1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 赤ちゃんのお世話ってどうやるの!?一日の流れ

赤ちゃんのお世話ってどうやるの!?一日の流れ

赤ちゃんのお世話ってどうやるの!?一日の流れのタイトル画像

初めての赤ちゃんのお世話は、誰だってわからないことだらけ。でも安心して下さい!赤ちゃんのお世話について一日の流れを予習しておけば大丈夫です。産まれてくる赤ちゃんをしっかりお世話できるように確認していきましょう。

赤ちゃんが生まれると、ママの生活は今までと大きく変化します。特に生まれて間もない頃は、ママは赤ちゃんと四六時中一緒の生活になります。初めてのことだらけで戸惑うことも多いと思います。その前に、心の準備として、赤ちゃんのお世話の基本的な一日の流れを見ていきましょう!大きく分けて、「寝る」「母乳を飲む」「おしっこをする」の3つになります。

①赤ちゃんは大人の何倍も寝る

まず、生まれてすぐの赤ちゃんは、基本的に一日中寝ている状態です。赤ちゃんは大人の何倍も寝汗をかくため、寝ている時でも赤ちゃんからは目を離せません。赤ちゃんの体調管理もとても大切です。赤ちゃんは自分で体温調節を行うことができず、汗をかくことでしか体温を調節できません。そのため、赤ちゃんはたくさんの汗をかくのです。特に、寝汗には注意が必要です。汗をかいた赤ちゃんが風邪をひかないようにこまめにお着替えをさせてあげることや、赤ちゃんが快適に寝られるように、布団の量や部屋の気温などにも注意してあげましょう。

赤ちゃんのお世話ってどうやるの!?一日の流れの画像1

②赤ちゃんはたくさん母乳を欲しがる

時々、お腹がすいて母乳が欲しくなり、泣きながら起きたりします。最初の頃は、だいたい2時間おきごとに、母乳を欲しがります。そして、赤ちゃんが寝る時間や起きる時間は昼夜関係なく不規則です。つまり、大人であるママとパパとの生活リズムとは全く合わないのです!ママが夜中に寝ている時でも、赤ちゃんは何回も夜泣きをします。その度に、ママは起こされ母乳をあげなければなりません。この赤ちゃんの生活リズムに慣れることが初めはとても大変です。

③赤ちゃんのおむつのケアも大事!

2時間おきに母乳を欲しがる赤ちゃんですから、おしっこやうんちもたくさんします。平均的に、赤ちゃんは一日に10回以上おしっこやうんちをすると言われています。赤ちゃんは腎臓や消化器官が未熟なため、自分でコントロールすることができません。なので、おしっこやうんちの回数も多くなります。赤ちゃんの肌はとてもデリケートですので、赤ちゃんがおしっこをしたことにママが気付かないでいると、湿疹やかぶれができやすい状態に。おむつの交換を頻繁に行って、トラブルから肌を守ってあげましょう。

どうだったでしょうか?生まれたばかりの赤ちゃんの一日の流れを見てみると、ここで紹介した寝る→母乳を飲む→おしっこをするという3つの繰り返しです。栄養を取って、いっぱい排泄して、いっぱい寝るのが赤ちゃんの仕事なのです!なので、ママの赤ちゃんのお世話の一日の流れは、寝かしつける→母乳をあげる→おむつを替えるの繰り返しでとても大変です。慣れるまでは苦労も多いですが、赤ちゃんとたくさんコミュニケーションを取れる時期ですので、楽しみながらお世話をしてみてくださいね。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

りんりんママ

1歳の子どもがいます。ママパパの皆さまが共感できる記事を親目線で届けたいです。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 赤ちゃんのお世話ってどうやるの!?一日の流れ