1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 「フォローアップミルク」と「粉ミルク」は違うの?

「フォローアップミルク」と「粉ミルク」は違うの?

「フォローアップミルク」と「粉ミルク」は違うの?のタイトル画像

ママになってから初めて知ったフォローアップミルクの存在。フォローアップミルクと粉ミルクとの違いはなに?なんのために飲むミルクなんだろう?とよく分かりませんでした。そこでフォローアップミルクとはどんな役割があるのか、どのように飲むのかをまとめてみました。

フォローアップミルクと粉ミルクの違いとは?

粉ミルクとフォローアップミルク、いったいなにが違うのでしょうか?

粉ミルクは母乳に近く作られているので、赤ちゃんに必要な栄養分が充分に補えます。成長するための栄養バランスもしっかりしていますし、消化吸収も良いのです。

フォローアップミルクはというと、こちらは成長過程にて不足してしまった栄養分のみ補えることができるものです。離乳食の時期になるとミルクを減らして離乳食が増えていきます。離乳食になると鉄分やカルシウムなどの栄養素を摂取するのが難しくなります。そんな時にフォローアップミルクで不足した栄養素を取り入れるのです。

フォローアップミルクはいつから?どのくらい飲めばいいの?

市販のフォローアップミルクにも9ヶ月からと書かれていますが、9ヶ月になったからすぐにフォローアップミルクに切り替える必要はありません。目安としては離乳食が3回食できちんと食べられるようになった頃からです。

離乳食がきちんと取れていないから栄養不足が不安でフォローアップミルクをあげるのは間違いです。離乳食をベースにきちんと食事を取れてからフォローアップミルクを飲みましょう。

量の目安としては9〜11ヶ月の赤ちゃんで1日600ml前後です。朝昼晩の食事の時とおやつの時など3〜4回に分けて飲むといいでしょう。

離乳食を食べる子はフォローアップミルクをあげなくても平気?

離乳食をきっちりと食べている子にはあげなくても大丈夫です。

もちろん補助食品なので全員が必ず飲むものではありません。ただ離乳食を1日3回食べられていても食べムラがあったりしてたんぱく質、カルシウム、鉄分、ビタミンなどがあまり取れていない時に食事と共にあげるのが好ましいです。1歳をすぎるまでは牛乳もあげれないので、離乳食の食べムラや病気で離乳食があまり食べれない時はフォローアップミルクがあるのは心強いですね。

我が家のフォローアップミルク体験談

我が家は、たまたま赤ちゃん用品店に立ち寄った時にフォローアップミルクの試供品と説明をして頂いてフォローアップミルクの役割を知り、長女には9ヶ月になってからフォローアップミルクを与えました。

娘は離乳食を始めた頃からうどんの食べっぷりが凄く母乳も飲まなくなり8ヶ月で卒乳しましたが、うどん以外全然食べない子で野菜もレバー系のおかずも大豆系のものも全て吐き出すので栄養不足は気になっていました。そのためフォローアップミルクは娘にピッタリだと思いました。

目に見えないので実感としては感じにくいですが、離乳食と一緒にフォローアップミルクを飲んでくれたことで栄養不足の不安は解消されました。次女は何でもよく食べるし母乳も大好きだったのでフォローアップミルクは取らなかったです。その子によって食事の仕方が違うので必要だとママが感じたらあげてみるのが良いと思います。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

みーちゃんママ

4歳と2歳の娘がいます。
子供達と楽しいことを探して毎日を送っています。

趣味は娘達に作るキャラ弁と
ハンドメイドで娘達のお洋服やヘアアクセサリー、小...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 「フォローアップミルク」と「粉ミルク」は違うの?