1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 赤ちゃんのミルクはいつまで?卒業しなきゃダメなの?

赤ちゃんのミルクはいつまで?卒業しなきゃダメなの?

赤ちゃんのミルクはいつまで?卒業しなきゃダメなの?のタイトル画像

離乳食も順調に進み、ミルクもよく飲んでくれる。規則正しい生活もできている。心にゆとりが生まれ始めたときに、ミルクってやめないといけないのでしょうか。いつかはやめないといけないとは思っていても、いつまで飲ませ続けていいの?どうやってやめればいいの?と疑問が浮かんできます。そんな、赤ちゃんのミルク卒業についてお答えします。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11030000599
目次 赤ちゃんのミルクは一般的には1歳まで?
どうして赤ちゃんのミルクはやめなきゃだめなの?
フォローアップミルクや牛乳の方への切り替えはどうすればいい?
ミルクを卒業するコツ
虫歯に気を付けよう!そのための対策は?
赤ちゃんのペースで

赤ちゃんのミルクは一般的には1歳まで?

ミルクをやめるタイミングは、赤ちゃんの成長・発達、そして離乳食の進み具合に大きく関係してきます。1歳でミルクをやめなければならないということではなく、赤ちゃんの離乳食の進み具合とあわせて考えていきます。
ただ、一般的には、順調に体重が増え、離乳食が進んでいるようであれば、1歳を一つの区切りとして、完全食にする方法を考えてみるのもよいでしょう。

私の場合は完全母乳でしたが、9ヶ月ごろから母乳が少し足りなくなってきたかなと思うようになりました。そこで、哺乳瓶でミルクを追加することにしようとしたのですが、乳首を嫌がって飲んでくれませんでした。

離乳食は、ちょうど2回食から3回食へ切り替えていこうと思っていた時期でしたが、1歳まではミルクでの栄養補給も大切だと思っていたので、母乳は足りないし、哺乳瓶は嫌がるし、どうやってミルクを飲ませようかと悩みました。

子供が1歳で職場復帰したこともあり、子どもを保育園に預けることにしため、これを機会に卒乳することにしました。

どうして赤ちゃんのミルクはやめなきゃだめなの?

ここでのミルクとは、生後すぐから飲み始めることのできる粉ミルクを想定してお話させていただきます。「粉ミルク」は、明治のほほえみ、森永乳業のはぐくみ、和光堂のはいはい、雪印のぴゅあ、ビーンスタークのすこやか、アイクレオのバランスミルクなど、生まれてすぐに母乳の変わりに飲ませていい、母乳の代替品として開発されたものです。

そして、フォローアップミルクとは、明治のステップ、森永乳業のチルミル、和光堂のぐんぐん、雪印のメグミルク、ビーンスタークのつよいこ、アイクレオのフォローアップミルクのことで、粉ミルクとの一番の違いは、牛乳の代替品として作られたものだということです。

さて、ではこの赤ちゃんのミルク(粉ミルク)は、やめなくてはいけないのでしょうか?

上で述べたように、粉ミルクは母乳の代わりとなるよう作られたものなのですが、赤ちゃんの成長とともに、足りない栄養素が出てきます。

ミルクにはほとんど入っておらず、フォローアップミルクには入っている栄養素は、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸、β-カロテンなどです。

また、たんぱく質は、母乳やミルクでは100mlあたり1.1gなのに対し、フォローアップミルクは、1.8~1.9g。カルシウムは、母乳が27㎎、ミルクが44~51㎎に対し、フォローアップミルクは83~93㎎と約2倍含まれています。

鉄分は、母乳では0.03㎎、粉ミルクは0.7~0.9㎎、フォローアップミルクでは0.91~1.17㎎となっています。他にもナトリウムやカリウム、マグネシウム、リンなどのミネラルは、母乳や粉ミルクより、フォローアップミルクの方が多く含まれています。 
 
赤ちゃんの成長に伴い離乳食を開始しますが、この離乳食でも不足しがちな栄養素を補ってくれるのがフォローアップミルクなのです。

離乳食は、以前は1才頃までといわれていましたが、現在では1才半頃を終了の目安といわれています。理由としてはあまり早くから大人と同じものを食べると、堅くてかまずに飲み込む癖がついてしまいます。歯の生え方も個人差が大きいので、必ずしも離乳食を1才までに終了させる必要はありません。

実はフォローアップミルクはきちんとその月齢に応じた栄養素を食事の中から取ることができれば飲む必要はありません。

けれど、離乳食をあまり食べなかったり体重の増加の状況が良くない場合、牛乳に変わるものとして、フォローアップミルクを考えても良いかもしれません。

ただし、中にはフォローアップミルクをとりすぎて、それでおなかが膨れてしまい、離乳食を食べなくなるという逆転現象もおきることがあります。あくまでも、栄養は食事からとり、足りない分を補う目的でフォローアップミルクを上手に使っていくと良いですね。

粉ミルク比較ナビ

フォローアップミルクや牛乳の方への切り替えはどうすればいい?

 フォローアップミルクについて、粉ミルクより栄養素が高いというようなことを書きましたが、だからと言って、うまれてすぐからフォローアップミルクにしてはいけません。

あかちゃんのからだはデリケートです。フォローアップミルクは高たんぱく質なので、早い時期から使用すると、腎臓への負担が大きくなります。生まれてすぐは、できるだけ母乳に近い、赤ちゃんのからだにもおなかにもやさしいものにしなければなりません。

では、いつごろからどのように、フォローアップミルクや牛乳に切り替えればいいのでしょうか?

・いつから?
フォローアップミルクは9ヶ月ごろからと表示されているものが多いです。離乳食が順調に進み、3回食になるときがはじめる目安となるでしょう。また飲ませるタイミングとしては、離乳食を補うものなので離乳食の後にあげます。

・どのくらいあげる?
無理にたくさん飲ませる必要はありません。赤ちゃんの栄養を考えた離乳食を、たくさん食べられるのであれば、無理して与える必要もありません。ただ、離乳食をあまり食べなかったり、栄養が偏っているかと思われるときは、栄養を補うつもりで、フォローアップミルクをあげましょう。

ミルクを卒業するコツ

生後9ヵ月ごろ、離乳食が2回食から3回食となることであかちゃんのおなかが空く時間間隔も変わってきます。離乳食を食べる方が消化に時間がかかる分、間隔があきます。それと同時に粉ミルクからフォローアップミルクに変えて、同時進行で進めていきましょう。
 
その際、フォローアップミルクは、スプーンやコップ、ストローであげてみましょう。フォローアップミルクをコップに少しだけ入れて飲ませてあげたりすることで、コップの練習にもなっていきます。もちろん、最初は無理をする必要はありません。だめなら哺乳ビンであげても良いです。
 
ストローの付いたマグであげたりすると、持ってストローを口にくわえて遊んでいるうちにミルクが出てくることがあり、飲めるようになることもあります。

ただ、あまり長い間トライするというのはママも赤ちゃんも疲れてしまいますし、次の食事の時間までの感覚も短くなってしまいます。

遊びのみはさせずに、離乳食の後にフォローアップミルクをあげると決めましょう。離乳食と離乳食の間であげたり、食べさせる前にあげてしまうと、肝心の離乳食を食べなくなってしまいますので気をつけましょう。
 
さて、離乳食をしっかりと食べるため、フォローアップミルクを使わなくても大丈夫だという赤ちゃんは多くいるかもしれませんが、寝るときだけは哺乳ビンでミルクを飲まないと寝ないという赤ちゃんも多いことでしょう。

言葉が多少わかる年齢であれば、「ミルクばいばいしようね」と伝えることでやめることができるかもしれません。もちろん個人差があるので、あくまでもあかちゃんの気持ちを優先してください。
 
大丈夫です。大人になってまで哺乳びんを咥えないと眠れない人はいませんから。

虫歯に気を付けよう!そのための対策は?

哺乳びんで牛乳やフォローアップミルクをいつまでも飲み続けている、と心配なことのひとつに虫歯があります。歯の生え始める時期は個人差が大きく3~9ヶ月ごろで、おおむね2歳半~3歳ころには、生えそろうといわれています。
 
最近では、赤ちゃん用の飲料も多くあり、それらを哺乳びんに入れて飲ませている人をみかけますが、これが虫歯の原因と言っても過言ではありません。それらを飲ませた日には1日1回、夜寝る前でいいので必ず赤ちゃんのお口の中のケアをしてください。

ケアの方法は、月齢や歯の生え方などでも違いますが、乳歯はいずれ永久歯になるから虫歯になっても大丈夫などと思わずに、ていねいにケアをしてください。そして、普段の生活で甘いものをだらだらと長時間あげないようにします。

赤ちゃんのペースで

いかがでしたか?以前は「断乳」といって、母の主導でミルクをやめていましたが、今は「卒乳」という、赤ちゃんが主体でミルクをやめていくという考え方が一般的になってきました。

今回ご紹介したのも、母乳や粉ミルクから、個々の離乳食の進みとともにフォローアップミルクや牛乳に切り替えるというものです。赤ちゃんの様子を見ながら、試してみてくださいね。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

授乳 授乳・ミルク 赤ちゃんのお世話

この記事を書いた人

もりりん

毎日、わくわくしながら、笑って楽しく過ごしたいですね...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 赤ちゃんのミルクはいつまで?卒業しなきゃダメなの?