1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 正月太りを解消!胃腸引き締めヨガ

正月太りを解消!胃腸引き締めヨガ

正月太りを解消!胃腸引き締めヨガのタイトル画像

こんにちは。美姿勢インストラクターの美宅玲子です。
お正月は、疲れを癒し、気持ちも新たにたっぷり充電されたでしょうか。
「心と一緒にお腹もたっぷり充電されました!」という方も多いと思います。
年末年始、大食する機会が続くと、胃腸も頭もそれに慣れて、惰性で食べてしまいがちです。
その胃腸をリセットし、引き締めるためのヨガをご紹介いたします。

年末年始、大食する機会が続くと、胃腸も頭もそれに慣れて、惰性で食べてしまいがちです。 その胃腸をリセットし、引き締めるためのヨガの7つのポーズをご紹介いたします。

お腹を「伸ばす」

お腹を伸ばすと、消化を助ける胃や肝臓などの経絡(ツボの連なり)が刺激され、気の流れが良くなります。お腹の血行が良くなるため、内臓に血液が行きわたり、働きが良くなるとも言えます。

英雄座のポーズ

両足のかかとをお尻の外側につけて膝を曲げ、上体を後ろに倒します。呼吸を深くゆっくりと5回繰り返します。

※膝が痛い人は片足ずつ行い、それも痛い場合はうつ伏せでかかとをお尻に引きつけてストレッチをしましょう。
※両膝が床から浮かないように、また両膝の間は腰幅以内にとどめ、腰が痛くない程度に上体を倒すようにしましょう。

正月太りを解消!胃腸引き締めヨガの画像1

弓のポーズ

うつ伏せになり、両膝を曲げて両手でつま先を持ち、膝を蹴り上げるようにしてキープします。呼吸を深くゆっくりと5回繰り返します。
※膝が痛い場合は、無理に蹴り上げないようにしましょう。

正月太りを解消!胃腸引き締めヨガの画像2

かんぬきのポーズ

両膝を立ててから右足を横へ伸ばしてつきます。息を吸いながら左腕を伸ばして持ち上げ、吐きながら上体を右に倒します。右手の甲が右すねをすべっていくようにします。呼吸を深くゆっくりと5回繰り返します。息を吸いながら元に戻って、反対側も同様に行います。

正月太りを解消!胃腸引き締めヨガの画像3

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

美宅玲子

ヨガ・ピラティス・美姿勢インストラクター。
東京学芸大学教育学部卒。中学から大学まで陸上競技(100mH、走幅跳)に打ち込み、全日本インターカレッジ出場。姿勢...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 正月太りを解消!胃腸引き締めヨガ