1. >
  2. >
  3. >
  4. くわばたりえさんも涙。ママに寄り添う「すくすく子育て」の専門家アドバイスが沁みる

くわばたりえさんも涙。ママに寄り添う「すくすく子育て」の専門家アドバイスが沁みる

くわばたりえさんも涙。ママに寄り添う「すくすく子育て」の専門家アドバイスが沁みるのタイトル画像

毎回育児の参考になり欠かさず視聴している「すくすく子育て」ですが、「子育てコトバ ~子どもに伝わる言い換え術~」の回が本当に胸に刺さる言葉ばかりでした!視聴されていないママもぜひ聞いてほしい、専門家の先生方のお言葉・アドバイスをまとめました。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=28174008523
amiのアイコン ami

子どもに脅すようなコトバを使って大丈夫?

イヤイヤ期などで、子どもがなかなかいうことを聞いてくれない、そんな悩みを感じたことがあるパパママも多いのではないでしょうか。ついつい「○○しないと✕✕するよ」というような言い方をしてしまうことってありますよね。

今回は、すくすく子育てで紹介されていたそんな悩みに対する専門家の先生からのアドバイスをまとめてみました。


大豆生田先生(玉川大学教育学部教授 幼児教育学)からのアドバイスはこちら。

例えば、「これをしないと、おやつがなくなっちゃうよ」の場合は、「これをしたら、おやつが待っているよ。楽しみだね。」というように、見通しができるような言い回しをしてみてください。子どもが元気になるような言葉がけをすればやる気がでることもあります。

続いて、井桁 先生(東京家政大学ナースリールーム 主任保育士)からのアドバイスはこちら。

「これをしたら、こうなっちゃうからね」という言い回しを親が使うと、子どもはその言い回しを友だちに使うようになります。友だちとの間で「これをしないと、あれをしないからね」というような関係は、嫌ですよね。
親が使う言葉は、子どもの人付き合いにおいて見本になります。その意識を持って、言葉を使うときは気をつけた方がいいと思います。

先生がおっしゃった悪い見本をそのまんま言ってしまっている自分に対して猛反省すると共に、お二人の先生のアドバイスを壁に貼って毎日眺めたいくらい「なるほど!」と思ったお言葉でした。

「それでは4歳になれないよ」という言い回しは大丈夫?

歯磨きや着替えなどを自分でやってくれないというような時に、「○歳になれないよ」というようなことを言ってしまうということもあるかもしれません。

そんな悩みに対する井桁 先生からのアドバイスはこちらです。

「4歳になれない」は嘘ですよね。嘘はダメです。
「かっこいい4歳になってほしいな」などと、具体的に伝えてあげてください。

続いて、大豆生田先生からのアドバイスです。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

子育て・育児 ストレス解消・リフレッシュ方法

この記事を書いた人

ami

趣味は読書。小さい頃は小説家になって海外移住することが夢だったが、小説が全く書けず挫折。それでも作文論文は得意だった。大学入試は英文科を目指していたものの、申し...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. くわばたりえさんも涙。ママに寄り添う「すくすく子育て」の専門家アドバイスが沁みる