1. >
  2. >
  3. >
  4. 【妊娠中】妊婦の鼻血が止まらない?原因と対策まとめ

【妊娠中】妊婦の鼻血が止まらない?原因と対策まとめ

【妊娠中】妊婦の鼻血が止まらない?原因と対策まとめのタイトル画像

妊娠中、鼻血がよくでて、困っている妊婦さんは少なくありません。また、その鼻血がなかなか止まらない!!血がたくさん出ると、何か違う病気なのかと不安になりますよね。でも、これは病気ではなく、妊娠による生理的な現象の一つなのです。なぜ、妊娠をすることで、鼻血が出やすくなるのでしょうか?その原因と鼻血が出た時の対処法や赤ちゃんへの影響についてご紹介します。

目次 妊婦の鼻血は病気?
妊娠中に鼻血が出やすい理由
妊婦の鼻血は赤ちゃんに影響があるの?
鼻血が出た時の対処法
ひどいときは病院に
妊娠しているときはいつもより体をいたわって

妊婦の鼻血は病気?

妊娠をする前は、そんなに出なかった鼻血が妊娠を機に急に出るようになった。出た鼻血がなかなか止まらない。と不安を抱えている妊婦さんは多いのではないでしょうか?
確かに、稀に妊娠を機に発症する病気が隠れていて、鼻出血を起こすことがあります。妊娠をした後に、「甲状腺機能亢進症」「妊娠高血圧症」になる妊婦さんもいます。これらの病気の症状の一つとして、鼻出血があります。「甲状腺機能亢進症」は体のいろいろな機能が増強します。血圧も上昇し、鼻出血を起こしやすくなります。また、この「甲状腺機能低下症」は「妊娠高血圧症」を引き起こすきっかけにもなります。これらの病気は、放置すると胎児の成長に影響を与えるだけではなく、母体と胎児の命にも関わります。妊婦健診では、早期にこのような兆候がないか、調べますので、鼻出血を頻繁に起こす場合には、主治医に話しましょう。
多くの場合は、下記にもある通り、妊娠によって女性ホルモンの分泌量が急激に増加することに起因します。妊娠中の鼻血の原因の多くはこの女性ホルモンの影響によるものが多いので、いたずらに不安になる必要はありませんが、頭の片隅にでも、もしかしたら病気が隠れているかもしれないということを留めておいていただけたらと思います。

妊娠中に鼻血が出やすい理由

1.女性ホルモンの影響によって鼻粘膜が弱くなるから
妊娠をすると、プロゲステロンという女性ホルモンの体内の分泌量が増えます。プロゲステロンは子宮内膜を柔らかくする作用があります。それと同時に体内の同じような粘膜も腫れやすく、はがれやすくなってしまいます。ですから、鼻粘膜も腫れ、はがれやすいために、鼻出血を起こしやすくなるのです。

2.体内の血流量が増える一方で、血液の濃度が薄くなるから
妊娠をすると、胎児にも酸素を供給しなければならなくなります。そのため胎児の成長とともに、血流も増えます。血圧が高くなり、血管へ負担がかかりやすくないます。しかし、急に血流量が増えますので、濃度が薄くなり、血小板など出血したときに、はたらく血液成分が十分に機能せずに、出血しやすく、止血しにくい状況を引き起こすのです。

3.自律神経系の乱れによるのぼせ
妊娠による女性ホルモンの急激な分泌量の増加により、体を常に正常に保つために働く自律神経系のはたらきが乱れることがあります。この自律神経系の乱れがのぼせを引き起こします。のぼせは、血管が拡張しおきます。特に妊娠中は体が冷えやすくなっています。その冷えがさらに、のぼせを増長させ、急激に血管が拡張し、血管に負担をかけることで、鼻出血になりやすいのです。

妊婦の鼻血は赤ちゃんに影響があるの?

【妊娠中】妊婦の鼻血が止まらない?原因と対策まとめの画像3

鼻血そのものが、おなかの赤ちゃんに影響を与えることはほとんどないといってよいでしょう。しかし、前述した通り、怖い病気が隠れているかもしれません。その病気のせいで「鼻血」が出ている場合には、要注意です。「甲状腺機能亢進症」、「妊娠高血圧症」が隠れている場合には、胎児や母体への影響が心配されます。重症になると胎盤機能が衰え、赤ちゃんに行く血液量が減り、十分な酸素や栄養がいきわたらなくなります。そのため、胎児の子宮内胎児発育遅延になったり、子宮内死亡が起きたり、低出生体重児になるおそれがあります。甲状腺機能亢進症については、薬物による治療をしっかり行えば、胎児への影響はほとんどないと言われています。むしろ薬を飲まないと、流産率が高くなる傾向があります。
このようなリスクもありますので、たかが鼻血、されど鼻血です。妊婦健診を定期的に受診することや、気になる症状があったり、続く場合には、定期健診を前に主治医に相談することが大切です。

鼻血が出た時の対処法

【妊娠中】妊婦の鼻血が止まらない?原因と対策まとめの画像4

1.正しい止血の仕方
・体を起こして、鼻をしっかりつまんで、圧迫する
鼻血の多くは、鼻の入り口付近(キーゼルバッハ部位)に集まっている細長い静脈が破れたためです。多くは鼻翼を両側からつまみ、強く圧迫止血することで、止まります。椅子などに座って、顔は少しうつむき加減にします。

・圧迫だけで止まらない場合は、清潔な脱脂綿などを鼻につめる
脱脂綿は全部中まで入れずに、一部を鼻から出しておきます。止まったように見えても、最低20分ほどは入れたままにしておきます。

・鼻を冷やす
冷たくしたタオルや、布にくるんだ氷を鼻にあて、血管を収縮させ、出血を止めます。

2.間違った止め方
・横になって寝る
横になって寝ると、血液を飲み込んでしまうため、出血量がわからなくなったり、血液を飲み込んで、嘔吐を誘発してしまうことがあります。

・鼻の根本をつまむ
鼻血が起きやすいところは、鼻の穴の入り口に近いところなので、鼻の根本をつまんでも、出血は止まりません。

・頭を後ろにそらせ、首をたたく
かえって血液がのどの奥に流れ、飲み込むことになり、吐き気をもよおします。

・ティッシュをつめる
ティッシュペーパーを鼻に詰めると、取り出すときに鼻の穴の中に残ってしまうことがあるので、できれば、丸めた脱脂綿がよいでしょう。

ひどいときは病院に

もし出血が30分以上止まらないときは耳鼻咽喉科を受診し止血してもらいましょう。耳鼻科受診の際は、妊娠中であることを必ず、告げましょう。耳鼻咽喉科では、止血措置として、血管収縮剤を含めたガーゼを鼻に詰めます。これでも止血できないときは硝酸銀や電気で患部を凝固させます。何回も鼻血を繰り返す場合は、何か他の原因も考えられます。
かかりつけの産婦人科も合わせて受診し、原因をはっきりさせると安心です。鼻血をくりかえす、なかなか止まらないなどある時は、前述した「甲状腺機能硬化症」、「妊娠高血圧症」の他にも、、何らかの原因で血液の凝固因子の異常や白血病などの怖い病気も考えられます。ただし、このような怖い病気は、定期的に妊婦健診を受診してたら、血液検査や血圧、尿検査などから、早期に発見することが可能です。ですから、妊婦健診に定期的に受けることが大切になります。
妊婦健診では、妊娠をしていることを主治医が把握していますから、胎児にも安心の薬を処方してくれます。気になることがあれば、遠慮せずに、主治医に相談すると安心ですね。

妊娠しているときはいつもより体をいたわって

妊娠は病気ではありませんが、妊娠による変化にお母さんの体がうまく対応できないなどで、妊娠中に思わぬトラブルが起こることがあります。トラブルのほとんどの場合、胎児への影響が少ないことが多いので、不安になる必要はありません。また、妊娠による多くのトラブルは対処することが可能です。万が一、胎児への影響が心配される場合でも、早期発見、早期治療をすれば、無事に出産を迎えることができます。そのためにも、何か心配な症状がある場合は躊躇せずに、主治医に相談すること、妊婦健診を定期的に受診されることが、母体と赤ちゃんにとって大切であることを忘れないでくださいね。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

妊娠 妊娠中の病気・症状

この記事を書いた人

じょい

二人の男の子のママです。
正看護師と教員免許を持っています。
教員として10年働いていましたが、現在は、子育てに専念するべく、主婦しています。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 【妊娠中】妊婦の鼻血が止まらない?原因と対策まとめ