1. >
  2. >
  3. >
  4. 「あなたはとっても素敵なんだよ」長男に自信をもってほしくて、わたしがした「褒め褒めタイム」の話

「あなたはとっても素敵なんだよ」長男に自信をもってほしくて、わたしがした「褒め褒めタイム」の話

「あなたはとっても素敵なんだよ」長男に自信をもってほしくて、わたしがした「褒め褒めタイム」の話のタイトル画像

長男・コー、現在小学二年生。早生まれな彼は、のんびりな性格もあって、周りから遅れをとることが多いです。「コーくん、早く!」「コーくんまだなの?」・・そういう経験から、コーは自分に自信を持てないようで・・・

長男・コーは、昔から自分に自信がなく、

「あなたはとっても素敵なんだよ」長男に自信をもってほしくて、わたしがした「褒め褒めタイム」の話の画像1


そして
自分の気持ちを出すのが下手なオトコです。

「あなたはとっても素敵なんだよ」長男に自信をもってほしくて、わたしがした「褒め褒めタイム」の話の画像2


(なーんか、今日、この子荒れてるなぁ)

という日は、だいたい何かあった日です。


例えば、この秋のはなし。

学校でマラソン大会の練習が始まったころから
コーさん、目に見えてイライラし始めました。


おそらく、順位が後ろの方なのが悔しかったのでしょう。

「あなたはとっても素敵なんだよ」長男に自信をもってほしくて、わたしがした「褒め褒めタイム」の話の画像3

マラソン大会で順位を上げたくて
春、夏と走る練習を頑張ってきたのです。

だけど、去年と同じような順位。

それで、イライラ・モヤモヤ。

「あなたはとっても素敵なんだよ」長男に自信をもってほしくて、わたしがした「褒め褒めタイム」の話の画像4
「あなたはとっても素敵なんだよ」長男に自信をもってほしくて、わたしがした「褒め褒めタイム」の話の画像5



…と、そんなところだとは思うのですが
なにせ、話してくれないから、分からない。

とにかく、
この頃のコーは
帰宅後の態度が悪かったわるかった。

特に、弟・シュンに対する態度がきつかったです。



シュンの遊び方にいちゃもんを付けたり

「あなたはとっても素敵なんだよ」長男に自信をもってほしくて、わたしがした「褒め褒めタイム」の話の画像6


理不尽な怒り方をしたり。

「あなたはとっても素敵なんだよ」長男に自信をもってほしくて、わたしがした「褒め褒めタイム」の話の画像7



途中までは冷静に諭していた母も、
たび重なると・・・プチッ(切)


で、

突き放すような言い方をしてしまい、

「あなたはとっても素敵なんだよ」長男に自信をもってほしくて、わたしがした「褒め褒めタイム」の話の画像8


コーは怒り泣き、ますますイライラ。


あぁ、悪循環。

「あなたはとっても素敵なんだよ」長男に自信をもってほしくて、わたしがした「褒め褒めタイム」の話の画像9






…と、こんなことが、よくあります。




長男・コーがもう少し、
モヤモヤとした気持ちを言葉にして吐き出すことができれば
こんな風に周りに当たらなくて済むのに。



どうしたもんかなー・・と考えた母。




(イライラしちゃうのは、自信がないから?)

「あなたはとっても素敵なんだよ」長男に自信をもってほしくて、わたしがした「褒め褒めタイム」の話の画像10

(その気持ちを話せないのも、自信がないせい??)

「あなたはとっても素敵なんだよ」長男に自信をもってほしくて、わたしがした「褒め褒めタイム」の話の画像11

(自信か。全ては、自信がないせいなのか・・・!?)

「あなたはとっても素敵なんだよ」長男に自信をもってほしくて、わたしがした「褒め褒めタイム」の話の画像12




キーワードは”自信”か!



そう思い至ったわたしは、
寝る前の時間を利用して、コーを認める声掛けをしてみることにしました。

名付けて、『褒めタイム』!!







布団の中。

わたしの両隣は下二人に占領されているので、
手だけ伸ばして、コーの手をぎゅっ。

「あなたはとっても素敵なんだよ」長男に自信をもってほしくて、わたしがした「褒め褒めタイム」の話の画像13


握った手をもみもみとマッサージしながら、

コーの、今日素敵だったところや
常々いいな~と思っているところを挙げていきます。

「あなたはとっても素敵なんだよ」長男に自信をもってほしくて、わたしがした「褒め褒めタイム」の話の画像14

(すると、下二人も「自分は?」と聞いてくるので、結局はみんなの『褒めタイム』になります。笑)


最初のころは、手を握るのも嫌がったし、
褒められても「そんなことないし」と否定したりしていましたが

2日3日と続けていくうちに
大人しくマッサージされながら、「ふーん」と聞くようになったコー。

「あなたはとっても素敵なんだよ」長男に自信をもってほしくて、わたしがした「褒め褒めタイム」の話の画像15



そんな『褒めタイム』と平行して、

寝る前以外にも
チャンスがあれば、すかさず褒める。
親バカ全開で褒める。

「あなたはとっても素敵なんだよ」長男に自信をもってほしくて、わたしがした「褒め褒めタイム」の話の画像16



(この子、ため込んでるな)と感じた時には

「あなたはとっても素敵なんだよ」長男に自信をもってほしくて、わたしがした「褒め褒めタイム」の話の画像17

背中をさするなどの、スキンシップをとる。

「あなたはとっても素敵なんだよ」長男に自信をもってほしくて、わたしがした「褒め褒めタイム」の話の画像18

(コーのモヤモヤを押し出すイメージで、さすさす↑)


・・・という働きかけを、心掛けていると

次第にコーさん、
ぽつ、ぽつ、と

「今日こんなことがあった」とか
「コーは全然〇〇じゃない」(自信がない)とか。

自分のことを話してくれるようになりました。

「あなたはとっても素敵なんだよ」長男に自信をもってほしくて、わたしがした「褒め褒めタイム」の話の画像19



話てくれたところで、
わたしがコーの悩みをすぱっと解決してやることはできないけれど

だけど

そうやって話をしてくれるようになって
気持ちが軽くなったのでしょう。

そのころから、長男・コーの様子が目に見えて落ち着いてきました。



弟・シュンに当たることも減り、
以前は険悪な事の方が多かった兄弟仲も、ぐんと良くなりました。

最近では、二人で大笑いしながら遊ぶ姿が見られるようになりました。
(嬉しすぎる!)

「あなたはとっても素敵なんだよ」長男に自信をもってほしくて、わたしがした「褒め褒めタイム」の話の画像20


愛おしい我が子達が仲良くする姿。なんとも幸せ~





コーがモヤモヤを吐き出せるようになってよかった。
とっても楽そうです。


コーさん、たくさんたくさん褒められることで母には”ダメな自分”を見せても大丈夫なんだと、
そう思えるようになったのだと思います。

自信がない、ない、と今まで思ってきたコーにとっては
”ダメな自分”を見せることは、とても勇気のいることなんだろうな~

と、今回のことで、そう感じました。

そう思わせてしまった自分に、反省。

これからも、隙あらばコーのことを大絶賛する、親バカなおかーちゃんでいようと思います。



『褒めタイム』も続けて続けていこう~


ところで・・

先日の『褒めタイム』中に
こんなこと↓を言った後に

「あなたはとっても素敵なんだよ」長男に自信をもってほしくて、わたしがした「褒め褒めタイム」の話の画像21


こう↓付け加えてみたら

「あなたはとっても素敵なんだよ」長男に自信をもってほしくて、わたしがした「褒め褒めタイム」の話の画像22

コーが、

「あなたはとっても素敵なんだよ」長男に自信をもってほしくて、わたしがした「褒め褒めタイム」の話の画像23

と、返事をしてくれて。


嬉しくて泣きそうになりました。

「あなたはとっても素敵なんだよ」長男に自信をもってほしくて、わたしがした「褒め褒めタイム」の話の画像24


認められるのって、こんなに嬉しいんだなぁぁと
実感した出来事でした。






以上、自信のないオトコ・コーの心をほぐすべく
わたしがやった試みについてお話しました。

お付き合いありがとうございました~!

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

ハナペコ

1982年生まれ。京都府北部在住。
特技は脱力。趣味は観察。
長男・コー(7)、次男・シュン(4)、長女・ヒー(2)の三兄妹の母です。
昨年、ワーママデビ...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 「あなたはとっても素敵なんだよ」長男に自信をもってほしくて、わたしがした「褒め褒めタイム」の話