシを持つ手の小指と薬指を赤ちゃんの頬に固定して磨きます。下の奥歯を磨くときは赤ちゃんの顎に歯ブラシを持つ手を固定させ、丁寧に汚れを掻き出すように磨きます。赤ちゃんのお顔に手を固定することで、歯磨きの動作が大きくなりすぎるのが防げるだけでなく、磨きたい歯をしっかりと磨くことができます。ぜひ試してみてください。

家族そろってのオーラルケアが必要

赤ちゃんの歯は、これから生えてくる永久歯に大きく影響する大切な歯です。ですから2本生えてきた時点で1本1本の歯を大切に虫歯から守っていく必要があります。基本的に2歳ごろまで乳歯は生え続けますから、ごく初期から赤ちゃん自身に歯磨きの習慣を持たせていきたいものです。また虫歯菌はママやパパからもうつりますから、ご両親のオーラルケアも赤ちゃんの健康な歯作りには欠かせません。虫歯のない歯を目指して、家族で歯磨き習慣に取り組んでみてくださいね。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

りんりんママ

1歳の子どもがいます。ママパパの皆さまが共感できる記事を親目線で届けたいです。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 赤ちゃんの歯のお手入れ方法と虫歯の防ぎ方