1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 赤ちゃんが手足口病かも?症状、原因、対処法まとめ

赤ちゃんが手足口病かも?症状、原因、対処法まとめ

赤ちゃんが手足口病かも?症状、原因、対処法まとめ	のタイトル画像

赤ちゃんの体に赤い発疹が…これって手足口病!?病院に行ったほうがいいのかな、発疹以外にも症状がでるのかな。どんな対処をしたらいいんだろう。お風呂に入れてもいいのかな、そもそも手足口病になってしまう原因ってなんなのかしら。そんな手足口病に関するあれこれをまとめました。

目次 手足口病って何?
赤ちゃんにこんな症状出ていませんか?出ているとしたらそれは手足口病かも?
ウイルスの感染経路と潜伏期間は?
手足口病の治療方法は?
症状別の手当ての仕方
生活する上で注意すべきポイント
手足口病にならないための予防策は?
症状が収まらなければ病院へ連れて行きましょう

手足口病って何?

赤ちゃんが手足口病かも?症状、原因、対処法まとめ	の画像1

手足口病は、口の中や手足などに水泡状の発疹が出る感染症です。
最初に出る症状は口の中の痛みであることが多いようです。
口内に白い水泡ができ、それが食べ物などに当たると痛みを生じます。
それだけですと口内炎と変わりませんが、手足口病ではさらに手のひらや足の裏にも同じような水泡性湿疹ができます。
また、人によっては熱が出る場合もあります。

流行する時期は夏で、発症の90%ほどが5歳以下の乳幼児です。
原因となるウイルスは、主にコクサッキーウイルスA6、A16、エンテロウイルス71(EV71)で、その他、コクサッキーウイルスA10などが原因になることもあります。

感染経路には3つで、直接的・間接的な接触による「接触感染」のほか、咳などでウイルスが飛ぶ「飛沫感染」、感染者の排泄物から感染する「糞口感染」があります。
特に赤ちゃんが感染してしまった場合、すべての処理を親がする必要があるため、接触感染・飛沫感染だけでなく糞口感染にも注意が必要になります。
おむつ交換は注意深く行い、完了後はしっかり手洗いし、アルコールやエタノールでしっかりウイルス除去すると安心でしょう。
赤ちゃんが感染してしまった場合はマスクをするようにし、同じタオルを使用しないよう心掛けます。
また、同じ湯船につかることは避けましょう。

赤ちゃんにこんな症状出ていませんか?出ているとしたらそれは手足口病かも?

赤ちゃんが手足口病かも?症状、原因、対処法まとめ	の画像2

1.発熱
手足口病というと発熱のイメージがありますが、実は発熱は感染発症者の約3分の1ほどであり、必ずしも発熱するというわけではありません。発熱した場合もあまり高熱が出るということはなく、38度以下の微熱で済むことがほとんどです。
また、発熱が続くということも通常はありません。

2.咽頭痛
口の中や、のどにできた水泡が破れて口内炎になると、痛みのために食べ物や飲み物を摂取することが難しくなります。赤ちゃんがおっぱいやミルクを飲まなくなると、水分が不足し、脱水症状を起こす危険性があります。
刺激が少なく、さらっと飲めるイオン飲料などで水分を取らせるようにしましょう。また、アレルギーなどがなければアイスやヨーグルト、豆腐などのどごしのよいものをあげるといいでしょう。ごはんやパンはおかゆ状にしてあげると食べやすくなります。

3.発疹
口の中、手のひら、足の裏などに2~3mmほどの小さな水泡性発疹ができます。また、お尻のほか全身に発疹が広がるケースもあるようです。例えば、コクサッキーウイルスA16やエンテロウイルス71であれば四肢末端に発疹が出る傾向にありますが、コクサッキーウイルスA6では手のひらや足の裏の発疹がなく、全身に現れるなど、ウイルスによって症状が微妙に異なっています。
発疹はかゆみを伴うケースがあります。その場合は部屋を涼しく保ち、できるだけかゆみが発生しないよう気を付けてあげましょう。

ウイルスの感染経路と潜伏期間は?

赤ちゃんが手足口病かも?症状、原因、対処法まとめ	の画像3

手足口病の感染経路は、飛沫感染・接触感染・糞口感染とされています。そのため、集団生活を送っている保育施設や幼稚園などで感染する子供が多いようです。
また、夏場は水遊びやプールなどの施設へ行くことも多く、そこから感染するケースもあります。乳幼児は衛生観念がまだ発達しておらず、また原因となるウイルスの感染経験がない子どもが多いため、この年代の感染率が高いとされています。

潜伏期間は3~5日です。
感染の3~5日日後に、口の中や手のひら、足の裏や背に2~3mmほどの小さな水泡性の発疹が現れます。また、感染期間はとても長く、症状がおさまった後でも呼吸器からは1~2週間、便からは2週間~4週間ウイルスが排出されているため、周囲への配慮が必要です。

手足口病の治療方法は?

赤ちゃんが手足口病かも?症状、原因、対処法まとめ	の画像4

手足口病には特効薬というものは存在していません。どうしても痛みがあるという場合は鎮痛剤、高熱が続く場合は解熱剤を飲むなどの対処療法になります。
なお、脱水症状には注意が必要です。特に小さな赤ちゃんや幼児は口の中の発疹が痛むため、食事や水分補給を避けたがる傾向にあります。柔らかく刺激の少ない食事と、水分をしっかりとることを心がけましょう。

かゆみを伴っている場合は部屋を涼しく保つようにすると、かゆみが強くなりません。病院でかゆみどめの塗り薬を処方してもらえることもありますので、皮膚科に相談にいくといいでしょう。

また、稀ではありますが髄膜炎や脳炎などの中枢神経系の合併症のほか、急性弛緩性麻痺などを併発する場合があります。
そのため症状をよく見て、嘔吐や頭痛、呼吸が早くぐったりしているなどの症状が見られた場合は、速やかに医療機関を受診する必要があります。水分補給のほか、様子をよく見るということが大切です。

症状別の手当ての仕方

赤ちゃんが手足口病かも?症状、原因、対処法まとめ	の画像5

手足口病そのものの特効薬は存在していません。
手足口病の治療とは、痛みや熱がある場合その症状に対処していく、対処療法になります。38.5℃以上の発熱が続き、食事や睡眠に障害がある場合は解熱剤を飲むと落ち着きます。
ただし、微熱程度で薬を飲ませることは避けましょう。また、38.5℃以上あっても、元気で食欲もあり、睡眠もよくとれている場合は解熱する必要はありません。あくまでも、睡眠や食事に支障があるほどひどい状態のときにのみ解熱します。

そのほかに痛みがある場合は鎮痛剤、かゆみがある場合は皮膚科でかゆみ止めを処方してもらうといいでしょう。かゆみがあまりひどすぎない場合は、部屋を涼しくするなど患部を温めないようにすると、かゆみがひどくなりません。

特に重要なのが水分補給です。
口の中が痛むと、どうしても食事や水分の補給に支障が出ます。そうすると、水分が不足して脱水症状を起してしまうことがあります。刺激が少なく、さらっと飲めるイオン飲料などで水分を取らせるようにしましょう。また、アレルギーなどがなければアイスやヨーグルトなど、のどに引っかからずに食べられるものをあげるといいでしょう。

生活する上で注意すべきポイント

赤ちゃんが手足口病かも?症状、原因、対処法まとめ	の画像6

家庭では 飛沫感染、接触感染だけでなく、糞口感染にも気を付ける必要があります。
特に赤ちゃんの排泄物の処理と、処理を行った後に手洗いをしっかりと行うことが感染対策として最も効果があります。石けんでの手洗いでは20秒以上流水で手を洗うことに効果があるといわれています。また、マメに手洗いに移動することが無理な状況があった場合、高濃度のエタノールでよく除菌するといいでしょう。

排泄物の処理だけではなく、赤ちゃんの日常の世話の中で感染してしまうことも多くあります。赤ちゃんに食べさせた後のスプーンやフォークを口にしたり、残り物を食べたりしてはいけません。また、同じ湯舟には入らないようにする事のほか、赤ちゃんが使用したタオルをシェアすることも避けましょう。

特に気を付けたい点としては、赤ちゃんは身近にあるものを口に運びなめてしまいますが、後片付けなどでそれを触った後は手洗いをする必要があります。顔を近づけているときに、赤ちゃんがくしゃみをしたりして唾が飛ぶと感染してしまいます。
赤ちゃんにマスクをさせることは無理ですので、大人がマスクをして自衛するようにしましょう。
また、赤ちゃんのよだれなどには気を付けていても、ついつい目の周りを触ったり涙をぬぐった後は油断してしまいがちです。

手足口病にならないための予防策は?

赤ちゃんが手足口病かも?症状、原因、対処法まとめ	の画像7

感染しないようにするためには、手洗いをしっかりすることが大切です。
手足口病には特効薬がありませんが、ワクチンもありません。感染後に発症を予防できる薬もないため、感染しないことが大切になります。

接触感染しないようにするため、排泄物の処理はしっかりと行います。また、排泄物の処理をした後は、特にしっかりとした手洗いが必要です。手洗いの方法は、流水と石けんで丁寧に行います。手をしっかりと流水で濡らした後、石けんをつけ、手のひらをこすり合わせてよく泡立てます。手の甲もしっかり洗い、親指を含む指の間、指の先、手首なども丁寧に洗います。
最後に流水でしっかりと洗い流し、可能であればペーパータオル、なければきれいなタオルで手をふき、すぐに新しいものに取り換えます。

注意すべき点は、症状がなくなった後もかなり長い期間ウイルスが排泄されているという点です。
症状がおさまった後でも呼吸器からは1~2週間、便からは2週間~4週間ウイルスが排出されているほか、数ヶ月排出が続くというケースもあります。そのほか、感染していても発病しないままウイルスを排出しているというケースもあるため、日ごろからしっかり手洗いする習慣をつけることが大切になります。

症状が収まらなければ病院へ連れて行きましょう

赤ちゃんが手足口病かも?症状、原因、対処法まとめ	の画像8

手足口病は基本的には重症化することはありません。発熱を伴わないケースも多く、軽く済むことも多くあります。
しかし手足口病には様々な原因ウイルスがあり、重症化しやすいものもあります。

高熱が2日以上続いたり、頭痛、おう吐などがある場合は速やかに受診することが必要です。
赤ちゃんが触ったものを触ったら手を洗う、マスクをする、湯船やタオルをシェアしないということにしっかり気を付けて看病してあげるようにしましょう。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

病気・怪我・健康 病気 手足口病 健康管理 病院

この記事を書いた人

opposite

友達大好き!元気いっぱいの我が子にいろいろな事を教わりながら、楽しい日々を過ごさせてもらっています。
...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 赤ちゃんが手足口病かも?症状、原因、対処法まとめ