1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 【妊娠中の自転車】妊婦はいつまで自転車に乗ってOK?振動は悪影響がある?

【妊娠中の自転車】妊婦はいつまで自転車に乗ってOK?振動は悪影響がある?

【妊娠中の自転車】妊婦はいつまで自転車に乗ってOK?振動は悪影響がある?のタイトル画像

自転車は買い物や子どもの送り迎えをするのに便利ですよね。日常生活で自転車を使っている方は多いと思います。妊娠すると自転車に乗っていいのか迷いますよね。振動が逆子や流産の原因になってしまうのではないかと心配になっているお母さんも多いはず。自転車に乗ることは赤ちゃんに影響を与えるのでしょうか。

目次 妊娠中は自転車に乗らない方がいい?
自転車はいつまで乗ってもいいの?
自転車の振動には母体と赤ちゃんに悪影響を与える?
自転車に乗る際の注意事項とは
まとめ

妊娠中は自転車に乗らない方がいい?

妊娠中は自転車に乗らない方が良いと聞きますが、実際は乗っている方をよく見かけます。一般的には、自転車は転倒のリスクがあり、振動がおなかに伝わるので妊娠中の利用は避けたほうが良いでしょうと言われています。しかし、実際に自分自身にもう一人子どもができたら乗ってしまいそうです。日常生活で自転車を頻繁に使っている人は、妊娠したら自転車に乗らないようにと言われても困りますよね。

妊娠中に自転車に乗らないほうがいいのは、
サドルにおしり(骨盤)をギュウギュウ押しつけることになり、
ただでさえグラグラの骨盤を、
あらぬ方向へ歪めたり傾けたりする原因になるからなんです。

妊娠中に自転車に乗ると骨盤の歪みを引き起こす原因となるようです。そして、このような骨盤のゆがみは切迫早産やむくみ、便秘、逆子、難産等のトラブルが起こるリスクを高めるようです。

自転車はいつまで乗ってもいいの?

妊娠中は自転車は乗らないほうが良いという意見もありますが、必ずしも禁止というわけではないようです。「赤ちゃんは羊水に包まれていて、自転車に乗る程度では影響は少ない」という意見もあります。また、健康な妊婦さんで経過が順調である方は軽い運動になるとの意見もあるようです。

では、自転車はいつまで乗ってもいいのでしょうか?人それぞれ状況は異なると思いますので、いつまで乗ってよいという答えはありません。心配な方はお医者さんに相談されると良いでしょう。

■妊娠初期
お腹はまだそんなに大きくなっておらず、バランスがとれないということはないと思います。ただし、体調の変化が起きつつありますので、ご自身の体調と相談しつつ、体調がすぐれないときは控えたほうが良さそうです。

■妊娠中期
少しずつお腹が出てきますので、バランスをとるのが難しくなります。ただし、つわりも収まって体調は良くなってきたという方もいるでしょう。転倒には十分注意する必要があります。

■妊娠後期
お腹も大きく、バランスを取るのが大変難しくなってきますし、周囲から見ても少し心配になります。

自転車の振動には母体と赤ちゃんに悪影響を与える?

自転車の振動は母体と赤ちゃんに悪影響を与えるのでしょうか?

母体への影響としては以下が考えられます。
・振動の影響で腹圧がかかり、切迫早産になる可能性がある
・振動がお腹に直接伝わり、骨盤がゆがみやすくなる

自転車に乗っているときはどうしても腹圧はかかりますよね。また反対に足腰を使うので良い運動になるという意見を持っている人もいます。また妊婦さんが自転車に乗らないほうが良いのは振動が直接お腹に伝わり、骨盤が歪みやすくなることがあるからそうです。
それから、ホルモンの影響で判断力も鈍くなっており、転倒や衝突の危険性があるそうです。

自転車の振動が直接、赤ちゃんに悪影響を与えるのかどうかはよくわかりませんが、妊婦さん自身が事故にあったりにしないように赤ちゃんを守らなければなりません。

Q,妊娠4週~5週目なんですが、妊娠初期の自転車は避けるべきでしょうか?

A,自転車の乗り方によると思います。
舗装路を走るのでしたら問題ないと思いますが、マウンテンバイクで悪路を走るのは問題だと思います。

このように産婦人科の先生も自転車は悪影響を起こすと言っているわけではないようです。それぞれの方の体調によって、産婦人科の先生に相談して、安全に自転車に乗ると良いでしょう。

自転車に乗る際の注意事項とは

妊娠中は少しでも体調が悪い場合は乗らないに越したことはないようです。ただし、自転車が日常生活の必需品になっている方も多くいらっしゃると思います。
普段の買い物や子どもの保育園や幼稚園の送迎に自転車を使っている方は、簡単にやめるのは難しいですよね。妊娠中、自転車に乗る場合は以下の項目に注意して気を付けてくださいね。

■足が地面に付くようにサドルを低くする
足がつかない状態だと不安定になります。妊娠中はお腹も出てバランスが悪くなりますから、特に注意しましょう。

■整備されている道、段差が少ない道を通るようにする
ガタガタした道を走ると母体と赤ちゃんに強い振動を与えてしまいます。なるべく振動が伝わらないようにしたいですね。

■上り坂はなるべく降りて自転車を押すようにする
上り坂を上るときは特に腹圧がかかりやすくなるので、注意が必要ですね。自転車を電動自転車にするなどの対応を取ることもできますね。

■スピードを出しすぎない
通常とは違う状態ですので、危険な場合にすぐ止めれるようにスピードは出しすぎないほうが良いでしょう。

■ハンドルを高くして直立に近い姿勢をとる
前のめりになって、お腹に強い圧力がかからないようにしたほうが良さそうですね。

■調子が悪いときや風が強いとき、雨の日はなるべく乗らないようにする
風や雨が強いと体が冷えやすくなりますし、特に体調が優れないときは自転車に乗らない選択肢も考えましょう。

■自転車に長時間乗ることを避ける
やはり長時間自転車に乗ると、体に負担がかかります。自分の体と上手く相談しつつ乗りたいですね。

まとめ

妊娠中の自転車は普段と違った危険性もありますので、最低限にしたほうが良さそうですね。ただ日常生活で自転車が必要な人は多いと思いますので、自分の体調と相談しながら安全運転を心がけましょう。

一概に妊娠時の自転車は良くないとも、乗っても問題ないとも言えませんが、振動が骨盤のゆがみにつながり良くないという意見を持つ人と軽い運動になり良いと考える人がいるようです。ただし、後で後悔のないように産婦人科の先生に相談し、自転車に乗ってもよいか前もって聞いておくと良いでしょう。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

妊娠 妊娠中の生活 妊娠中の運動・体重管理

この記事を書いた人

きょむ

一児のママです。初めての育児に奮闘しつつも、たくさんの本を読んだり、情報を集めて育児を楽しんでおります。様々な情報を皆さんにお届けしたいと思います。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 【妊娠中の自転車】妊婦はいつまで自転車に乗ってOK?振動は悪影響がある?