1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. ベビー服・肌着の選び方は?まずはここから押さえよう

ベビー服・肌着の選び方は?まずはここから押さえよう

ベビー服・肌着の選び方は?まずはここから押さえようのタイトル画像

お店に並んだたくさんのベビー服や赤ちゃんの肌着。実際に選ぶとなると、慣れていないとどれを着せたら良いか迷うという方も少なくないのでは?今回は、そんなベビー服と肌着について簡単にまとめてみました。選び方の参考にチェックしてみてください。

出典:http://pixabay.com/static/uploads/photo/2012/02/29/11/50/adult-18604_640.jpg

表示サイズと月齢、季節の関係に注意

ベビー肌着やベビー服のサイズは通常、身長で表されています。目安となる月齢を知っておくと便利です。



・サイズ表示「50」:0ヶ月

・サイズ表示「60」:3ヶ月

・サイズ表示「70」:6ヶ月

・サイズ表示「80」:12ヶ月

・サイズ表示「90」:24ヶ月



産まれて1年間の赤ちゃんの成長はあっという間です。特にサイズ50~60のものに関しては、赤ちゃんの産まれる時期によっては必要のないものもあります。例えば、夏生まれの赤ちゃんの場合はサイズ50の冬物は必要ないでしょう。せっかく用意したのに使えなかった…ということがないように、ご自分のお子さんの月齢と季節の関係を把握しておくと安心です。

ベビー服・肌着の選び方は?まずはここから押さえようの画像1

ベビー肌着の種類と特徴

ベビー肌着にも色々なものがあります。新生児から着せられる主なものについて簡単にご説明します。



■短肌着

0〜3ヶ月の赤ちゃんに。四季を通じて使えるので、出産準備には5枚程度用意しておくと安心です。



■長肌着

0〜3ヶ月の赤ちゃんに、短肌着の上に重ねて使います。足が隠れるくらいの長さがあり、裾はスカートのようになっています。おむつ替えはしやすいですが、足をよく動かすようになるとはだけてしまいます。赤ちゃんが産まれる季節によっては必要ないこともありますので、出産準備として用意するのは1〜2枚で良いかもしれません。



■コンビ肌着

0〜6ヶ月の赤ちゃんに。長肌着と同じく短肌着の上に重ねて使いますが、裾にスナップボタンがついているので手足を動かすようになってもはだけません。出産準備には1〜2枚用意しておいて、必要に応じて買い足すと良いでしょう。



他に、股下部分でスナップボタンを留める、ボディスーツやボディ肌着と呼ばれるものもあります。お腹が出る心配がなく、サイズやデザインが豊富なのが魅力です。首がすわるまでは、前開きのものを選ぶと安心です。

ベビー服・肌着の選び方は?まずはここから押さえようの画像2

ベビー服の種類と特徴

ベビー服の主な種類と特徴についても簡単にご紹介します。



■ベビードレス

裾がひらいたワンピースのようなデザインで、0〜2ヶ月頃に着せることが多いベビー服です。この時期は外出することも多くはないと思いますので、出産準備には1枚用意しておき、必要に応じて買い足せば良いでしょう。



■カバーオール/ロンパース/グレコ

呼び名はメーカーやお店によって異なりますが、どれも「つなぎ」のようなデザインです。ショート丈のものから足先まですっぽり包むものまで、様々なタイプがあります。大抵はおむつ替えしやすいように、股下部分がスナップボタンになっています。首がすわるまでは、前開きのものが安心です。



■ツーウェイオール

足の部分のスナップボタンの留め方を変えることで、ベビードレスにもカバーオールにもなります。新生児のうちはベビードレスとして、足をよく動かすようになったらカバーオールとして使用でき、比較的長い期間着せることが可能です。出産準備としては1〜2枚用意しておき、必要になれば買い足すようにすると良いかもしれません。

赤ちゃんは「ちょっと薄着」で快適?

赤ちゃんはまだ体温調節が上手にできません。快適に過ごせるように、まわりの大人が着ているものや室温を調節してあげる必要があります。ただし気を付けたいのが、「着せすぎ」です。風邪をひかせないようにとたくさん着せたくなる方もいるかもしれませんが、赤ちゃんは平熱37度前後と、体温が高く暑がりです。着せすぎると、たくさん汗をかいて逆に体を冷やしてしまうこともあります。大人より1枚少ないくらいの薄着で大丈夫と考えると良いようです。着せ過ぎていないか不安な時は、背中に手を入れて汗をかいていないかチェックしたり、赤ちゃんの表情をよく見てあげましょう。また、夏はエアコンで冷えた室内と外気の温度差が赤ちゃんの負担になります。エアコン対策に薄手のカーディガンやおくるみなどを用意しておくと安心です。

保温性が優れているものや通気性が良いもの、オーガニック素材のものなど、ベビー服や肌着はデザインだけではなく素材も様々です。季節や好みにあったベビー服や肌着で、快適に過ごさせてあげてくださいね。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

赤ちゃんのお世話 ベビー用品 ベビー服

この記事を書いた人

りんりんママ

1歳の子どもがいます。ママパパの皆さまが共感できる記事を親目線で届けたいです。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. ベビー服・肌着の選び方は?まずはここから押さえよう