1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 赤ちゃんも耳掃除していいの?耳かきや綿棒はいつから?耳鼻科に行くべき?

赤ちゃんも耳掃除していいの?耳かきや綿棒はいつから?耳鼻科に行くべき?

赤ちゃんも耳掃除していいの?耳かきや綿棒はいつから?耳鼻科に行くべき?		のタイトル画像

赤ちゃんの耳はとっても小さいため、耳掃除をしたら血が出たり鼓膜を傷つけてしまわないか、痛がって泣いてしまわないか心配なお母さんお父さんも多いはず。自分でするのがこわかったら耳鼻科の先生にお願いするのも一つの手です。とはいっても赤ちゃんの耳掃除っていつからしていいのでしょうか?また、毎日するものなのでしょうか?今回は赤ちゃんの耳掃除についてまとめました。

目次 赤ちゃんは耳掃除をしても大丈夫?その危険性は
そもそも赤ちゃんの耳掃除は必要なの?
赤ちゃんの耳掃除はいつから?回数・タイミングは?
赤ちゃんの耳掃除のやり方と注意点
耳奥の汚れが取りたいときには耳鼻科へ!
気にならなかったら耳掃除をしなくても大丈夫!

赤ちゃんは耳掃除をしても大丈夫?その危険性は

赤ちゃんも耳掃除していいの?耳かきや綿棒はいつから?耳鼻科に行くべき?		の画像1

赤ちゃんは新陳代謝が大人に比べとても活発なので、耳垢もたまりやすく耳かきをしてあげたくなってしまいがちです。
ですが、赤ちゃんの耳は小さくて、さらに耳の入り口から億までの距離が大人よりもかなり浅くなっています。綿棒や耳かきを少しだけ入れたつもりでも、思ったより穴が浅くて鼓膜を傷つけてしまう可能性もあるため、細心の注意が必要です。

さらに、赤ちゃんが耳を触られるのを嫌がって暴れることもありますし、そうでなくても赤ちゃんは急に動いたりしますので、あまり深く丁寧に耳掃除をしようとすると鼓膜を傷つけてしまう危険があります。

赤ちゃんの耳掃除は新生児のうちからしても大丈夫ですが、あまり念入りにする必要はありません。赤ちゃん用の細く柔らかい綿棒で優しく、耳の穴の入り口付近をさっと拭いてあげるだけで大丈夫です。この時にも、あまりごしごし擦り取るようなことはしないようにしてください。あくまでも優しく拭くだけにしましょう。

そもそも赤ちゃんの耳掃除は必要なの?

赤ちゃんも耳掃除していいの?耳かきや綿棒はいつから?耳鼻科に行くべき?		の画像2

赤ちゃんの耳は新陳代謝がとても活発であることと、寝ているときに涙やよだれが耳に流れ込んでしまうため汚れてしまいがちです。
耳の入り口から耳の鼓膜までの距離が短いため、耳垢がよく見えるので気になってしまうパパママも多いのではないでしょうか。
どうしても気になったときには、耳の入り口付近をきれいに拭いてあげるといいでしょう。気にならなければ、毎日必ずしなければいけないということはありません。

耳の奥に耳垢を見つけた場合も、無理に取ろうとして深く綿棒などを押し込むようなことはしてはいけません。お湯やベビーオイルで濡らしたガーゼでそっと拭いてあげるだけで大丈夫です。実は耳かきや綿棒による耳掃除は、無理にやらなくても大丈夫なのです。

あまり頻繁に耳かきなどの堅いものを使用して耳掃除をしてしまうと、耳の中の鼓膜を傷つけてしまうことになってしまいます。
そうすると、その傷が炎症を起こし、赤ちゃんがかゆくて掻くと雑菌が入ってしまい、外耳炎などの病気につながってしまいます。
どうしても気になる場合は耳鼻科でとってもらうと安心ですし、耳鼻科で耳掃除をしてもらうと一緒に外耳炎などの検査もしてもらえます。

赤ちゃんの耳掃除はいつから?回数・タイミングは?

赤ちゃんも耳掃除していいの?耳かきや綿棒はいつから?耳鼻科に行くべき?		の画像3

赤ちゃんの耳掃除は、週に1回程度、耳の穴の入り口をささっと拭いてあげるだけで大丈夫です。
奥にある耳垢は自然と入口へ向かって移動してくるので、掃除をするのは入り口部分だけで十分耳を清潔に保つことができます。赤ちゃんのうちは耳の中がそれほどひどく汚れるということはありませんので、週に1回程度のペースで大丈夫なのです。
また耳掃除のタイミングは、お風呂上がりに耳垢が柔らかくなっているときに拭いてあげるのが一番ですが、濡らしたガーゼや濡らした綿棒で軽く拭くだけでもいいでしょう。

実は、耳垢には乾燥から鼓膜を守ったり、ウイルス感染を防ぐ働きがあります。
必要のない耳垢は自然に出てくるようになっているので、むやみに耳掃除しすぎると排出する力が弱まり、逆に耳垢がたまりやすくなってしまうのです。そのため、自分で耳掃除をすることに不安を感じる場合や、赤ちゃんの耳に気になる部分がない場合は、数ヶ月に1回のペースで耳鼻科で耳掃除をしてもらう程度で十分です。
耳鼻科では耳掃除と一緒にほかの病気がないかなどを確認してもらうこともできますし、耳掃除も間違いなくきれいにしてもらえます。自宅では一切耳掃除しなくていいです、と耳鼻科で言われるケースもあります。赤ちゃんや幼児は耳掃除はしなくても大丈夫なのです。

赤ちゃんの耳掃除のやり方と注意点

赤ちゃんも耳掃除していいの?耳かきや綿棒はいつから?耳鼻科に行くべき?		の画像4

赤ちゃんの耳掃除では、耳かきなど素材が堅いものは使用してはいけません。
赤ちゃんが急に動いたときにとても危ないからです。また、大人と同じ綿棒では赤ちゃんの小さな耳穴には入りませんので、赤ちゃん用の柔らかい綿棒を使ってあげるといいでしょう。
赤ちゃんの耳は、入り口から鼓膜までの距離もとても短く、入り口から1cmくらいで鼓膜に届いてしまいますので、絶対に堅いもので耳掃除をしようとしてはいけません。

赤ちゃん用の綿棒の中には粘着綿棒やベビーオイル付きのもの、柔らかいコットンでできているものなど様々な商品があります。また、海外の商品ですが、耳の奥まで入らないような形になっているものもインターネット上では販売されていますので、自分と赤ちゃんに合った商品をみつけられるといいですね。

また、赤ちゃんの場合は無理に綿棒を使用する必要もありません。
週に1回くらいのペースで、濡らしたガーゼで優しく拭きとってあげるだけで十分です。

耳奥の汚れが取りたいときには耳鼻科へ!

赤ちゃんも耳掃除していいの?耳かきや綿棒はいつから?耳鼻科に行くべき?		の画像5

耳の奥に耳垢がたまっている場合、気になっても綿棒などで無理に取ろうとしてはいけません。そういう場合は速やかに耳鼻科へ行き、耳掃除をしてもらうのが一番です。耳鼻科では赤ちゃんの耳を傷つけないよう複数人の看護師が赤ちゃんを抑えてくれるので、とても安心です。

耳鼻科では耳掃除の際に耳垢を柔らかくしてから、専用スコープを使用して丁寧に取ってくれます。耳掃除だけで耳鼻科に行くということに抵抗がある方もいるかと思いますが、耳はれっきとした医療行為です。
最近では自力で耳掃除はせず、耳鼻科に通うよう指導しているところもあります。もちろん保険が適用されますので、乳幼児医療費助成制度の対象にもなりますのでかなり安くすみますし、地域によっては無料のところもあるでしょう。

また、耳掃除と一緒に鼓膜や外耳の状態をしっかりチェックしてもらうこともできます。あまり気負わずに、耳掃除と赤ちゃんの耳のケアをしてもらうつもりで気軽に来院するといいでしょう。

気にならなかったら耳掃除をしなくても大丈夫!

赤ちゃんも耳掃除していいの?耳かきや綿棒はいつから?耳鼻科に行くべき?		の画像6

赤ちゃんの耳掃除はしなくても大きな害はないということがわかりました。
それどころか、耳かきなどでしっかり耳掃除をすることの方が害になるのです。実際のところ、赤ちゃんの耳掃除は週に1回ガーゼで優しく、そっと拭いてあげるだけで大丈夫。

ただし、自宅での耳掃除は必要ありませんが、それは赤ちゃんの耳のケアそのものを放置してもいいということではありません。マメにチェックして耳垢が気になったときには、耳の入り口付近を優しく拭いてあげましょう。さらに、特に気になることがなくても、数ヶ月に1回、耳鼻科で見てもらうことが大切です。耳鼻科では耳掃除のほかに、外耳炎などの病気の兆候がないか確認してもらえます。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

opposite

友達大好き!元気いっぱいの我が子にいろいろな事を教わりながら、楽しい日々を過ごさせてもらっています。
...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 赤ちゃんも耳掃除していいの?耳かきや綿棒はいつから?耳鼻科に行くべき?