1. >
  2. >
  3. 子どもに熱が出たときの言葉がけに工夫を!知らず知らずのうちに使っているNGワードに要注意!

子どもに熱が出たときの言葉がけに工夫を!知らず知らずのうちに使っているNGワードに要注意!

子どもに熱が出たときの言葉がけに工夫を!知らず知らずのうちに使っているNGワードに要注意!のタイトル画像

また熱が出た!?特に1歳の冬は、熱を出すことが多いもの。育休後はじめての冬を迎える親たちにとって、試練の季節ですよね。心身ともに弱っている家族に追い打ちをかけるような言葉がけをしないよう注意しましょう!

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11030013259

すべての予定を吹っ飛ばす子どもの病気

子どもが熱を出すと、どんなスケジュールも吹っ飛んでしまいます。ワーママは特に大変。いの一番に、病児保育の予約電話をかけるというママもいるでしょう。まわりの人へ仕事の段取りを伝えつつ、急いで帰る。予定をキャンセルする。「すみません」「ごめんね」の連打にクタクタ。

むろん専業主婦であっても「すべての予定が吹っ飛ぶ」のは同じことです。病院はどこも阿鼻叫喚の待合室で、3時間、4時間待ちは当たり前。健康であっても、病院にいたら病気になりそうな気さえします。せっかく健康な上の子、下の子まで付き合わせなければいけないのも、つらいですね。

知らず知らずのうちに出てしまうNGワード

そんなとき、子どもにはどんな声がけをしていますか?「もうー!またかー」「あー、どうしよう、困った」など。

そんな言葉を知らず知らずのうちに発していませんか?そして、「は~」と大きなため息。表情は険しく、眉間にしわが寄っているかもしれません。子どもがある程度大きくなると「うつったら大変なんだからね。あっちの部屋にいて、こっちに来ないでね。」なんて言葉も、ついつい出てしまうのでは?もしくはそれに近いオーラを全身から出しているのでは?

赤ちゃんはもちろん、多感な幼児、小学生は、本当にママの気持ちをまるごと受け止めてしまうもの。大人であっても家族にそんな態度をとられたら、悲しいですよね。夫に対してはもっと冷たい態度をとっているかもしれません。夫がインフルエンザのときに別居を考えるママは4割いるという調査もあります。「今うつされたら困る!」「寄るな、触るな、近づくな」というオーラがついつい出てしまうのは、想像に難くありません。

参考:【インフルエンザに関する「働くママ400人」の実態調査】
夫がインフルエンザにかかったときに「夫と別居したい」と考えたことがあるママがなんと約4割!?
また子供が風邪・インフルエンザになったとき子供とスキンシップを減らすことがあるという人が約34%も!

「うつすなよ~」という気持をぐっとこらえて、言い方を考えてみよう!

「頼むよ~うつすなよ~」「離れていてくれよ~」と心の中では思っていても、そこは母のパワーでニッコリと。どーんと構えて「ママにうつして、早く良くなるといいね~」と言ってあげてください。

別の部屋に隔離している状況でも、「隔離」という言葉を使わず「一番日当たりのいいお部屋にいようね」といった言い方を。そして、頻繁に覗きに行って「気分はどう?のどは乾く?」と声をかけてあげてください。

部屋は気持ちよく、換気は頻繁に。シーツも整え、着替えとタオルはたくさん準備しましょう。そしてママやパパの「大丈夫かな。今○○ちゃんの体の中で、一生懸命バイキンと戦っているからこんなにお熱が高いんだ。○○ちゃんはすごいなあ」といった言葉がけは、大人になっても心に残るものです。

もう治った!と早合点は禁物

「どれどれ熱はあるかな」とおでことおでこをくっつけることは、コミュニケーションとしてはいいかもしれませんが、体温を測る際は気をつけなければなりません。きちんと体温計で測りましょう。「もう子どもに熱はないな」と思っていたら、今度はママの方が熱を出していた!という、笑い話にもならないようなことも、宗像家ではありました。

焦りは禁物です。はやく治って欲しい気持ちはわかりますが、ジタバタしても仕方がありません。ゆっくりしっかり治すことが、結局一番の早道ですよ!

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

病気・怪我・健康 声掛け 子育て・育児

この記事を書いた人

宗像陽子

こんにちは。宗像陽子です。子育て支援サイトココフル♪http://www.cocoful.jp/の編集長です。
自身は3人の子育てを終え、夫と猫と暮らしていま...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. 子どもに熱が出たときの言葉がけに工夫を!知らず知らずのうちに使っているNGワードに要注意!