1. >
  2. >
  3. >
  4. 出産後のガードルの選び方

出産後のガードルの選び方

出産後のガードルの選び方のタイトル画像

出産後、体重は元に戻っても体型は戻らなかった……という声はよく聞かれます。妊娠出産を経た女性の体は、どうしてもお腹周りに肉が付きやすく、妊娠中の運動不足で腹筋も衰えています。そんなママにおすすめしたいのが産後ガードルです。ここでは、産後ガードルの役割と選び方についてご紹介したいと思います。

どうして産後ガードルが必要なの?

出産後のリフォームインナーにはたくさんの種類がありますが、特におすすめしたいのが、産後に着用するガードルです。産後ガードルには、大きな3つの役割があります。



①骨盤を正しい位置に戻し、ゆがみを矯正する働き

②出産後ゆるんだ骨盤を支え、腰をサポートする働き

③たるんだお腹周りやお尻の肉を引き締めるダイエット効果



これらの3つの役割を同時にこなしてくれる産後ガードル。出産後の女性にはとてもありがたい役立ちアイテムです。

産後ガードルはいつごろから着用するの?

商品によって、もしくは着用する人の体調次第で個人差はありますが、一般的には出産で大きくなった子宮が元の大きさ、元の位置に戻るとされる産後6週間頃が目安だと言われています。産後ガードルは補正下着のような役割を果たすため、どうしても締め付けが強くなってしまいますから、悪露が終わってない人や、子宮の収縮が続いている期間の着用はおすすめできません。産褥期には骨盤ベルトやウエストニッパーなど、逆に子宮の収縮を助ける効果のあるアイテムを選ぶと良いでしょう。

出産後のガードルの選び方の画像2

産後ガードルはサイズ選びが重要

ガードル選びは自分に合ったサイズを選ぶことがなによりも大切です。実際に試着をして選んだほうが確実です。ただ、出産直後のママはなかなか出歩くことも難しいため、その場合はネット通販を活用する方法もあります。試着をせず購入する場合は、ウエストとヒップのサイズをメジャーで測り、より自分に近いサイズを選ぶことが重要です。もしサイズが大き過ぎればサポート力が足りませんし、逆に小さ過ぎれば血流やリンパの流れを妨げるため、体に悪影響を及ぼす恐れがあります。よくよくサイズを注意して選びましょう。

伸縮性が高く締め付けの少ないタイプも

中には、「ガードルの締め付けや息苦しさが苦手」という人もいるでしょう。そういった人におすすめなのが、伸縮性が高く柔らかい生地で作られたソフトガードルです。一般的なガードルと比べ、確かに補正効果は低くなりますが、普段使いに活用するならこのようなタイプも便利です。また通気性にも優れているので、体を動かす場面や夏場にも向いています。このように産後ガードルにはたくさんの種類があり、目的や用途によって選び方も色々です。

産後ガードルは妊娠前の体型を取り戻したい人にとって、とても役立つアイテムです。ただし、出産後のボディメイクをガードル任せにしていては、その効果にも限界があります。健康的な食生活を心がけ適度な運動を取り入れれば、よりその効果を実感できるはずです。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

出産・産後 産後の体 産後ケア

この記事を書いた人

りんりんママ

1歳の子どもがいます。ママパパの皆さまが共感できる記事を親目線で届けたいです。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 出産後のガードルの選び方