1. >
  2. >
  3. >
  4. 排卵誘発剤 徹底比較!どこまで違う?気になる効果や費用

排卵誘発剤 徹底比較!どこまで違う?気になる効果や費用

排卵誘発剤 徹底比較!どこまで違う?気になる効果や費用のタイトル画像

子どもがいない人生を選ぶ。子どもだけが人生の楽しみではない…と頭では分かっていても、やはりあきらめるのは勇気がいりますよね。だからといって不妊治療に踏み出すのも不安だしわからない…。今回は排卵誘発剤の種類別に、その効果やリスク・副作用から費用まで徹底比較してみました!

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11030031109
目次 排卵誘発剤とは?なんで不妊治療に効果的?
では、どんな効果が期待できるのでしょう。
やはり気になるのが副作用
排卵誘発剤の種類
排卵誘発剤 徹底比較!その①ー効果
排卵誘発剤 徹底比較!その②ー費用
排卵誘発剤 徹底比較!その③ー副作用の確率
総合的な判断を

排卵誘発剤とは?なんで不妊治療に効果的?

排卵誘発剤とは…その名前の通り排卵を誘発してくれるお薬のことです。妊娠するためには、まず「排卵」がうまくできているということがとても重要になってきます。排卵誘発剤は、主に排卵障害や月経不順・無月経が原因で、卵子が卵巣からうまく排卵されない方の不妊治療に用いられます。

また、うまく排卵されていて特に排卵自体に問題のない方や、不妊の原因が特定できない場合でも、人工授精や体外受精の際の妊娠率を上げる目的で使用されています。

排卵誘発剤は飲み薬と注射薬の2種類にわけることができます。一般的には、まず飲み薬からスタートして、それでも効果のない場合には注射薬に変更していきます。

不妊治療で排卵誘発剤を使用する主な2つの目的は、
1.薬で卵巣を刺激することによって成熟した卵胞の数を卵巣で増やし、質の良い卵を育てること
2.排卵する力が足りない場合に、排卵を促す手助けをする

という大きな役割を担っているのです。

では、どんな効果が期待できるのでしょう。

では、実際に排卵誘発剤を使用することによってどんな効果が期待できるのかをまとめてみました。

1.排卵の数が増えます
自然周期では1個ですが、排卵誘発剤を使用した場合は1度に2~4個の排卵が見られることがあります。

2.卵子の質が改善します
排卵させる時期によって、卵子の成熟度を調整することが可能になります。

3.性交渉のタイミングが合わせやすくなります
排卵日を調整することによって、性交渉のタイミングがあわせやすくなります。

4.黄体機能が良くなります
黄体ホルモンの分泌が改善します。

5.月経不順や無排卵が改善します
無排卵の人は排卵するようになり、また月経不順の人も使用中は周期が安定します。

やはり気になるのが副作用

先ほど説明したように、排卵誘発剤は飲み薬と注射薬の2種類に分かれています。どちらを使用するかはホルモン値をもとに決めるようですが、一般的には穏やかな効き目の飲み薬から始めて、効果がみられない場合はより効果の期待できる注射薬に移行していきます。

副作用としては、飲み薬のほうが安全性が高く副作用もすくないと言われており、服用中に起こることがある自覚症状としては、頭痛・吐き気・倦怠感・イライラ間・目のかすみ・ほてりなどがあげられます。

筋肉注射での投与時に起きることのある副作用として、主にあげられるのが多胎妊娠と卵巣過剰刺激症候群(OHSS)です。自然妊娠での多胎妊娠率は1%に比べて、クロミフェンによる多胎率は約4~5%、ゴナドトロピンによる多胎率は約15~20%とあがっています。

一方の卵巣過剰刺激症候群は排卵誘発剤の刺激によって卵巣が大きく腫れ、重症になると胸水や腹水が溜まり呼吸困難を引き起こす恐れもあります。

日本産婦人科学会生殖補助医療実施登録機関・特定不妊治療助成事業指定医療機関 銀座レディースクリニック

排卵誘発剤の種類

排卵誘発剤としてポピュラーなものをまとめました。

■飲み薬
1.クロミッド(クロミフェン)
身体に対する負担の少ない排卵誘発剤で、産婦人科医院で頻繁に処方されるとてもポピュラーな飲み薬タイプのお薬です。脳に作用して卵胞刺激ホルモンや黄体化ホルモンの分泌を促すことで、間接的に卵巣内の卵胞の発育を促進させる作用があります。

2.セキソビッド
クロミッドと同様に排卵を促す誘発剤ですが、飲み薬の中では最も作用が軽いタイプだと言われています。作用が弱い分、副作用はほとんどありませんが、一方で効果が十分に期待できないといったデメリットもあります。

■注射薬
1.hMG注射
直接卵巣に働きかけて卵胞を成熟させる働きがあり、飲み薬よりも高い効果が期待できます。卵巣刺激ホルモンと黄体化ホルモンの両方が入ったホルモン剤です。

2.hCG注射
排卵や妊娠に必要な黄体ホルモンに似た作用のある注射薬で、クロミッドやhMGで卵胞を成熟させた後、排卵を起させるために投与します。

排卵誘発に使用する薬品名一覧

排卵誘発剤 徹底比較!その①ー効果

それでは、それぞれの薬についての効果をみていきましょう。

1.クロミッド(クロミフェン)
クロミッドは、1日1~3錠を月経の3日~5日前に服用を開始して、5日間飲み続けます。気になるクロミッドの効果は、排卵誘発率が70%~80%、その内の妊娠に至る確率は25%~30%という数値が確認されています。

2.セキソビッド
こちらは、卵巣を刺激する性腺刺激ホルモンの分泌が足りない場合に使われる薬で、卵胞刺激ホルモンの分泌を促し、卵胞の発育を助けます。服用方法はクロミッドと同じサイクルで、一週間後に排卵を起させます。ただし、作用が最も軽いタイプで十分に効果が期待できないとも言われています。

3.hMG
クロミッドを使用した際にあまり効果がなかったといった場合に使われる、より効果の期待できるお薬です。月経開始後、数回に渡り筋肉注射を行い投与されます。ホルモンの配合比や投与の仕方に個人差のでてくる薬だと言われています。

4.hCG
クロミッドやhMGで卵胞を大きく成熟させ、排卵できる大きさになった頃に注射するのが一般的です。hMGと同様、一週間ほど継続して投与しなければいけないので、毎日の通院が必要になってきます。

不妊症治療における排卵誘発法

排卵誘発剤 徹底比較!その②ー費用

排卵誘発剤を使用した治療にどれくらいの費用がかかるのかは、これから治療を考えている方にとっては大きな問題でしょう。不妊治療というと、保険適用外の自由診療で高額の費用がかかるというイメージが大きいでしょう。

しかし、不妊治療の第一段階である排卵誘発剤を使用した治療は、飲み薬でも注射薬でも保険適用となっています。例えば、飲み薬のクロミッドの場合は、一ヶ月で500円程度ととてもリーズナブルです。

一方、飲み薬と比べて効果の高いとされている注射薬は、一回に1000円~1500円とされています。使用される薬剤や量によっても価格が異なります。注射の場合は一回きりで治療が終わるわけではないので、その都度費用がかかることになります。また、治療の保険適用については一ヶ月の回数に制限がありますので注意が必要です。

不妊治療費用|生殖医療科|東京都世田谷区 杉山産婦人科

排卵誘発剤 徹底比較!その③ー副作用の確率

最後に副作用についてもう一度詳しくみていきましょう。

費用も安く、排卵誘発率も高いクロミッドですが副作用として、数周期以上に渡り使用すると、子宮内膜が薄くなったり頸管粘液が減るというリスクがあります。子宮内膜が薄くなれば、受精卵が着床しづらくなるため、結果として妊娠率が落ちますし、子宮頸管粘液がすくなくなれば、精子が子宮までたどり着けなくなるため、受精の確率が減ってしまいます。

個人差はありますが、目がチカチカしたり発疹や頭痛、更年期やうつ病に似た症状が出たり、のぼせやお腹の張りなどの副作用も報告されています。

飲み薬より高い効果の望める注射薬ですが、副作用としては、注射部位が赤く腫れることや、卵巣過剰刺激症候群や多胎妊娠が発生する可能性が高くなります。卵巣過剰刺激症候群は卵巣が腫れたり、腹水が溜まってしまう症状です。重症化すると命に関わる危険もあるので、医師による早期発見と速やかな処置が必要となります。

総合的な判断を

不妊治療は精神的にも肉体的にも、そして金銭的にも様々な負担を伴います。まずは、治療のこと、薬のこと、そして副作用のことをきっちりと説明してくれるお医者様を探すことが大切ですよね。また、ひとりで悩まず、旦那様やご両親、インターネット検索などで相談できる場所を見つけることも忘れないでください。

「子どもを産むこと」だけが女性の幸せの形ではありません。でも、やはり大切な人との子どもがいるというのはかけがえのないこと。みなさまの、最初の第一歩のきっかけになれば幸いです。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事に関するキーワード

妊活・不妊 不妊症 排卵誘発剤 妊活

この記事を書いた人

あんじー

はじめまして! 小学6年の娘&小学5年の息子がいます。子供達に毎日振り回されながらもお日様のような母(妻)を目指して格闘中。子供や主人がいなければ決して経験する...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 排卵誘発剤 徹底比較!どこまで違う?気になる効果や費用