1. >
  2. >
  3. >
  4. 分割睡眠がよいというのは都市伝説?ママに大切なのは眠りの質

分割睡眠がよいというのは都市伝説?ママに大切なのは眠りの質

分割睡眠がよいというのは都市伝説?ママに大切なのは眠りの質のタイトル画像

夜中の授乳や夜泣きで睡眠が不規則になりがちな産後。忙しい現代人に向いているとして分割睡眠が注目を集めていますが、分割睡眠は都市伝説という意見もあります。実際、細切れの睡眠で疲れがとれないママは多いのでは?大切なのは眠りの質。よい睡眠について知っておきましょう。

分割睡眠は都市伝説?

産後は夜中の授乳や夜泣きで睡眠が不規則になりがち。細切れの睡眠で疲れがたまり辛い思いをしているママもおおいのではないでしょうか。分割睡眠は忙しい現代人に向いているとして注目されていますが、大切なのは眠りの質。分割睡眠は都市伝説という声もあります。実際のところはどうなのでしょうか?

分割睡眠とは?

分割睡眠とは、その字の通り分割して睡眠を取る方法。仕事や介護、育児などで毎日決まった時間に睡眠が取れない人は、意識していなくても分割して睡眠をとっています。
私たちは通常、1日のうちにまとめて7時間程度の睡眠をとっています。この睡眠時間を2~3回に分ける眠り方が分割睡眠。忙しい現代人に向いている眠り方だとされています。

産後しばらくは、赤ちゃんの夜中の授乳で3時間毎におきなければならなかったり、その後も夜泣きのお世話など、ママはなかなかまとまって眠ることができません。分割睡眠でも十分疲れがとれていれば何よりですが、ほとんどのママは睡眠不足で疲れを感じているのではないでしょうか?

赤ちゃんはもともと分割睡眠

生まれたばかりの赤ちゃんは、3時間程度眠っては起きるという分割睡眠。ママはその赤ちゃんのリズムに合わせて生活しなければなりません。ある研究によると、8時間の睡眠の間に約15分間4回起きると、4時間睡眠と同程度しか眠っていないことになるそうです。そのため、疲れをとるには赤ちゃんが昼間寝ている時間などにママの睡眠不足を補う必要がありそうです。

分割睡眠で気を付けたいのが中途覚醒という状態です。分割睡眠のつもりでいったん起きて1~2時間過ごし、再び眠ろうとしてもうまく眠ることができないのは不眠症の可能性も。

短い時間でも深く眠ることで成長ホルモンが分泌され体の疲れを取ることができますが、分割睡眠は成人には不自然な眠り方であるという意見もあり、分割睡眠が体に良いという考えは都市伝説だと言えるようです。

質のよい眠りと体内時計の関係

細胞の再生と修復の働きをする成長ホルモンは、入眠後1時間ほどすると盛んに分泌されるようになります。午後10時~午前2時が成長ホルモンが多く分泌されるという説に特に根拠はなく、眠りについてから1時間ほどたって最も深い眠りに入った時に多く分泌されということがわかっています。成長ホルモンの分泌を盛んにするには、できれば入眠後3時間程度はぐっすり眠ることが大切です。

深い眠りは、起床したら光を浴びて体内時計をリセットし睡眠リズムを整えることで可能になります。朝起きて光を浴びるとセロトニンという物質が増え、16時間ほどたつ眠りを促すホルモンであるメラトニンが生成されるため、起床時間を一定にすることで夜しっかりと眠れるようになるのです。

睡眠にはリズムが大切です。起床したときに外光を浴びることで、メラトニンの分泌のリズムが整えられ、睡眠覚醒のリズムも安定することは意識して頂きたいと思います。

分割睡眠がよいというのは都市伝説?ママに大切なのは眠りの質の画像2

大切なのは眠りの質

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

病気・怪我・健康 健康管理

この記事を書いた人

honobono

実際に子育てをする前には想像できませんでしたが、子育てを通じていろいろなことを学んでいると実感しています。良い方法はいろいろ取り入れて実践。子供と共に毎日公園に...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 分割睡眠がよいというのは都市伝説?ママに大切なのは眠りの質