1. >
  2. >
  3. >
  4. 子宮外妊娠その後、妊娠できる?再発確率は?後遺症はある?

子宮外妊娠その後、妊娠できる?再発確率は?後遺症はある?

子宮外妊娠その後、妊娠できる?再発確率は?後遺症はある?のタイトル画像

誰にでも起こり得る「子宮外妊娠」。1度子宮外妊娠してしまうと、再発してしまうの?後遺症はある?正常な妊娠はできるの?などなど…子宮外妊娠の様々な「はてな」をまとめました。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11015196278
目次 子宮外妊娠後、体にどんな影響がある?
子宮外妊娠の後、正常に妊娠できる?
子宮外妊娠の後、再発確率はどのくらい?
子宮外妊娠を経験したあとに生まれる子に影響はある?
子宮外妊娠後、赤ちゃんを授かるためにすべきこと
まとめ

子宮外妊娠後、体にどんな影響がある?

子宮外妊娠をすると、正常な妊娠をした時と同じように、血液中の妊娠反応が上昇して、ホルモンバランスも変化するため生理が止まります。その後、卵管切除などの処置を行うと、妊娠反応は低下し、ホルモンバランスも徐々に通常の状態へと戻っていきます。ホルモンバランスが正常な状態へとなると、止まっていた生理も再開します。子宮外妊娠後の生理の開始は1ヶ月〜3ヶ月と個人差があります。

ただ、ホルモンバランスの正常になる速度も人によって違いますし、どの程度戻ったら生理が再開するのかもそれぞれ違うので、一概に何ヶ月経ったからとか、数値がこれだけ下がったからと確実に再開する目処が分かるわけではありません。この期間は、落ち着いて栄養のある食事や葉酸などをとり、生理が再開するのを待ちましょう。

妊娠して一度ホルモンバランスが崩れると妊娠前とは生理周期が変わってしまう可能性がありますので、再び基礎体温を測るなどして自分の体のサイクルをチェックしてみましょう。

子宮外妊娠の後、正常に妊娠できる?

経過や、治療方法にもよりますが、約3ヶ月〜6ヶ月の避妊期間を設けた後、次の妊娠が可能になるとされています。この期間は子宮の中を綺麗にするためにも必要な期間なので焦らずに生理を見送りましょう。人や状態によって避妊期間は変わってきますので、次の妊娠時期についてはパートナー含めて、主治医とよく相談してから決めて下さいね。

子宮外妊娠は全体の妊娠の0.5~1.5%に発生していると言われますが、近年その頻度は増加しているそうです。子宮外妊娠を経験してしますと、気になるのは再発の可能性ですね。1度子宮外妊娠をしてしまったからといって、次回も子宮外妊娠をしてしまうというわけではありません。1度子宮外妊娠をした方でも次回は無事に妊娠、出産を遂げている方は数多くいます。しかし再発の可能性も0ではないので、次は再発の可能性についてご説明します。

日本医科大学多摩永山病院女性診療科医局

子宮外妊娠の後、再発確率はどのくらい?

子宮外妊娠を経験して、次の妊娠も子宮外妊娠になる確率は、以前に子宮外妊娠をしたことのない人に比べて高いのは事実ですが、次も子宮外妊娠になる確率はそんなには高くありません。子宮外妊娠を経験したことのない人より確率が高い理由は、再発してしまう理由のひとつが「原因の解消が行われていない」というものだからです。

例えば、クラミジアなどの性病が原因で子宮外妊娠になったのに、完治していないという場合や、過去の手術や中絶による炎症、癒着が子宮外妊娠の可能性の場合は、1度子宮外妊娠になったからと言って解消するというものではありません。

体質的に卵管に受精卵がとどまりやすい場合には、もう片方もその傾向にある可能性が当然出てきます。そのため、1度子宮外妊娠をした人には「何度妊娠しても卵管で詰まってしまう」可能性があるのです。

また、次回の妊娠のことを考えて卵管を温存する方法の処置をとったとしても、卵管にメスを入れると、治った跡が盛り上がったりして、受精卵が通れる状態にならないこともあるそうです。手術などによる癒着であれば、左右両方が癒着を起こしているケースも多いため、同じ卵管で子宮外妊娠を起こしてしまう人も数多くいます。

両方の卵管をなくすと、卵管は2本しかないため、自然妊娠は難しくなります。しかし人工授精などで子供を産むことが可能です。実際に人工授精で妊娠し、出産している方も数多くいますので、出産・育児ができる可能性がなくなったわけではありません。再発しても必要以上に悲観せず、先生や家族と相談しながら治療を行っていきましょう。

再発について 一部参照

子宮外妊娠を経験したあとに生まれる子に影響はある?

子宮外妊娠の原因は、主に卵管の炎症・癒着、または繊毛の機能障害などの「卵管異常」だといわれています。これらの異常は手術やクラミジアなどの感染症などで起こりますが、人によっては体質的に繊毛の働きが弱く、子宮外妊娠の原因となってしまうということもあります。

また、これといった原因がないのに子宮外妊娠が起こる場合もあり、どれが原因で子宮外妊娠になったのか判断するのが難しいといわれています。そして、子宮外妊娠は繰り返すことが多いことから、遺伝的要因も原因の一つだともいわれています。しかし遺伝の解明はまだされていません。

子宮外妊娠後、赤ちゃんを授かるためにすべきこと

では、子宮外妊娠を経験したママさんたちは再び赤ちゃんを授かるために何を行ったら良いのでしょうか。

■クラミジアなどの感染症が原因の場合は治療を行う

クラミジアやトラコマチスという細菌の一種は。感染者との粘膜同士の接触や、精液、腟分泌液を介して感染します。オーラルセックスでは、のどへも感染しますから、前戯などでも感染するということです。

クラミジアに感染していたとなると、パートナーもクラミジアの可能性が高くなり、女性だけが治療してもまたパートナーから感染してしまう、ピンポン感染が発生します。未治療の場合は次回も子宮外妊娠の確率が高まりますから、パートナーと揃っての治療が必要になります。

■子宮を綺麗にする

1度子宮外妊娠をしてしまうと、子宮が綺麗になるまでに3度以上生理を見送る必要があります。

■ストレスをためない

通常の妊娠と変わらず、次回の妊娠にストレスは大敵です。ホルモンバランスのが変化しているので一時的にイライラしたりしてしまう可能性もありますが、イライラや落ち込むことが続くようなら、心療内科を受診しましょう。

お薬を処方してもらうと次回の妊娠の期間が伸びてしまうこともありますのが、まずは元気になることが最優先ですので、無理はしないようにしてくださいね。

■葉酸をとりましょう

妊娠前から葉酸をとっていると、お母さんにも赤ちゃんにも良いことが分かっています。次の妊娠にむけて、葉酸の多い食べ物を食べたり、サプリで摂取するようにするといいですね。

■バランスのいい食事を心がけましょう

体調が優れなかったり健康状態が悪いと、次回の妊娠に悪影響を及ぼす可能性があるので、バランスの良い食事を心がけましょう。体を冷やさないためにも、暖かい飲み物・食べ物がおすすめです。

まとめ

子宮外妊娠その後、妊娠できる?再発確率は?後遺症はある?の画像6

子宮外妊娠は、放置しておくと命にもかかわりますので、妊娠初期の妊婦健診は必ず受診するようにすると安心です。

1度子宮外妊娠をしたからといって、必ずしも次も自然妊娠ができないわけではありません。次も子宮外妊娠になる確率よりも、自然妊娠の確率の方が大きいので、自分を責めずに前向きになって下さいね。子宮外妊娠の原因がわかっている場合はお医者さんと相談して正しく治療しましょう。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事に関するキーワード

妊活・不妊 不妊症 妊娠検査

この記事を書いた人

まどんぬ

生後4ヶ月の息子の母親です。
子供は生まれてすぐに感染症の疑いでNICUに10日間ほどお世話になっていました。
その際に、「いま、自分にできることは今後のた...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 子宮外妊娠その後、妊娠できる?再発確率は?後遺症はある?