1. >
  2. >
  3. >
  4. 胎児性アルコール症候群とは?治療できない..!?顔で症状がわかるの?

胎児性アルコール症候群とは?治療できない..!?顔で症状がわかるの?

胎児性アルコール症候群とは?治療できない..!?顔で症状がわかるの?のタイトル画像

妊婦さんはアルコールを控えたほうがいいとよくいわれますよね?妊婦さんのアルコール摂取は赤ちゃんに影響を与えてしまう可能性があります。そのひとつに「胎児性アルコール症候群」になる可能性があげられます。妊婦さんはアルコールとの向き合い方をどうすればよいのでしょうか?

目次 胎児性アルコール症候群とは?
治療はできない!?
顔で症状がわかるってほんと?胎児性アルコール症候群の症状
妊娠中に摂取していいアルコール量は?
お酒を飲んでしまったらどうする?妊娠中でも診断はできるの?
子どもを胎児性アルコール症候群から守ろう!

胎児性アルコール症候群とは?

「胎児性アルコール症候群」という言葉を聞いたことがありますか?妊娠中に飲酒をしてアルコールを摂取すると、胎児・乳児が低体重・顔面を中心とする奇形・脳障害などを引き起こす可能性があります。このように妊婦のアルコール摂取により胎児に影響がもたらされることを「胎児性アルコール症候群」と言います。

また、胎児性アルコール症候群には現在治療方法がありません。少量のアルコールでも妊娠のどの時期でも生じる可能性があることから、妊娠中の女性はアルコールを摂取しないようにしましょう。「妊娠中のアルコール摂取はよくない」と聞いたことがあっても、具体的な危険についてはあまり知られていません。今回は、胎児性アルコール症候群についてまとめました。

治療はできない!?

胎児性アルコール症候群の治療法ですが、やはり、妊娠を希望としている女性で、飲酒の習慣のある方は、常日頃から早期に妊娠を意識して、飲まない習慣を身につけることが大切です。アルコールを摂取しなければ100%予防できるわけですから、万が一摂取してから妊娠が判明した場合は、早期にきっちり、アルコールの摂取を止めることが重要です。

冒頭にもあったように、胎児性アルコール症候群には明確な治療方法がありません。妊婦さんの体質、体格や飲酒の量と時期など、複数の環境によって異なりますが、胎児性アルコール症候群は高齢出産でより増加するとも言われています。残念ながら治療法がないため、妊娠中に飲酒をしなければ予防できる疾患です。

顔で症状がわかるってほんと?胎児性アルコール症候群の症状

胎児性アルコール症候群は、容姿への影響がでてきます。
・全体的に平たい顔つきになる
・鼻が小さく低い
・耳が小さく下の方に付いていて反り返りが目立つ
・唇がうすい
・鼻と上唇の間隔が狭く、縦溝が無い
・頭が小さく、小頭症など
・顎が小さく、成長期にはかみ合わせが悪くなり下あごが大きく発達する
・目が小さく黒目の瞳孔部分だけしか開かない

これらの症状にも治療法が無いため、妊娠が分かった時点で飲酒はやめましょう。

妊娠中に摂取していいアルコール量は?

胎児性アルコール症候群とは?治療できない..!?顔で症状がわかるの?の画像1

胎児性アルコール症候群は飲酒量に比例してリスクも増え、大量飲酒者である女性アルコール依存症の子どもさんに対する調査では、妊娠中飲酒したケースの30%にみられたとする報告もあります。

妊娠が分かった時点で飲酒はやめましょう。妊娠初期は胎児の大切な器官や脳などができる重要な時期ですのでお酒を飲まないのは基本ですが、できれば、妊活中は妊娠判明前から飲酒を控えておきたいですね。もちろん、妊娠中期や妊娠後期も胎児は日々成長し続けています。その成長に影響を与えないためにもアルコールの摂取は控えましょう。

アルコールを摂取する量と発症するリスクは比例しているようです。アルコールの量が増えると発症するリスクも高くなると言われますが、少量でも定期的に飲むことで摂取量が増えると大変危険です。いずれも医学的に安全な摂取量がわかっていません。 飲んでも良い量というのはありませんので、妊娠がわかったらすぐに飲酒はやめましょう。

また、出産後であってもアルコール摂取は母乳に影響がでます。妊娠中に辛抱していた分、ストレス解消に飲みたい時があるかもしれませんが、そんな時はミルクを利用するなど上手に工夫しましょう。

お酒を飲んでしまったらどうする?妊娠中でも診断はできるの?

妊娠中はママの身体だけではなく、赤ちゃんにも血液を分け与えるため、アルコール類は飲まないようにしたいですね。しかし、中には妊娠初期の期間に入ったことに気がつかず、お酒をいつものように飲んでしまって、後から妊娠していたことがわかり、パニックになるママもいます。間違って飲んでしまった場合はその量が問題です。

治療法、診断方法も調査も日本ではされていないため、注意が必要です。一番は飲まないことがいいですが、赤ちゃんのために分かった時点で飲まないことが大切です。

子どもを胎児性アルコール症候群から守ろう!

胎児性アルコール症候群とは?治療できない..!?顔で症状がわかるの?の画像2

胎児性アルコール症候群は、アルコールを摂取しなければ、100%予防できる疾患です。

日本では他の先進諸国に比べて妊娠中の飲酒の弊害に関する意識が薄く、医師でも「少量の飲酒なら続けても問題ない」「妊娠に気付いた後でやめればいい」といった指導をするケースも多いのが現状です。

しかしながら、アルコールによる影響は個人差によるものが非常に大きく、食前酒などの少量の摂取のみで影響が現れた例も見られるため、この程度以下なら大丈夫という安全基準値ははっきりしていません。妊娠が分かった時点で即禁酒するという意識がこれから親になるママの責任でもありますね。小さい命を守れるのはママしかいません。妊娠中のアルコールは控えましょう。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

病気 病気・怪我・健康

この記事を書いた人

0歳から自宅で簡単にバイリンガルを育てよう知育のコンシェルジュ 高田塾

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 胎児性アルコール症候群とは?治療できない..!?顔で症状がわかるの?