1. >
  2. >
  3. >
  4. 自然流産後の妊娠確率は?流産後は妊娠しやすい?

自然流産後の妊娠確率は?流産後は妊娠しやすい?

自然流産後の妊娠確率は?流産後は妊娠しやすい?のタイトル画像

統計によると、妊婦の15%は流産してしまうといわれています。今回はその中でも自然流産について調べてみました。

目次 自然流産って何?その原因は?
流産後には妊娠しやすいの?
自然流産後いつから妊娠できるの? 
自然流産後に妊娠確率を上げるためには 
妊娠に役立つ生活習慣を整えよう!
焦らずにゆっくりと

自然流産って何?その原因は?

自然流産後の妊娠確率は?流産後は妊娠しやすい?の画像1

自然流産とは妊娠22週に至る前の段階で何らかの原因によって妊娠が継続できず、胎児の成長が止まり、自然に起きる流産のことをさします。また、自然流産の約80%は初期流産(妊娠12週まで)が多いといわれています。

そして、原因のほとんどは受精卵の染色体異常にあります。染色体にもともと異常があったために成長することができなくなり、流産に至ります。自然流産が起きると自分を責めてしまうお母さんも多いですが、そうではなくて妊娠が確定した時点で成熟できない受精卵だったということがほとんどです。

自然流産の症状には不正出血・腹痛・腰痛・お腹の張り・つわりが急に軽くなる・基礎体温が下がるなどあります。こういった症状がでたからといって必ずしも流産とは限りませんが、お母さんは注意が必要です。とくに不正出血・お腹の張り・基礎体温が下がるなどの症状がある場合はすぐに産婦人科で受診しましょう。

妊娠初期には似た症状もよくあるため、自覚症状のないまま胎児が死亡してしまっている「稽留流産」という流産もあります。ですので、その他の症状や軽い症状でも流産の不安がある場合は一度受診すると良いでしょう。

もしも、自然流産の徴候や症状が見られた場合、妊娠7週目以降であれば、産婦人科ではまず超音波検査で胎児の心拍を確認します。心拍が確認されない場合は流産と診断され、自然に排出される「完全流産」かどうかによってその後の治療が変わっていきます。

流産後には妊娠しやすいの?

自然流産後の妊娠確率は?流産後は妊娠しやすい?の画像2

流産の後は妊娠の確率が高まるといわれていますがそれには理由があります。正しくはすべての流産ではなく、安定期に入る前の初期流産と稽留流産の場合は妊娠しやすい母体環境になるといわれています。

というのも、前述のように自然流産の原因は受精卵の染色体異常で流産に至る場合が多く、母体自体は妊娠を維持できる状態が整っているためです。また、流産のほとんどの場合は完全流産なので胎児や内容物が子宮からすべてきれいに自然排出されるため、子宮内がリセット状態になり、次の受精卵が着床しやすいともいわれています。

ただ、残念なことに子宮外妊娠、感染症などが流産の原因である場合には治療後にも妊娠の確率が下がり、もともと妊娠しにくい子宮の形を持っている人の場合も妊娠の確率は流産後も特に上がることはありません。

しかし、全く妊娠しないという訳ではなく、妊娠の確率が平均よりも下がるというだけで、今後も妊娠の可能性は十分にありえるといえます。

自然流産後いつから妊娠できるの? 

自然流産後の妊娠確率は?流産後は妊娠しやすい?の画像3

流産後は赤ちゃんを失った悲しみを断つのはなかなか難しいでしょう。しかし、母になる喜びを教えてくれた赤ちゃんのためにも新しい命を授かってみませんか?

基本的な妊娠活動の開始時期は、生理周期から判断します。母体に特に問題がなく、完全流産であれば、生理周期を1度見送ったあと、妊娠活動を開始することも可能ですが、再びの流産をさけるためには生理周期を2〜3回見送った方がよいかもしれません。もちろん、母体に原因がある場合は治療が終了してからではないと妊娠はできないので、医師の判断に従って妊娠活動をしましょう。

生理周期を最低一回見送る理由には、流産した際に子宮に残った微量の組織をきちんと体外へ排出する必要性があるからです。微量とはいえ少しでも残っていると、次回の妊娠に影響してしまう可能性があるからです。また、流産のショックなど夫婦のお互いの気持ちを整理するためにも流産後の妊娠は焦らずにおこなっていく方が良いでしょう。

自然流産後に妊娠確率を上げるためには 

自然流産後の妊娠確率は?流産後は妊娠しやすい?の画像4

流産をしてしまうと妊娠したいという気持ちがさらに高まり、焦ってしまうことが多いですが、次回の妊娠を成功させるためにも焦りは禁物です。

母体のストレスにもなりますし、やはり楽しい妊娠生活を送るためにも夫婦そろって赤ちゃんを迎える心の準備が必要になります。妊娠は母親だけでできるものではありません。流産後は夫婦で話し合う場をきちんともうけ、どのタイミングでどのように妊娠を望むのか、お互いに確認しておきましょう。

もし夫婦のどちらか一人がまだ心の準備ができていない場合は無理強いせず、解決するまで待ちましょう。どうしても心の傷が癒えない場合にはカウンセリングなどを受けてみることも一つの手でしょう。

また妊娠活動をスムーズに成功させるためにも栄養バランスは重要になっていきます。特に胎児の成長の手助けになるといわれている葉酸や豊富なミネラル分を含んだルイボス、葉酸との相性も良く貧血の予防にもなるビタミンB12、ホルモンバランスを整えてくれるビタミンE、鉄分やストレスの緩和に役立つビタミンCなどはそれらの栄養素が豊富に含まれる食品やサプリメントなどで積極的に摂取すると良いでしょう。

サプリメントを摂取する場合には要量・用法を守り、摂取前に必ず産婦人科医に相談してからにしましょう。ただ、妊娠したいからといって、あまり厳しく食事制限をしたり、サプリメントを過剰摂取したりすることはするのは母体への強いストレスとなり、今後の妊娠にも影響してきます。

妊娠したいと焦らず、ゆっくりと楽しみながら栄養管理、母体の健康管理をしていくことがポイントとなります。

妊娠に役立つ生活習慣を整えよう!

自然流産後の妊娠確率は?流産後は妊娠しやすい?の画像5

妊娠中にも重要な生活習慣。もちろん妊娠活動するにあたっても整えておきたいものです。ここでは妊娠に役立つ3つの生活習慣をご紹介します。

1.睡眠を正しく取る
不規則な睡眠は体内時計の乱れにつながります。体内時計が乱れてしまうと生理周期にも影響し、体の不調の原因ともなります。生理周期が変則だと排卵も予測しにくく、妊娠の確率も下がります。

朝起きたときには朝日を浴び、夜寝るときや直前にはパソコンやスマートフォンを見たりせず、真っ暗にするか、薄暗い間接照明程度だけにして寝るようにしましょう。睡眠は8時間以上まとまってとれるのが理想的です。

2.適度な運動
あまり激しい運動はオススメしませんが、適度な運動は自律神経やホルモン分泌を安定させる効果があります。ホルモン系、神経系、免疫系は妊娠活動でも重要な機能で、これらは適度な運動をすることにより活性化し、ホルモンの分泌や交感神経と副交感神経、免疫機能が安定します。

また受精後もエストロゲンやプロゲステロンといったホルモン分泌により胎児が安定し成長することができます。

3.平均体温を高める
ホルモンバランスを安定させるのに必要なもう一つの要素は平均体温をあげ、身体を冷やさないようにすることです。エアコンの効いた部屋に長時間いたり、過度なダイエットをしたりすると筋肉量が少ない女性の体を冷やしてしまいます。

体温があがればプロゲステロン分泌量が上昇し、血行が促進し、胎児への酸素や栄養供給の助けにもなります。

焦らずにゆっくりと

自然流産後の妊娠確率は?流産後は妊娠しやすい?の画像6

流産はおかあさんにとっても家族にとってもとてもつらいことで、つらい経験を乗り越えたからこそ、なるべく早くまた赤ちゃんを授かりたいと思ってしまうかもしれません。

しかし、焦ってしまうとまだきちんと母体も準備ができていない可能性もあります。生活習慣を整え、生理周期などが安定していることをちゃんと確かめてから始めるようにし、ストレスを溜めないよう、家族のサポートを含めて準備していくことが流産後の妊娠の一番のポイントになります。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

てる

国際結婚をし、海外在住中の一児の母です。初めての子育て、しかも日本とは全く違う環境で日々悪戦苦闘中。
そんな中、日々発見した事や学んだ事を記事にし、皆さんに読...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 自然流産後の妊娠確率は?流産後は妊娠しやすい?