1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 和痛分娩とは?無痛分娩との違い・方法・リスク・費用まとめ

和痛分娩とは?無痛分娩との違い・方法・リスク・費用まとめ

和痛分娩とは?無痛分娩との違い・方法・リスク・費用まとめのタイトル画像

分娩は大きく分けて自然分娩・和痛分娩・無痛分娩とあります。和痛分娩と無痛分娩の違いや、気になるリスク・方法・費用にについてまとめました。様々な「はてな」にお答えします。

目次 和痛分娩とは?費用はどのくらい?
無痛分娩とはどのように違うの?
和痛分娩の方法
和痛分娩によるリスクは?
リスクを回避する対策ってあるの?
まとめ

和痛分娩とは?費用はどのくらい?

和痛分娩にはこれといった定義がなく、医療機関によって捉え方がさまざまです。基本的には「痛みを和らげる」分娩方法のことを和痛分娩と呼びます。痛みがまったくない、というわけではなく赤ちゃんが降りてくることや、いきみを感じられることがほとんどです。

和痛分娩にはラマーズ法やソフロロジー法など呼吸法で痛みを和らげることも含まれています。無痛分娩のように麻酔を打つ病院もあります。思い描いている「和痛分娩」と違う可能性もあるので病院に問い合わせてみましょう。

和痛分娩にかかる費用は、通常の分娩費用に加えて、5~20万円ほどが多いようです。病院によってはもっとかかるところもあるようです。和痛分娩に対応しているか、和痛分娩の種類、費用をまとめて問い合わせてみるといいと思います。

無痛分娩とはどのように違うの?

医学的に、無痛分娩と和痛分娩には明確な違いはありません。どちらも分娩時の痛みや陰部裂ける痛みを和らげるという目的で用いられます。

どのような方法で痛みを和らげているのかは、病院によって大きな違いがあり、同じ方法でも「和痛分娩」と呼ぶところもあれば「無痛分娩」と呼ぶところもあり、自然分娩の際の呼吸法などを「和痛分娩」呼ぶところもあります。病院が分娩方法を指定していることもあるので、自分がしたい分娩方法がある場合は、お医者さんに相談してみるといいですね。

和痛分娩の方法

和痛分娩には次のような方法があります。
・硬膜外麻酔
・陰部神経ブロック
・笑気ガス
・鎮痛薬注射
・呼吸法(リフロロジー法、ラマーズ法)

【硬膜外麻酔】
硬膜外麻酔は、子宮口が5cm以上開くいてから行います。脊椎(背骨)の中にある脊髄の側まで針を刺し、その中にカテーテルを通し、硬膜の外側にカテーテルを残し、そこから麻酔薬を注入します。麻酔の種類には硬膜外麻酔のほか、脊髄くも膜下麻酔や全身麻酔などがありますが硬膜外麻酔が一般的です。

【陰部神経ブロック】
ドイツでは一般的な分娩方法です。陰部神経のを局所的に麻酔でブロックすることで、産道・会陰部領域の痛みが緩和され、筋弛緩の効果を得られます。子宮口が全開になると麻酔を行います。麻酔効果時間は90~120分と短時間ですが、麻酔効果が切れた場合は再度陰部神経ブロックを行うことができます。

【笑気ガス】
笑気ガスとは「亜酸化窒素」のことです。亜酸化窒素とは無味無臭のガスで、吸入する際にはフェイスマスクやマウスピースなどを通します。処置の方法は、フェイスマスクやマウスピースを装着し、それを通して深く息を吸い込んでガスを吸入します。ガスの効果が得られるのは、吸引して30秒~60秒くらいの時間がたってからです。

ガスを吸っても痛みが残ることはありますが、「苦痛」と感じなくなるといわれています。英国では人気の分娩方法の1つになります。

【鎮痛薬注射】
鎮痛薬の点滴・注射を行います。硬膜外麻酔が何らかの理由により受けられない場合にこの方法になることが多いようです。使用される麻薬性鎮痛薬は、痛みを完全になくすというわけではないようです。

投与方法は、腕の静脈か大腿に管を通し、そこから鎮痛薬を投与します。お尻の筋肉に注射する場合もあります。点滴の場合は、薬を投与してから5分ほどで効果がすぐあらわれますが、筋肉注射の場合は45分ほどかかることがあるそうです。 分娩中によく用いられる鎮痛剤は「オピスタン」・「モルヒネ」・「スタドール」・「フェンタネスト」などです。

【ソフロロジー法】
ソフロロジー法は、東洋的な座禅とヨガの様式が応用されている呼吸法です。「もうすぐ赤ちゃんに会える。陣痛を積極的に受け止めよう」という考え方に基づいているそうです。

陣痛の波がきたら、生まれてくる赤ちゃんを思い浮かべながら、ヨガの複式呼吸をします。「ふー」と長く息を吐くのがポイントです。体がリラックスして、産道がゆるみ自然に赤ちゃんが生まれます。会陰もよく伸びているので、切開の必要はあまりないと言われています。

【ラマーズ法】
ラマーズ法は、「お産のしくみをよく理解して、不安や緊張がやわらげる」という考えに基づいています。呼吸法は「吸う」からスタートして「吐く」で終了します。ポイントは、静かに長く吐くことです。お産の進み具合によって「ヒー・フー」・「ヒッ・ヒッ・フー」「フー・フー」と変化します。

和痛分娩によるリスクは?

和痛分娩とは?無痛分娩との違い・方法・リスク・費用まとめの画像4

呼吸法はもちろんのこと、一番代表的な硬膜外麻酔には、ママも赤ちゃんも副作用などのリスクはないとされています。それどころか、ママも赤ちゃんも不必要な痛みが少ない分、より楽に出産が行えるそうです。しかし、そのほかの麻酔の方法では、赤ちゃんに麻酔が一般的です移行してしまい、「呼吸抑制」を起こす可能性があるというリスクがあります。

呼吸法以外では、場合によっては以下のようなデメリットがあります。
・ママに「吐き気」・「頭痛」・「便秘」・「筋肉痛のような症状」・「上手く立てない」などの一時的な副作用の可能性がある
・上手にいきむことができず、鉗子分娩・吸引分娩になる可能性がある
・痛みがないことにより、いきむタイミングがわからずに微弱陣痛になってしまう場合がある。
・麻酔自体がとても痛い可能性がある
・費用が高い

リスクを回避する対策ってあるの?

副作用や出産におけるリスクは回避することができませんが、事前に回避できるリスクもあります。以下のようなことを気をつけてみてください。

・信頼できる病院をみつける
和痛分娩の際に麻酔を行うのは産婦人科の先生ではなく、麻酔科の先生になります。お産の際に信頼できる産婦人科の先生がいるのといないのでは、ストレスやリラックス度も違いますし、信頼できる麻酔科の先生がいることによってより安全に和痛分娩を行うのことができます。

・費用について問い合わせる
麻酔薬などを使った和痛分娩には健康保険が適用されないことがほとんどです。事前に病院に問い合わせておけば、お会計時に慌てることがありません。しかし急遽帝王切開に変更になったり、吸引分娩になった際などは保険が適用される場合もあります。民間の保険会社のプランに該当する場合もありますので合わせて確認をしておきましょう。高度医療制度の確認も忘れずに!

まとめ

「自然分娩」・「和痛分娩」・「無痛分娩」と様々な方法がありますが、『赤ちゃんもママも無事にお産が終わること』が第一です。どんな分娩をしても我が子が可愛いことには変わりませんから、お医者さんやパパ達と相談して、自分にあった分娩方法を見つけられるといいですね。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

出産・産後 分娩方法 無痛分娩

この記事を書いた人

まどんぬ

生後4ヶ月の息子の母親です。
子供は生まれてすぐに感染症の疑いでNICUに10日間ほどお世話になっていました。
その際に、「いま、自分にできることは今後のた...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 和痛分娩とは?無痛分娩との違い・方法・リスク・費用まとめ