1. >
  2. >
  3. >
  4. 急な冠婚葬祭!子どもの服装どうしてる?子どものフォーマル服を選ぶポイントを知っておこう!

急な冠婚葬祭!子どもの服装どうしてる?子どものフォーマル服を選ぶポイントを知っておこう!

急な冠婚葬祭!子どもの服装どうしてる?子どものフォーマル服を選ぶポイントを知っておこう!のタイトル画像

冠婚葬祭など、子どもでもフォーマルな服装が必要になる場面は多いものです。最近のキッズフォーマルは種類も豊富で、どんなものを着せようか悩んでしまうことも多いのではないでしょうか。幼児のフォーマルな服を選ぶための基準を知っておきましょう。

どうする?幼児のフォーマルウェア

子どもでも冠婚葬祭などではフォーマルな服装が必要です。ここぞとばかりに派手なものを着させて恥ずかしい思いをすることのないように、幼児のフォーマルな服装の選び方のポイントを知っておきましょう。

幼児のフォーマル服が必要になるのはどんな時?

子どもでもフォーマルな服装が必要になる場面で初めに思い浮かぶのは、結婚式やお葬式、法事、七五三などではないでしょうか。そのほか、入学式や卒業式、お稽古ごとの発表会などでも、ある程度フォーマルな服装が必要です。

フォーマルウェアとは、改まった服装のこと。その場の雰囲気を壊さないために最低限必要なマナーとも考えられます。
たとえ幼児でも、そのような場面では普段着のままというのは控えたいもの。かといってまだ小さい子どもや赤ちゃんは成長も早いので、その都度そろえるのも大変です。

それほどかしこまった場所でなければ、普段より少し改まった服装くらいでも通用します。

子どものフォーマル服を選ぶポイント

幼児といえども、冠婚葬祭などのフォーマルな場面では上品な服装が必要だと覚えておきましょう。

まだ子どもだから…と普段着で出席するのではなく、男の子だったら白いシャツとパンツにベスト、女の子であれば上品なデザインのワンピースや白いブラウスと上質なジャンパースカートなどでも大丈夫。

急なことにあわてないように、普段少しかしこまった場でも着られる服を一着用意しておくのもよいですね。この時、意外と忘れがちなのが靴。黒のローファーやワンストラップシューズはどんな場面でも通用するのでおすすめです。

フォーマルな服はあまり着るチャンスがなく、一度しか着ないのに小さくなってしまうことも多いものです。七五三などではレンタルウェアが主流。目的によってはレンタルで済ませるのも賢い方法です。

フォーマル子供服を買い揃えるには時期があります。賢いフォーマル子供服の購入時期は、七五三や入園式、入学式でフォーマル子供服を買い揃えます。そして、そのときに買ったフォーマル子供服をベースにしながら、結婚式や発表会、他、フォーマルシーンに合わせて、シャツや靴等の小物を替えて着回しをするという方法が賢いフォーマル子供服の着まわし方となります。

結婚式におすすめのフォーマルウェア

結婚式にお呼ばれした時には、子どもにもキッズフォーマルを着せてあげましょう。しかし、ここぞとばかりに派手なドレスなどを着せるのは控えたいもの。主役はあくまで新郎新婦。気持ちよくお祝いできるような服装が理想です。

女の子であれば、白以外の淡い色合いのワンピースや控えめなドレスがおすすめ。ゲストの雰囲気にあわせて選んでもよいでしょう。男の子はスーツでビシッと決めて。色はグレーや紺、黒などから選びましょう。赤ちゃんを連れて出席する場合は、赤ちゃんも上品なベビーウェアで。
もしフラワーガールなどを頼まれている場合は、華やかなドレスを選んでみましょう。

法事やお葬式での幼児のフォーマルウェア

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

子育て・育児 子どもの行事・お祝い・写真

この記事を書いた人

honobono

実際に子育てをする前には想像できませんでしたが、子育てを通じていろいろなことを学んでいると実感しています。良い方法はいろいろ取り入れて実践。子供と共に毎日公園に...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 急な冠婚葬祭!子どもの服装どうしてる?子どものフォーマル服を選ぶポイントを知っておこう!