1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 粉ミルクはどれがいい?

粉ミルクはどれがいい?

粉ミルクはどれがいい?のタイトル画像

母乳が出にくい、パパでも授乳できるようにしたい……など、状況はさまざまですが、粉ミルクを飲んで育つ赤ちゃんは珍しくありません。赤ちゃんの栄養補給を助けてくれる粉ミルクですが、その種類の豊富さにびっくりしてしまうママも多いのではないでしょうか。ミルクの種類と選び方を解説します。

粉ミルクは目的別に大きく分けて3種類

粉ミルクは、生後すぐに飲める一般的な粉ミルクのほか、ミルクアレルギーを発症した赤ちゃん向けの「ペプチドミルク」、離乳食期の栄養を補う目的で作られている「フォローアップミルク」と大きく3つに分けられます。そのほかにも「低体重児用のミルク」や、母乳やミルクをうまく消化できずに下痢を起こしてしまう「乳糖不耐症の赤ちゃん向けのミルク」も販売されています。粉ミルクは国の基準によって定められた成分でつくられているため、使用時期とアレルギーの有無で選べばどのメーカーの商品を購入しても栄養素に大きなひらきはありません。

粉ミルクはどれがいい?の画像1

パッケージや調乳しやすさで選んでもOK

粉ミルクというと、大きな缶のパッケージが一般的ですが、スペースをとってしまうという声も少なくありません。そこで近年人気を集めているのが、森永乳業の「エコらくパック」という詰め替えができる粉ミルク専用容器です。森永乳業のミルクはすべてこちらにセットして使えます。封を切ったパックをそのまま専用容器にセットするだけで使えるので、衛生面もばっちりですし、なにより重くかさばるミルク缶を置かずに済むのは魅力的です。



また、明治の「ほほえみ」は粉末タイプの成分をそのままに固形状にしたキューブタイプが登場。スプーンで擦り切っての計量が不要なうえ、スティックタイプよりも量の加減がしやすいので、調乳しやすいと評価されています。外出時の調乳にも便利です。

粉ミルクはどれがいい?の画像2

赤ちゃんの好みは?少量パックでお試しを

種類豊富な粉ミルクですが、赤ちゃんによっては味にこだわりを持つ子もいるようです。大人が試しに舐めてみたところで、味に大きな違いはないように感じると思います。しかし、赤ちゃんの舌は敏感なようで「ミルクを変えたら飲んでくれなくなった」という話も少なくありません。いろいろなメーカーの粉ミルクを試してみて、いちばんおいしく飲んでくれるものをあげるといいですね。気に入って飲んでくれるかは赤ちゃん次第なので、いきなり大きな缶で購入するのではなく、少量パックのスティックタイプなどを活用し、テイスティングさせてみることをおすすめします。また、ベビー用品専門店などでは、粉ミルクのサンプルを配布していることもあります。もらっておくと重宝しますよ。

たくさんの種類が売られていて、迷ってしまうこともある粉ミルク。商品の特徴や赤ちゃんの好みを見て試しながら、合ったものを見つけていってあげてくださいね。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

りんりんママ

1歳の子どもがいます。ママパパの皆さまが共感できる記事を親目線で届けたいです。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 粉ミルクはどれがいい?