1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 赤ちゃんの肌着用・哺乳びん用洗剤の基礎知識

赤ちゃんの肌着用・哺乳びん用洗剤の基礎知識

赤ちゃんの肌着用・哺乳びん用洗剤の基礎知識のタイトル画像

赤ちゃんの皮膚は大人よりも薄く、デリケートです。そのため、肌着を洗う洗剤は、赤ちゃんの肌を傷つけないような優しいものを選んであげたいですね。また赤ちゃんが口を付ける哺乳瓶も常に清潔にしてあげたいので、哺乳瓶用の洗剤選びも重要です。赤ちゃん向けの洗剤についてチェックしてみましょう。

肌に優しい赤ちゃん用の洗剤を使おう!

一般的な洗剤と赤ちゃん用の洗剤を使い分けずに、家族の洗濯ものをまとめて洗濯できた方が楽ですよね。ですが、赤ちゃんの肌を守るためにも、できるだけ一般的な洗剤とは別に赤ちゃん用の洗剤を使ってあげる方がオススメです。



洗剤には、界面活性剤というものが含まれていて、この働きによって汚れを落とすことができます。どの洗剤にも含まれている成分ですが、一般的な洗剤よりも赤ちゃん用の洗剤の方がすすぎが早いように作られているため、これらが衣類に残りにくく、赤ちゃんの肌に優しいのです。衣類に残った洗剤は赤ちゃんの肌を刺激してしまう原因になりますので、ぜひ赤ちゃん用の洗剤を使ってあげてください。

赤ちゃんの肌着用・哺乳びん用洗剤の基礎知識の画像1

一般的な洗剤と赤ちゃん用の洗剤の違い

では、一般的な洗剤と赤ちゃん用の洗剤の違いをさらに詳しく確認してみましょう。一般的な洗剤には、赤ちゃんには刺激が強い可能性のある以下のような成分が含まれています。



①蛍光塗料

衣類をより白く見せるためのもので、すすいだ後でも衣類に残ってしまっています。赤ちゃんの肌には刺激が強いと言われています。

②香料

大人は良いにおいがする洗剤を好んで選ぶこともあるかと思いますが、赤ちゃんはにおいに敏感なため、香料があると気持ち悪くなってしまう可能性があります。

③漂白剤

漂白剤はしつこい汚れを落とすのには便利ですが、赤ちゃんの肌には合わず、かぶれてしまうことがあります。

④柔軟剤

衣類をやわからくしてくれる柔軟剤ですが、衣類に残りやすいので注意が必要です。



このような余計な成分を過度に含まない赤ちゃん用の洗剤を使うことをオススメします。

哺乳瓶を洗う時も、赤ちゃん用の洗剤を!

また肌着と同じく、哺乳瓶も汚れやすいものの1つですよね。赤ちゃんが直接口にくわえるものなので、哺乳瓶を洗う洗剤の成分にも気を付けたいところです。一般的な食器用洗剤よりも哺乳瓶用洗剤を使った方が安全です。なぜかというと、哺乳瓶用洗剤はミルクの汚れをしっかり落とせるように作られているからです。哺乳瓶はミルクを入れるものなので、余計な成分を含めず、ミルクの成分を落とすことに特化している哺乳瓶用洗剤を使うのがおすすめです。ちなみに哺乳瓶用洗剤は、野菜を洗浄することもできるほど、優しい成分で作られていると言われています。洗剤の成分内容も重要ですが、哺乳瓶を洗うためのスポンジなども清潔にしておくことを忘れないで下さいね。

赤ちゃんの肌は、大人の肌よりも繊細でかぶれやすいものです。少しのかぶれでも、炎症を引き起こしてしまう可能性があります。洗剤を使い分けるのは少し手間ですが、安心して使える、赤ちゃん特有のよごれに適した専用の洗剤を選んでみてくださいね。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

りんりんママ

1歳の子どもがいます。ママパパの皆さまが共感できる記事を親目線で届けたいです。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 赤ちゃんの肌着用・哺乳びん用洗剤の基礎知識