1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. 夫婦・家族関係
  6. >
  7. 旦那様へのイライラを比較して算出!「イイ夫」度判定と私のイライラ解決法5選

旦那様へのイライラを比較して算出!「イイ夫」度判定と私のイライラ解決法5選(2ページ目)

旦那様へのイライラを比較して算出!「イイ夫」度判定と私のイライラ解決法5選のタイトル画像

夫への怒りは周囲に愚痴りづらく、他のストレスより蓄積しやすい傾向にありませんか?他のご家庭のイライラ事情を知ることで「ウチだけじゃなかったんだ!」「我が家の方がまだマシだわ」と思えるかもしれません。ということで、我が家を一例に「イイ夫」度判定を作成してみました。また私なりのイライラ解決法もご紹介していますので、参考にしてみてください。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11030013132
amiのアイコン ami
旦那様へのイライラを比較して算出!「イイ夫」度判定と私のイライラ解決法5選の画像1
モノを探したままぐちゃぐちゃ、もけっこうありがち!?

夫へのイライラ5:三大「つけっぱなし」にイラッ!

テレビをつけっぱなしにしたまま、電気、コタツもつけっぱなしで寝ている時を私は「三大つけっぱなし」と呼んでいます。消してから寝ればいいのに、なぜ男性は意識がなくなるまでテレビを観ようという一種の限界に挑戦し続けるのか全く理解できません。なぜか布団で寝ず、コートを着たままリビングで寝ていることも多く、朝起きると毎回呆れています。
旦那様は、いろいろ「つけっぱなし」にしていませんか?

旦那様へのイライラを比較して算出!「イイ夫」度判定と私のイライラ解決法5選の画像2
ビールの飲みっぱなしもイラッとします!

読んで頂いた方の半数程度は、「ウチの夫の方がマシだわ」と感じたかもしれませんね・・・。我が家の家庭事情と比較しながら、ご自身の旦那様の「イイ夫度」を算出してみてください。

【「イイ夫度」判定】(あくまで目安です)
5つ全部に共感:イイ夫度30%。早急に夫婦で話し合いの時間を確保したいところ。
3つ共感:イイ夫度50%。「ここだけは直してほしい」と言えば、素直に受け入れてくれそう。
1つ共感:イイ夫度75%!奥様が思っているよりも実はイイ夫かも。
共感0:イイ夫度100%!羨ましいとしか言いようありません!「いつもありがとう」と感謝してあげて!

夫にイライラ!喧嘩勃発!?私の解決法5選

1:ドラマや恋愛バラエティを観て、別の感情とすり替える
恋愛ドラマや海外ドラマを観て現実を一旦忘れてしまいましょう。泣いたり笑ったりときめいたりすると、自然とイライラが少し消えています。


2:夫に家事や育児を丸投げしてふて寝
夫と喧嘩した時には「じゃあもういいよ!歯磨きと寝かしつけお願いね!」と時には丸投げしてしまうこと、たまにあります。イライラしている時は寝不足が原因のこともあるので、睡眠は大切です。ママの大変さを(ちょっと強制的ではありますが)理解してもらうこともできます。


3:真剣に離婚について考えてみる
「もし離婚したら」と想像すると、一人で仕事をしながら子どもを育てる大変さが身に染みてきます。すると「パパ、いつもお仕事ありがとう」いう思いが芽生え、素直に謝れたり感謝できるようになります。


4:うまく伝えられない感情は手紙に書いてみる

「なぜか夫にイライラする」「原因は分からないけどムカつく」など気持ちがモヤモヤするときには、夫に宛てて手紙を書いてみることがあります。文章にすることで自分の感情を整理することができるからです。そのまま手紙をパパに渡すこともあれば、自分の中で解決して手紙は捨ててしまうこともありますが、かなりスッキリします。


5:プチ家出する
我が家の場合、プチ家出するなら夫の方なのですが、数時間経つと気分転換になったのかニコニコして帰宅します。喧嘩後も同じ室内にいると険悪な空気が漂うので、物理的に距離をとった方がお互いにラクなことが多いです。

いかがだったでしょうか?夫婦といえども他人なので、価値観や生活習慣の違いでイライラしたり分かり合えないことは出てくるはずです。そこで話し合ったり時には喧嘩し折り合いをつけていくことで、パートナーシップというものが生まれていくものなんだと思います。

「イイ夫」も良いパートナーシップもきっと、一日してならず。イライラした時には感情に浸り続けるよりも「このイライラが生まれた原因は何か?」と考えてみると、問題解決の近道になるかもしれません。参考にしてみてくださいね。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
amiの画像
ami

趣味は読書。小さい頃は小説家になって海外移住することが夢だったが、小説が全く書けず挫折。それでも作文論文は得意だった。大学入試は英文科を目指していたものの、申し...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. 夫婦・家族関係
  6. >
  7. 旦那様へのイライラを比較して算出!「イイ夫」度判定と私のイライラ解決法5選