1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 出産後の骨盤矯正

出産後の骨盤矯正

出産後の骨盤矯正のタイトル画像

出産後、腰痛や肩こりなどに悩まされていませんか?下半身がどっしりして妊娠前から体型が変わってしまったという方も。その原因の一つに、骨盤の変化が考えられます。産前・産後の骨盤の変化と、そのリセットのための骨盤矯正についてご紹介します。

骨盤は出産の前後で大きく変化します

骨盤には、赤ちゃんが成長する子宮を守るという大事な役割があります。妊娠すると赤ちゃんの成長に伴い子宮も徐々に大きくなりますね。そのため骨盤も少しずつ広がり、出産に向けた準備をします。骨盤は複数の骨がつなぎ合わされてできていますが、これをゆるみやすくするのがリラキシンというホルモンです。妊娠中に少しずつ広がった骨盤は、出産で最大限に開き、出産後はゆっくりと元の状態に戻ります。リラキシンは産後1か月くらいまで出続けるので、ゆるんだままの骨盤はゆがみやすい状態なのです。 また妊娠中にお腹が大きくなると、重心のバランスをとるためにお腹を突き出すような姿勢になりますね。このため骨盤が広がるだけでなく、身体の傾きも変わるのです。

骨盤のゆがみは体にどんな影響があるの?

このように大きく変化した骨盤が、元に戻らないままゆがんだ状態になると、様々なトラブルが起きてしまいます。「産後太り」と言われる体型の変化、骨盤底筋がゆるむことによって起こる尿もれ、腰痛、股関節痛などなど……。ですから骨盤の状態を元に戻し、トラブルを予防・改善することが大事になってくるのです。出産後1か月頃までは関節が柔らかく骨盤がゆがみやすいことは前にも書きましたが、だからこそ矯正の効果が大きい時期でもあります。ご自分で取り組みやすい方法で骨盤矯正をして、少しでも快適に過ごしましょう。

無理なくできる骨盤矯正の方法を

骨盤矯正には色々な方法が紹介されています。骨盤ベルトやガードルなどにより開いた骨盤を閉じるもの、骨盤体操などのエクササイズ、整体など専門家に施術してもらう方法などです。ベルトやガードルなどを身につける方法は自宅で育児をしながらできるところが便利ですね。様々な商品がありますので、ご自分の状態に合わせて選ぶとよいでしょう。自宅でできるエクササイズも色々と紹介されています。家事や育児の合間にできるものもあるので、気分転換もかねてチャレンジしてみましょう。整体などの場合は赤ちゃんを連れて行けるところもあるようです。事前によく調べて予約すると安心です。

出産後の骨盤矯正の画像2

日常生活でのちょっとした骨盤矯正

せっかく出産後の骨盤矯正に成功しても、日頃のクセなどで矯正前の状態に戻ってしまうこともあるそうです。例えば、脚を組んで座る、長時間同じ姿勢を続ける、いつも同じ側の肩にバッグをかけるなどのクセは、骨盤のゆがみの原因と言われています。逆に、日常生活の中で次のようなことを心がけると、骨盤矯正の効果があるそうですよ。



・背筋を伸ばしてあごを引く。

・お尻を締め、お腹を引っ込める。

・両足をそろえる。



日頃の習慣を見直して、普段の生活の中で骨盤のリセットを意識してみましょう。

十分に睡眠時間も取れない中、家事と育児の両方をこなすのですから、その負担は大変なものです。あまり神経質にならず、できる範囲で骨盤矯正にチャレンジしてみてくださいね。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

りんりんママ

1歳の子どもがいます。ママパパの皆さまが共感できる記事を親目線で届けたいです。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 出産後の骨盤矯正