1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 「私、子育てに向いてないのかも・・・」誰にも言えないこの不安と葛藤、私だけ?

「私、子育てに向いてないのかも・・・」誰にも言えないこの不安と葛藤、私だけ?

「私、子育てに向いてないのかも・・・」誰にも言えないこの不安と葛藤、私だけ?のタイトル画像

愛しているはずの我が子でも、毎日育児を続けることは本当に大変なこと。思うように行かないことの連続でイライラしたり、悲しくなったりで自信を喪失してしまっている人もいるのかもしれません。ここでは子育てに向いてないと感じたエピソードと乗り越え方を紹介します。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11030025905

「親であるならば子どもに無償の愛を注げて当然」、「母性はどんな女性にも備わっている」という価値観が親となった人たちを苦しめているケースがあります。

なかなかうまくいかない育児にイライラしたり、自信を喪失してしまう人は実は少なくないのです。
ここではそんな「よくあるエピソード」をご紹介していきます。

わかる〜!と思えたら、少し客観的に自分のことを見つめられるかもしれません。

①子どもよりも自分の気持ちや欲求を優先してしまった

「母親は自らの身を挺してでも、子どもを助けるもの」という母性神話が日本では深く根付いていますが、なかなか実感できないというママも多い様です。

こんなエピソードを聞いたことがあります。

・久しぶりに子どもなしで友だちと食事をする予定を立てて、ずっと楽しみにしていたのに、当日の朝に子どもが熱を出してしまってキャンセルに。
正直子どもの身体の心配よりも、キャンセルになったがっかり感の方が強かった。

・ついスマホに夢中になってしまい、子どものことをほったらかしにしてしまうことがある。気がついたら子どもが外に出てしまっていた時にはヒヤッとした。



このように、子どものことを大切にしていないわけではないけれど、子どもよりも自分の気持ちや欲求が強く現れてしまうということがあるようです。

パパママも、親である前に一人の人間です。
自分の気持ちを閉じ込めて、全て子ども中心にするということは、難しいことなのかもしれません。

②子どもがいうことを聞かずにイライラしてしまう

「私、子育てに向いてないのかも・・・」誰にも言えないこの不安と葛藤、私だけ?の画像2

「子育てに向いていない」と感じるパパママの中でもっとも多い意見が「何度言ってもいうことを聞かない子どもにイライラする。」というものです。

そのような気持ちが生まれると、ついつい友だちの子どもや、他の子どもを見ては「あの子はこんなにできるのにうちの子は…。」と過敏に反応するようになってしまいます。

また静かにしていないといけない場所で、他の子は静かにしているのに自分の子どもだけはしゃぎまわっていると、ダメな親とレッテルを張られた気分になり、どんどん自分は子育てに向いていないのだと感じるようになっていくパパママも多いようです。

「自分は自分、他所は他所」と言うのは簡単ですが、割り切るのはなかなか難しいもの。
特に子育ては正解もなく、他の子に効いた子育て方法が自分の子に効くとは限りません。

子育てのプレッシャーに押しつぶされ、母親であることに生きづらさを感じるママがいるようです。

③積極的に育児をする気がおきない

「私、子育てに向いてないのかも・・・」誰にも言えないこの不安と葛藤、私だけ?の画像3

「ものすごくマメなママ友は、幼稚園のお弁当を毎回キャラ弁にしたり、子どもをいろいろな場所に連れて行ったりしてるけど、不器用な私にはできない」というエピソードを聞いたことがあります。

また最近はパパママタレントがブログでおしゃれな子育て生活を披露したりと、他者の子育てを垣間見れる機会が多くあります。
その中で育児の温度差を感じて自信をなくしてしまうパパママもいるようです。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

子育て・育児 子育ての悩み アンガーマネジメント

この記事を書いた人

alice0109maki

中部地方でライターをしながら1歳になる男の子の育児に奮闘中です!はじめての子育てでまだまだ失敗だらけですが、ちょっとずつ成長していく子どもの姿に毎日感動を覚えて...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 「私、子育てに向いてないのかも・・・」誰にも言えないこの不安と葛藤、私だけ?