1. >
  2. >
  3. >
  4. お家で溺れる赤ちゃんが増えている?溺れたときの対処法は?

お家で溺れる赤ちゃんが増えている?溺れたときの対処法は?

お家で溺れる赤ちゃんが増えている?溺れたときの対処法は?のタイトル画像

赤ちゃんが家のお風呂などで溺れる事故が意外と多いことを知っていますか?赤ちゃんは少しの水量でも溺れてしまうことがあります。赤ちゃんが溺れないようにするための予防法、溺れてしまった時の対処法などを確認しましょう!

赤ちゃんを溺れさせないための予防法

赤ちゃんは起きている時は、1人で歩き回り家の中を探検したがります。1人でどこに行ってしまうのかわからないので、出来るだけ赤ちゃんを水がある場所に近づけないようにしましょう。赤ちゃんは少量の水でも溺れてしまうことがあるので、お風呂はもちろんのこと、トイレや台所など水がある場所はどこでも十分注意して下さい。例えば、洗面器に溜めていたぐらいの量の水で赤ちゃんが溺れてしまった事故なども報告されています。また、一緒にお風呂に入っている時にも事故が起こる可能性があります。ママが自分の髪を洗っている時や、電話が鳴ったので少しの間外に出てしまった時など、赤ちゃんから目を離していたすきに溺れてしまっていたケースもあります。お風呂場などの水がある場所は、体が小さい赤ちゃんにとっては、大人が想像してるよりも何倍も危険なのだということをしっかり認識し、赤ちゃんから目を離さないようにして下さい。

お家で溺れる赤ちゃんが増えている?溺れたときの対処法は?の画像1

赤ちゃんが溺れてしまった時の対処法①:意識がある場合

では、もしも赤ちゃんが溺れてしまった時には、どう対処すれば良いのでしょうか?溺れている赤ちゃんを救出した後の赤ちゃんの状態によって、対処法は変わってきます。



■すぐに大声で泣く場合

救出してすぐに、赤ちゃんが大声で泣くようであれば問題ありません。ただ、後から症状が出てくる可能性もあるので、赤ちゃんの様子をちゃんと見守ってあげましょう。



■意識があって水を吐いている場合

まずはしっかりと水を吐かせるようにして下さい。赤ちゃんの気道を確保するために、ママの指をあごに当てて、のどをまっすぐにします。その後うつ伏せにして、手のひらで肩甲骨をたたき、水を吐かせてあげましょう。

赤ちゃんが溺れてしまった時の対処法②:意識がない場合

■意識や呼吸がない場合

救出した後、赤ちゃんの意識がない場合は、緊急事態です。すぐに救急車を呼びましょう。救急車を待っている間は、以下の方法で心肺蘇生法を行って下さい。



①まずは、落ち着いて行動して下さい。赤ちゃんをゆすり過ぎないように注意しましょう。

②続いて、気道を確保するために上あごを引き上げます。

③そして、呼吸をしているかを確認します。耳や目で赤ちゃんが呼吸をしているかをしっかり確認して下さい。

④呼吸を確認できない場合、人工呼吸を行う必要があります。ママの口で、赤ちゃんの口と鼻をおおい、息を吹き込みます。

⑤心臓の位置を確認し、少し強めにママの指を押し当てて、心臓マッサージを行います。



救急車が来るまでに、ママが適切な処置を行ってあげることがとても大切です。いざという時のためにこの手順を知っておきましょう。

お家で溺れる赤ちゃんが増えている?溺れたときの対処法は?の画像2

赤ちゃんは体が小さいため、事故を起こしてしまいやすいです。可愛い赤ちゃんにもしものことがあった時のために、ママは適切な対処ができるようにしておく必要があります。心肺蘇生法のやり方などは知らないママが多いと思いますので、事前に対処法を少しでも学んでおきましょう。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

病気・怪我・健康 怪我・事故

この記事を書いた人

りんりんママ

1歳の子どもがいます。ママパパの皆さまが共感できる記事を親目線で届けたいです。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. お家で溺れる赤ちゃんが増えている?溺れたときの対処法は?