1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 新生児のゲップが出ない!ゲップの出し方・コツは?

新生児のゲップが出ない!ゲップの出し方・コツは?

新生児のゲップが出ない!ゲップの出し方・コツは?のタイトル画像

生まれたばかりのかわいい赤ちゃん。ほかのママは簡単にゲップをさせているのに我が子だけうまく出なくて焦ってしまうママも多いはず。今回は新生児のゲップについて調べてみました。

目次 新生児にゲップさせるのが必要な理由は?
新生児のゲップが出ないのは病気なの?
新生児にゲップさせるコツは?
新生児にゲップさせるのはいつまで?
新生児のゲップが出なくても焦らずに
赤ちゃんに気持ち良く過ごしてもらえるように

新生児にゲップさせるのが必要な理由は?

赤ちゃんはもともと自分でゲップをすることができません。ですのでミルクを飲んだ後に放っておくと、おなかに空気がたまってしまい、ミルクがきちんと胃の奥までいかず、赤ちゃんもおなかが圧迫されてしまいます。

さらに、あまりおなかが圧迫されすぎると、内容物が逆流してしまい、せっかく飲んだミルクも消化されず出てくるばかりではなく、気管に詰まってしまうこともあります。これには赤ちゃんの胃の形が大きく関係していて、まだ大人のように曲がった形をしていない赤ちゃんの胃は寸胴状で少しの刺激でも簡単に嘔吐してしまいます。

大人でもゲップがうまくでない時には息苦しいように、赤ちゃんもゲップがきちんとでてない状態で横になってしまうと苦しくなってしまくことが多く、ミルクをあげたのに機嫌が悪く泣いたり、寝たままミルクを吐いてしまうこともあるのでミルクを飲んだ後はなるべく大きいゲップがでるまで待ってあげましょう。

新生児のゲップが出ないのは病気なの?

なかにはゲップをさせようとしてもなかなか出ず、何かの病気ではないかと心配してしまうおかあさんもいますが、これは単にゲップのさせ方がその赤ちゃんに合っていないか、赤ちゃんがおならという形でおなかにたまった空気を排出している場合がほとんどです。赤ちゃんが元気にしているようであれば心配する必要はまずないでしょう。

ただ、ゲップがちゃんと出てもミルクを吐いてしまう場合は少し注意が必要です。これはミルクの飲み過ぎやおなかの圧迫などの原因がほとんどですが、ごくたまに「噴門弛緩症」(ふんもんしかんしょう)や飲んだものを噴水のように吹き上げる「肥厚性幽門狭窄症」(ひこうせいゆうもんきょうさくしょう)などの病気が隠れている場合があります。特に肥厚性幽門狭窄症は脱水症状などがあらわれ、赤ちゃんの成長にも影響が出てしまいます。

ゲップをさせたにもかかわらず、頻繁に飲んだものが口からだらだら垂れる、または噴水のように吹き出し、体重があまり増えないなどの症状がある場合には一度かかりつけの病院を受診しましょう。

新生児にゲップさせるコツは?

赤ちゃんにはゲップがでやすい子、そうでない子といますが、おかあさんがコツをつかめばでるようになる子もいます。

1.赤ちゃんに合ったタイプのゲップの出し方を選ぶ
赤ちゃんのゲップの出し方には主に3種類あり、その子によってでやすい体勢があるので、あまりで難い場合はほかの方法もためしてみましょう。

・肩にもたれかけさせる縦抱っこする方法
・膝に座らせる方法(生後3ヶ月以降におすすめ)
・膝にうつぶせで抱える方法(寝がえりを始める前におすすめ)

2.あまり優しく背中をさすりすぎない
あまりにも優しく背中をさすっていると、赤ちゃんが気持ちよすぎてゲップをする前に寝てしまうことがあります。もちろん強すぎはいけませんが、少し強めぐらいの方が良いでしょう。

3.赤ちゃんのおなかが少し圧迫されている状態にする
縦だっこの場合は赤ちゃんの胸がお母さんの肩に乗るまで、ぐっと押し上げるようにし、その他の方法の場合は自然とおなかが圧迫される体勢になっていますが、正しい位置が圧迫されるように、胸や気道は圧迫されていないかチェックしてあげましょう。

4.下から上にさすってあげる
どの方法でも背中を胃の周辺から首のつけねあたりまでを必ず下から上へとさすります。トントンとたたいても良いですが、緊張してしまう赤ちゃんもいます。合っている方法を選んであげましょう。

5.短時間で終わらせる
あまり長い時間していると赤ちゃんもおかあさんも疲れてしまいます。長くても5分程度にしておきましょう。

新生児にゲップさせるのはいつまで?

赤ちゃんははじめのうちはミルクの飲み方もおぼつかず、空気をたくさん飲んでしまいますが、次第に慣れてきて、3〜4ヶ月頃にはおかあさんが一生懸命ゲップをさせようとしても出ない場合があります。

さらに、首がきちんと据わったり、寝返りを自分でできるようになってくると、気道もしっかりと確保され、おなかも程よく圧迫されるので自分で上手に排出することができるようになってきますが、首が据わったり、寝返りができるようになったからといってやめるのではなく、赤ちゃんの授乳後の様子を見て決めましょう。

ゲップをさせなくてよくなる時期は平均で5〜6ヶ月頃ですが、不安な場合はおすわりが上手にできるようになってからやめるようにしましょう。

新生児のゲップが出なくても焦らずに

きちんとゲップをさせようとおかあさんも焦ってしまいがちですが、おかあさんのイライラは赤ちゃんにも伝わり、体が緊張してしまい逆効果です。前述のように中にはおならで空気を排出できる赤ちゃんもいますのであまり躍起にならず、赤ちゃんのスキンシップの一部としてリラックスしておこないましょう。

どうしてもでない場合は、赤ちゃんが少し横向きになるように寝かしてあげ、様子を見てあげましょう。吐いてしまったときのためにタオルなどを顔の下にしわにならないようピンとした状態で強いてあげるのも良いでしょう。

赤ちゃんに気持ち良く過ごしてもらえるように

とっても愛しいかわいい我が子、できれば快適にすごしてほしいですよね。新生児のうちは特にゲップをさせるのは大変ですが、成長とともに必要なくなってしまうので、良い思い出になるでしょう。また、楽しみながらしてあげることによって赤ちゃんの緊張も緩和されゲップもでやすくなります。

おかあさんがどうしてもゲップを出してあげられないときには、おとうさんやほかの家族に頼むのも一つの方法です。あせらず、リラックスしながらお世話してあげましょう。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

てる

国際結婚をし、海外在住中の一児の母です。初めての子育て、しかも日本とは全く違う環境で日々悪戦苦闘中。
そんな中、日々発見した事や学んだ事を記事にし、皆さんに読...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 新生児のゲップが出ない!ゲップの出し方・コツは?