1. >
  2. >
  3. >
  4. 「理想の母親」になれず悩むママに、子どもから贈られた言葉が...

「理想の母親」になれず悩むママに、子どもから贈られた言葉が...

「理想の母親」になれず悩むママに、子どもから贈られた言葉が...のタイトル画像

バンホーテンが配信したWEB限定動画「理想の母親」。理想と現実のギャップに悩むママたちに子どもたちから贈られた言葉とは…。全てのママたちにぜひ見てほしいのでご紹介します。

目次 理想と現実のギャップに悩むママたち
「ママへ」子どもたちからのメッセージ
家族の幸せは「ママの笑顔」でできている

皆さんは、「母親」として今の自分をどのように見ていますか?
そしてお子さんは、「母親」のあなたをどのように見ているでしょうか?

理想と現実のギャップに悩むママたち

バンホーテンが配信したWEB限定動画「理想の母親」。
動画は、理想と現実のギャップに悩む4人のママたちの話から始まります。

「理想の母親」になれず悩むママに、子どもから贈られた言葉が...の画像1

とにかく時間のことが頭にあるので、朝特に出勤の時間があるので、
「もう早く早く!」「早くジャンパー着て!早く靴下はいて!」とか怒っちゃうというか…。

いつも笑顔でいたいなぁとは思うんですけど私はちゃんとできていないかもしれないなぁと思うことの方が多いかもしれないなぁ。
母親としてこれでいいのかな?と思うことは多々ありますね。

「理想の母親」になれず悩むママに、子どもから贈られた言葉が...の画像2

できることなら笑顔が多いほうがいい。基本、怒鳴っていますね。

「理想の母親」になれず悩むママに、子どもから贈られた言葉が...の画像3

子どもを育てるために仕事をしているはずなのに、その仕事のせいで子育てがおろそかになってしまっているから、限られた時間の中で、やらなきゃいけないことをこなして、遊んでってなるとなかなか難しいっていうのが現状で…。

「ごめんね。」っていう気持ちがすごく強いですね。

「理想の母親」になれず悩むママに、子どもから贈られた言葉が...の画像4

私が描いている母親像と自分がすごく違うんですよ。
あの子にとって目標となれる人でいるかなって不安になるっていうか。

この4人のママたちのようなことを感じながら子育てをしている人は多いのではないでしょうか。

私自身、他人事とは思えず思わず胸がぎゅっと痛くなるのを感じました。

「ママへ」子どもたちからのメッセージ

理想の母親像と自分は違うと悩むママたちですが、実際子どもたちはそんな母親のことをどのように思っているのでしょうか?
動画の中では、子どもたちにインタビューをし、その様子をママに見てもらいます。

「理想の母親」になれず悩むママに、子どもから贈られた言葉が...の画像5

「お母さんってどんな人?」

『笑ってる。』

「理想の母親」になれず悩むママに、子どもから贈られた言葉が...の画像6

「ママのことどんな風に想っているのかな?」

『ママ、好き。にっこりしているところ。優しい。』

「理想の母親」になれず悩むママに、子どもから贈られた言葉が...の画像7

「どんな人になりたい?」

『ママみたいな人!!』

「理想の母親」になれず悩むママに、子どもから贈られた言葉が...の画像8

子どもからのメッセージを聞いて、ママたちは何を思い、何を感じたのでしょうか?

その様子は動画を見て、ぜひご確認ください。

家族の幸せは「ママの笑顔」でできている

「家族の幸せはママの笑顔でできている」という一文とともに終わるこの動画。
皆さんはご覧になって何を感じましたか?


私は、力が入った状態で子育てをしてしまっている自分に、ようやく気づくことができた気がします。

正解はないと言われている子育てだからこそ、人と比べることをしてはいけないと思いながらも、周りにいるママ友たちと自分を比べてしまっていた私。
仕事も子育てもきちんと両立し、毎日キラキラしているママ友を見ていると、自分のダメなところにばかり目がいき、「私はもっと頑張らなくちゃ」「きちんとした母親にならなくちゃ」ということばかりをいつも考えてしまっていたのです。

そして、そんなことを思いながら子どもたちと接していると、なんでか思うようにいかないんですよね。

なんでうまくいかないのか、その理由が今まではっきりとは分からなかったのですが、この動画に出てきた「家族の幸せはママの笑顔でできている」という一文に、そういうことか!!と思ったのです。

思い返してみると、実際母親である私が笑顔でいる時は、子どもたちや夫も笑顔でいるということが多く、いい循環がうまれていたような気がします。


おいしいごはんをつくること。
家をきれいに保つこと。
子どもと遊ぶこと。
仕事も子育ても両立すること。
良い母親でいること。


…どれも大切なことかもしれませんが、それよりもまず「笑顔」でいること、私自身が子どもたちと過ごす時間を楽しむことを大切にしながら、子育てしていきたいなぁと思いました。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

子育て・育児 子育ての悩み

この記事を書いた人

あけみ

初めまして!2児のママあけみです。
“自分たちらしい家族を築くこと”をモットーに日々子育てに奮闘中!
皆さんと色々な情報を共有出来ればと思っています^^
...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 「理想の母親」になれず悩むママに、子どもから贈られた言葉が...