1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. ベビーカーでの日よけはどうすればいい?おすすめの日よけ対策グッズ10選!

ベビーカーでの日よけはどうすればいい?おすすめの日よけ対策グッズ10選!

ベビーカーでの日よけはどうすればいい?おすすめの日よけ対策グッズ10選! のタイトル画像

暖かい季節になると、気になるのが赤ちゃんに降り注ぐ紫外線です。ママよりも低い位置にいるベビーカーの赤ちゃんは、想像を上回る高温にさらされています。日差しをさえぎり、温度上昇をやわらげてくれるベビーカーの日よけグッズは子育ての必須アイテム。赤ちゃんを守るおすすめ日よけ対策グッズを紹介します。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11015205916
目次 日よけはなぜ必要なの?
通販で買えるおすすめの日よけ対策グッズ10選!
簡単に手作りできる日よけカバーの作り方
まとめ

日よけはなぜ必要なの?

赤ちゃんにとって紫外線は大人以上に脅威となります。赤ちゃんのお肌は大人に比べて薄く、紫外線のダメージを受けやすいからです。また、紫外線を大量に浴びると皮膚ガンの発症率が高まるといわれていますが、紫外線を浴び始める年齢が早いほど発症率が高くなり、発症する年齢も早くなる傾向にあるそうです。

しかも、ベビーカーの赤ちゃんの高さは地上に近いため、アスファルトやコンクリートからの放射熱を受けやすい過酷な環境にあります。ママが感じているよりも温度が高くなっているので、そのままでは熱中症のリスクが高まってしまいます。

地面からの放射熱にさらされる赤ちゃんが、太陽の日差しまで浴びてしまってはまさにダブルパンチ。日よけをプラスすることで、熱中症の危険から守ってあげる必要があるのです。

通販で買えるおすすめの日よけ対策グッズ10選!

1. ナポレックス NAPOLEX ベビーカー用サンシェード

価格 2,170円
カラー ミッキー柄

ベビーカーにクリップで簡単に装着できるサンシェード。ベビーカーだけでなく車にも使えます。

2. サンコー ベビーカーカバー 日よけ虫よけカバー

価格 917円
カラー ブラック
サイズ フリーサイズ

紫外線を60%カットしてくれる日よけ効果に加え、虫よけもできちゃうカバーです。赤ちゃんの敏感なお肌を蚊から守りましょう。

3. ジョリマム デコラインリバーシブルベビーカーサンシェード

価格 10.260円
カラー・柄 ピンクドット、ストライプ、マリン、 ドットゴールド、リトルジェーン、ブラウンピンクドット

6種類の柄から選べるリバーシブルのサンシェードは、おしゃれなママにもお勧めです。99.9%紫外線カットで、赤ちゃんの足元までしっかりカバーしてくれます。

4. コジット COGIT ベビーカー照り返し防止シート

価格 1,502円
素材 アルミ

ベビーカーの下側を覆うアルミシートで、路面からの照り返しの熱をカット。ベビーカー内の温度上昇をやわらげてくれます。

5. manito ベビーカーカバー

価格 5,252円
カラー グリーン、チョコ、ネイビー、パープル、ブルー、レッド、ビスケット

紫外線を99%カットしてくれるカバー。雨の日のレインカバーとしても使えるほか、冬は防寒や風よけにもなり1年中活用できます。

6. 渡嘉毛織 ベビーカー日よけ/UVカット付 ベビーカー用 防虫ネット

価格 4,104円
柄 スター、ハート

UVカット機能がついた虫よけネット。ベビーカーにかぶせるだけの簡単装着で、使わないときはたたんで小さくできるので、コンパクトに持ち歩けます。

7. Bit cool セレブ愛用 ベビーカー用パラソル UVカット雨晴兼用 傘入れ付き(ビニール製)

価格 2,980円
カラー 黒、赤

ベビーカーに装着するパラソル。自由に角度を変えられるので、日差しの方向に関わらず赤ちゃんを守ることができます。防水加工がついているため、小雨程度なら対応可能。

8. エールベベ おでかけ日よけ ブラック BB509

価格 3,980円
カラー ブラック

ベビーカーだけではなくチャイルドシートにも簡単に取り付けできる日よけです。使用しない時はコンパクトに収納もできます。

9. Spezieベビーカー用 UVレッグサンシェード

価格 3,480円
柄 レオパード、ゼブラ

「ベビーカーの幌で赤ちゃんの上半身はカバーできるけど、足元が気になる」というママにおすすめの、足元用のカバーです。左右の開口から風が通るので、ムレの心配もありません。

10. OGK まえ幼児座席用 日除けカバー UV-012

価格 883円
カラー 黒

自転車の幼児座席用の日よけカバーです。透過紫外線を60%カットしてくれます。熱がこもりにくいメッシュ生地を採用。自転車移動の多いママにおすすめです。

簡単に手作りできる日よけカバーの作り方

既製品を買うのもいいですが、ハンドメイドが好きなママなら日よけを手作りするのもおすすめです。100円ショップで手に入る材料で簡単に作ることができますよ。生地を選べるので、好みのデザインで作れるのもメリットです。

■100円ショップの材料で簡単につくれる日よけ

材料:
100円ショップで売っている車の窓用日よけカーテン 1枚


作り方:
車の窓用日よけカーテンをベビーカーのひさしの部分に丸く縫い付ければ完成!

使わない時は、カーテンをくるくると巻きつけてひさしの上にクリップで止めておくと邪魔になりません。縫いつけたくない場合は、大きめのクリップを使ってもOK。コストパフォーマンス重視のママにおすすめの手作り日よけです。

■カバー力重視の手作り日よけ

材料:
ベビーカーの子供がつかむハンドル部分まで届くくらいの長さのメッシュタイプの布(できれば薄手のもの)
大き目のクリップ 
ひもかリボン 30cmくらいのもの2本

作り方:
1.布をベビーカーのひさしの形にあわせて葉っぱ型にカットする
2.端をステッチをかける
3.ひもかリボンを葉っぱ型に縫っていない四画の角の部分に縫い付ける
4.葉っぱ型にした布の部分にクリップとベビーカーのシェードの部分に挟んでつける
5.ひもは子供を乗せた後に子供がつかむハンドルの部分に結ぶ

使わない時は丸めてシェードのところに挟んでおくといいですよ。取り外しができるので縫い付ける手間が省けます。

まとめ

赤ちゃんのお肌はとてもデリケート。無防備に紫外線を浴びることのないよう、日よけグッズやカバーでしっかし守ってあげたいですね。便利なグッズから選ぶもよし、ママオリジナルのカバーを手作りするもよし。選ぶ際は、取り付けたいベビーカーに合うかどうかを確認するのを忘れないようにしましょうね。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

赤ちゃんのお世話 ベビー用品 ベビーカー・バギー

この記事を書いた人

ぶりっじ

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. ベビーカーでの日よけはどうすればいい?おすすめの日よけ対策グッズ10選!