1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 産後ダイエットの基本

産後ダイエットの基本

産後ダイエットの基本のタイトル画像

妊娠中にいつの間にか増えてしまった体重。出産後期待して体重計に乗ったのに、思ったほど減ってなくてびっくり!なんて方もいるのでは?体重の変化の不思議や産後ダイエットを始める時期、基本的な注意点などをまとめてみました。ポイントをおさえて、妊娠前のスタイルを取り戻しましょう。

出典:http://pixabay.com/static/uploads/photo/2010/12/13/10/12/belly-2473_640.jpg

妊娠中に体重が増えるのはなぜ?

妊娠すると、ホルモンの働きによって脂肪を蓄えやすくなります。これは胎内の赤ちゃんに安定した栄養を届けるための自然の摂理なのです。また大きくなったお腹をかばうために自然と動作がゆっくりになるなど、運動量の低下から筋肉量が減ってしまいます。そのため基礎代謝量が下がってカロリーを消費しにくく、太りやすい体になってしまうわけです。この状態から、出産後の不安定な体を気づかいながらも、ゆるやかに元のスタイルに戻すことが産後ダイエットです。

産後ダイエットの基本の画像1

産後ダイエットはいつから?

妊娠中につく脂肪は女性ホルモンの作用によるもので、流動性脂肪と言われています。水分を多く含み落ちやすい脂肪なのですが、ほうっておくと6か月ほどで落ちにくい普通の脂肪になってしまうそう。流動性脂肪のうちに落とすことが、産後ダイエットの成功のカギと言えそうですね。



「それなら、少しでも早く産後ダイエットを始めなきゃ!」とお思いのあなた。あわてないでくださいね。出産後の体はとても不安定になっています。それに加えて慣れない育児と家事でお疲れでしょう。そんな時にダイエットを始めてもいいのか気になるところ。1か月検診の時にでも産婦人科のお医者さんに相談してみるのがおすすめです。助産師さんの指導も受けられると思います。出産の時に母体にかかった負担は、人によって千差万別。個人差があるので一般的には言えませんが、体調が安定した産後1ヶ月ぐらいから始める方が多いようです。

「産後太り」に気を付けましょう

産後のこの時期に注意しなければならないのは「産後太り」です。実は産後ダイエットが必要なのは、この産後太りの解消のためでもあるのです。産後は授乳のため1日に450~600kcalも多く消費するそうなので、普通に食事をしていても自然と体重が減る計算になりますね。では、なぜ産後太りしてしまうのでしょう?それは妊娠、出産によっておこる骨盤のゆるみと、食生活の乱れが主な原因とされています。



子宮の中で赤ちゃんが大きく育ち、出産で産道を通るため、骨盤は大きく開きます。その状態のままだと下半身に脂肪がつきやすくなるので、骨盤を締めてリセットすることが大事なのです。また、赤ちゃんのお世話に追われて自分の食事は二の次になっていませんか?ストレスもたまってしまい、ついつい甘いものやカロリーの高いものをどっさり食べてしまったり。この食生活の乱れも産後太りの大きな原因になっているのです。和食中心の低カロリー・高タンパクの食事を心がけるなど、基本的なことから試してみましょう。

慣れない育児と家事で、もしかしたらダイエットどころではないかもしれません。でも今はあなたの体が大きく変化する時、さらに美しくなれるチャンスです。ちょっとだけチャレンジして、充実した毎日を送ってくださいね。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

りんりんママ

1歳の子どもがいます。ママパパの皆さまが共感できる記事を親目線で届けたいです。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 産後ダイエットの基本