1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 赤ちゃんのベビーベッドはいつまで必要?

赤ちゃんのベビーベッドはいつまで必要?

赤ちゃんのベビーベッドはいつまで必要?のタイトル画像

安心して赤ちゃんを寝かせられるようにベビーベッドを用意した方も多いのでは。では赤ちゃんはいつまでベビーベッドで寝るのでしょう?メリットとデメリットをふまえて、ベビーベッドの卒業時期をまとめてみました。

衛生面や安全面は?ベビーベッドのメリット

ベビーベッドを使うにあたって、まずメリットを考えてみましょう。ベビーベッドは床からある程度の高さがあるので、床から舞い上がるホコリやばい菌から赤ちゃんを守ってくれます。また、「かわいがってくれるのがうれしいけれど、きょうだいやペットが赤ちゃんにちょっかいを掛けて心配…」という時にもベビーベッドが有効です。また、赤ちゃんに関するあらゆる危険を想定して開発されているので、安心な上通気性も良く、赤ちゃんが気持ちよく過ごすことが出来ます。



高さが調整出来るベッドもあり、ママのオムツ替えの負担も軽減されます。赤ちゃんと一緒にお布団で寝る場合は、寝がえりなどで赤ちゃんの上におおいかぶさってしまうという心配がありますが、ベビーベッドだと圧迫や窒息等の危険から赤ちゃんを守ることができます。

赤ちゃんのベビーベッドはいつまで必要?の画像1

意外と大きい?ベビーベッドのデメリット

では次にデメリットを考えてみましょう。ベビーベッドを置くには、まずスペースを確保しなくてはなりませんね。ベビーベッドは意外と大きいため、置きたくても置けないという場合もあるようです。また、赤ちゃんが安心するママとの添い寝ができない点もデメリットといえるかもしれません。ですが、それらのデメリットを解消するために、ハーフサイズや添い寝ができるように高さ調節が可能なベビーベッドも登場しています。

赤ちゃんのベビーベッドはいつまで必要?の画像2

ベビーベッドは結局いつまで使えるの?

結局のところ、ベビーベッドはいつまで使えるのでしょう。ベビーベッドの使用推奨年齢は、ほとんどのものが2歳までを対象に作られています。ですから2歳まで寝てくれた赤ちゃんは、最後までベビーベッドを使ってくれたということになりますね。ただし、赤ちゃんも1歳を過ぎると活発に動きまわるようになりますので、柵から出ようとしたりしないか、落ちそうな危険がないかよく確認することが大切です。そろそろベビーベッドは危ないかな、と思ったら「ベビーベッド卒業」と判断するのが良いでしょう。

赤ちゃんと安心に過ごしていくために……

ベビーベッドには大抵の商品に推奨年齢が書かれていて、製品としてはその年齢まで十分使用が可能です。ただ、甘えん坊だったり、好奇心旺盛だったり……と赤ちゃんの性格はさまざま。推奨年齢の前にどんどん大きく成長してしまって、ベビーベッドでは狭くなってしまうこともあります。サイズについてもそうですが、自分の子どもの性格と成長を普段からよく観察して、「そろそろかな?」と思ったらベビーベッド卒業を決めてあげましょう。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

赤ちゃんのお世話 ベビー用品 ベビーベッド

この記事を書いた人

りんりんママ

1歳の子どもがいます。ママパパの皆さまが共感できる記事を親目線で届けたいです。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 赤ちゃんのベビーベッドはいつまで必要?