1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. 正月太りを解消!胃腸引き締めヨガ

正月太りを解消!胃腸引き締めヨガ(3ページ目)

正月太りを解消!胃腸引き締めヨガのタイトル画像

こんにちは。美姿勢インストラクターの美宅玲子です。
お正月は、疲れを癒し、気持ちも新たにたっぷり充電されたでしょうか。
「心と一緒にお腹もたっぷり充電されました!」という方も多いと思います。
年末年始、大食する機会が続くと、胃腸も頭もそれに慣れて、惰性で食べてしまいがちです。
その胃腸をリセットし、引き締めるためのヨガをご紹介いたします。

正月太りを解消!胃腸引き締めヨガの画像1

すきのポーズ

仰向けに寝転がり、両足を上に持ち上げます。両手で床やお尻、腰を押しながら、両足を頭の向こう側へ持っていきます。
手は腰を支えたままか、余裕があれば床を押して支えておきます。内臓が刺激をされ、ひっくり返っていることを意識しながら、ゆっくりと深い呼吸を5回繰り返します。背骨を一つずつ床につけるようにしながら、ゆっくり床へ仰向けに戻ります。

正月太りを解消!胃腸引き締めヨガの画像2

お腹の「反射区を刺激する」

直接お腹に触れなくても、「反射区」と言って、刺激をすることで特定の内臓に働きかけるツボがあります。消化に関する反射区の押し方をご紹介します。

胃の反射区(ツボ)

足裏の親指下のふくらみ(母趾球)のすぐ下が、胃の消化を助けるツボです。痛気持ちいい強さで、指の腹でじっくりと押しましょう。

正月太りを解消!胃腸引き締めヨガの画像3

腸の反射区(ツボ)

足の土踏まずの部分が、腸の働きを正常にするツボです。土踏まずを指の腹でじっくりと押し、特に痛気持ちよさを感じる部分や、しこりを感じる部分が柔らかくなるまでよくもみほぐします。

正月太りを解消!胃腸引き締めヨガの画像4
この記事を書いた人
美宅玲子の画像
美宅玲子

ヨガ・ピラティス・美姿勢インストラクター。
東京学芸大学教育学部卒。中学から大学まで陸上競技(100mH、走幅跳)に打ち込み、全日本インターカレッジ出場。姿勢...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. 正月太りを解消!胃腸引き締めヨガ