1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. ブセレキュアの排卵誘発効果、副作用・使い方・注意点まとめ

ブセレキュアの排卵誘発効果、副作用・使い方・注意点まとめ

ブセレキュアの排卵誘発効果、副作用・使い方・注意点まとめのタイトル画像

体外受精を始める人も不安になっている事を少しでも解決してもらいたいと思います。これは副作用だったの?といろいろと調べて初めて分かることもあります。正しい使い方で妊活をしましょう。

目次 ブセレキュア点鼻薬とは?スプレキュアとは違う?
ブセレキュアの効果は?排卵確率はどのくらい?
ブセレキュアに副作用はあるの?
ブセレキュアはどんな症状の場合に飲むの?
ブセレキュアの用法
ブセレキュア服用の注意点!お酒は飲んでもいい?服用し忘れた場合は?
少しでも費用を抑えたいなら

ブセレキュア点鼻薬とは?スプレキュアとは違う?

ブセレキュアとは主に体外受精をしようとしている人が使う点鼻薬になります。注射とは違い痛みもなく、自宅で手軽に出来ます。

本来の目的では子宮内膜症や子宮筋腫の治療薬として開発された薬になります。しかし作用上、排卵抑制、排卵誘発の効果があることがわかり、不妊治療薬としても使われるようになりました。ブセレキュアの正式名は「GnRH誘導体製剤」といいます。

体外受精をする際、採卵のときに卵子が成長し勝手に排卵してしまうこともあります。それを防ぐために排卵をコントロールするため排卵抑制の効果や、採卵時間に合わせて排卵を促す排卵誘発の効果もあります。卵子の成長をコントロールできることから卵巣過剰刺激症候群(OHSS)になりやすい方は防ぐことができます。

使いかた次第で2つの効果のある不妊治療に使われる点鼻薬になり、ブセレキュアは、同じ効果のある薬の“スプレキュア”のジェネリック薬品になります。なので同じ作用で使えるのに低価格で使用できるメリットがあります。

ブセレキュアの効果は?排卵確率はどのくらい?

ブセレキュアを短期間使うとフレアーアップ現象が起こり排卵を誘発する効果が発揮されます。フレアーアップ現象とは、卵胞刺激ホルモン(FSH)と黄体化ホルモン(LH)の分泌が一時的に高まることをいいます。この現象を利用して短期間で卵胞が卵巣から排出されます。

卵胞刺激ホルモン(FSH)とは、下垂体から分泌され、卵巣に作用し卵胞の成長を促すホルモンのことをいいます。黄体化ホルモン(LH)とは、脳の下垂体から分泌されるホルモンのことをいいます。卵胞刺激ホルモン(FSH)と協力して卵胞を成熟させます。排卵が近づくと大量の黄体化ホルモン(LH)を放出し、排卵の直接的引き金となります。

今まで採卵をする際に生理不順がない人でも、予定通りにはいかず良い大きさになっていたのに排卵済みになってしまっていた人もいると思います。その場合、また次の排卵のときまで待たなければいけません。それを防ぐためにブセレキュアを使用します。

排卵数、確率には個人差がありますが、ブセレキュアを使うことにより採卵時に排卵済みを予防する効果がありますが、排卵数は年齢やそのときの体調によって変化はしてしまいます。1個排卵される人もいれば10個、20個と排卵される人もいます。排卵日をコントロールすることにより採卵確率をあげ、次のステップへ続けることが出来ます。

使う期間によっては排卵抑制と真逆の効果があることから、必ず医師の指示に従い使用するようにしましょう。

ブセレキュアに副作用はあるの?

副作用は個人差があります。一時的なものが多いですが、長引く、痛みが強い、少しでも違和感を感じた場合はすぐに受診するようにしましょう。

【症状】
・発疹、じんましんなど
・膣乾燥
・吐き気
・関節痛
・腹痛
・めまい
・肩こり
・脱毛
・不眠
・ホットフラッシュなど更年期症状に似た症状も出ることがあります。

長期間の使用を続けるとホルモンの分泌量をコントロールするため、骨密度の低下やうつ症状が現れる場合もあります。

これ以外にも症状はいくつかあります。合わないからすぐに中断とはあまりならず、症状にあった薬を処方してくれることもあります。いつもと体調が異なり、辛い場合などにはそのままにせず医師に相談しましょう。

ブセレキュアはどんな症状の場合に飲むの?

不妊治療の一般的な順番として、排卵日を予想しタイミングをはかり性交をする「タイミング指導」→精子を直接子宮あるいは卵管内に送り込む「人工授精」へと進みます。その方法で妊娠が見られなかった方に体外受精をします。

その際に上手く採卵日と排卵のタイミングが合わず採卵出来ない場合があります。採卵が出来ないと次の排卵まで待たないといけません。採卵に適した卵子のサイズは20㎜前後の大きさになります。育った卵子が採卵する際にすでに排卵してしまった、という状態を防ぐために使用します。排卵を抑制するために1日3回(基本8時間間隔)で点鼻をします。排卵を誘発する際には点鼻後、約36時間前後に排卵されます。採卵時間に合わせて点鼻をし排卵時間をコントロールします。

ブセレキュアは排卵抑制、排卵誘発の2つの効果が見られる薬になります。そのため必ず医師の指示に従い使用するようにしてください。

ブセレキュアの用法

排卵誘発の場合、基本1回のみの使用。排卵抑制の場合1日3回。朝昼晩(一般的には8時間おき)で使用します。使う回数、時間の間隔は医師によって異なるようなので言われた通りに使用してください。時間などで疑問に思ったときはすぐに医師に相談するようにしましょう。

点鼻薬なので手軽にでき、使い方も簡単です。
【使い方】
・鼻づまりがあると液が中まで届かないので、使用前に必ず鼻をかみましょう。
・顔をやや下に向けて、鼻腔にノズルを奥までまっすぐに入れます。
・鼻から息を吸いながら、シュッと一気に墳霧させます。1回ワンプッシュ。
・左右の鼻を同じ動作で使用します。
・使用後は頭を少し後ろに傾けて液が鼻の奥までいきわたるように数秒間鼻から息をしてじっとします。
・点鼻後はノズルを清潔に保つためにティッシュなどで拭いて保管するようにしましょう。

ブセレキュア服用の注意点!お酒は飲んでもいい?服用し忘れた場合は?

ブセレキュアは妊娠中には使用してしまうと流産してしまう可能性があるため、妊娠中には使用できません。そのため治療途中で妊娠に気づかないのを防ぐためにも使用中は必ず避妊をするようにしてください。

お酒の飲みすぎはあまり良くないですが、やめる必要もありません。元々お酒好きの人が飲んではいけない、とストレスを溜めてしまうのも体、精神的には良いことではないので飲みすぎに注意をして飲むようにしましょう。

しかし、妊娠に気づいたときはすぐにお酒を飲まないようにしてくださいね。

1日3回(一般的に8時間間隔)で使うことが多く、点鼻をするのを忘れてしまったときは2回分をいっぺんに使用するのは絶対にやめましょう。その際は必ず病院に連絡をし医師の指示を受けて使用してください。気が付いた時間にもよりますが、時間をずらして点鼻するか、次の時間までやらずにその日は1日2回など指示をしてくれるようです。

忘れないことが一番ですが、忘れてしまったときは焦らず確認してください。使用している人の多くは、忘れない様に決められた時間にアラームを設定している人もいるようです。また、お出かけ、お仕事のときに家に忘れた、というのを防ぐためにも家にいるときも使ったらかばんの中にしまっているようです。

少しでも費用を抑えたいなら

不妊治療は保険適用外のことが多く費用も膨らんでしまうことと思います。ジェネリック薬品のブセレキュアを使うことで費用を少しでも抑え気持ちも少し余裕をもって妊活に挑んでもらえればと思います。

精神的に負担がかかってしまいますが、体調面も排卵などには影響してくるのでパートナーと一緒に焦らずチャレンジしてください。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を書いた人

みゃお

4歳と1歳の男の子を子育て中、現在、妊娠3人目を妊娠中のマタママです。

妊娠、出産、子育てのことなど経験したことを含めて分かり易く紹介していきたいと思いま...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. ブセレキュアの排卵誘発効果、副作用・使い方・注意点まとめ