1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. もう我慢できない!おっぱいのつまりを解消できる3つの方法

もう我慢できない!おっぱいのつまりを解消できる3つの方法

もう我慢できない!おっぱいのつまりを解消できる3つの方法のタイトル画像

母乳育児中のママを悩ませるおっぱいのつまり。パンパンに腫れてしまったり痛みが続いたり、しこりが消えなかったり。中には何度も繰り返し起こってしまって、その都度母乳外来のお世話になっているママも多いのでは?そんなおっぱいのつまりを我慢せずに、今すぐ自分で解消できる方法をご紹介します。

おっぱいのつまりはどうして起こるの?

おっぱいのつまりと言うのは、ママが口にした食べ物などの影響でドロドロになった母乳に塊ができ、乳管をふさいで流れが悪くなることによって起こります。通常スムーズに流れる母乳がとどこおり、乳腺が腫れて乳房内に母乳が溜まることによって痛みを伴うしこりができ、酷くなると赤ちゃんを抱っこすることができないほど激痛が走る場合もあります。このおっぱいがつまった症状は「うつ乳」と呼ばれ、いわゆる乳腺炎のなりかけの状態なので、悪化してしまう前に対策をとる必要があります。大抵はこの段階で食生活や生活習慣を見直せば自然と解消されるので、早めに対策を取る事が重要だと言えるでしょう。

つまりを解消するために今すぐできる事は?

それでは具体的にどういった事を実践すればつまりは解消できるのでしょうか?まず忘れてはならないのは、普段のペースで授乳を行うことです。痛くて辛いかもしれませんが、母乳の流れをとどこおらせてしまっては更に悪化させてしまう恐れがあるためです。赤ちゃんに吸われて痛くて我慢できない場合は、搾乳をして乳腺に残った母乳を出してしまいましょう。なお、授乳の際に赤ちゃんをいつもと違う角度や向きで飲ませることによって塞いでしまっている塊を吸い出し、つまりが解消されることがあるので是非試してみてください。



また、服装はゆったりした体を締め付けないものを身に着け、ブラジャーなどは外しましょう。熱をもっている場合は、温めずに保冷材や冷却シートを使って冷やすのも効果的です。食事は塩分や脂肪分、揚げ物は避け、水やノンカフェインのお茶をいつもよりも多くこまめに摂ることも重要です。この時期はハードな家事などはお休みし、ゆっくりと休息される事をオススメします。

もう我慢できない!おっぱいのつまりを解消できる3つの方法の画像1

それでもつまりが解消されない場合には

前の項目に書かれている事を全部試してみたのに全然解消されないから、やっぱり母乳外来に行こう……と思っているママもいるのでは?だけど、諦めるのはまだ早いですよ!実はまだ他にも解消するための方法はあるのです。



1つ目は、お風呂に入って体を温めるというもの。つまってカチカチになったしこりの部分を温めるのは痛みが増す原因になるので良くない事とされていますが、血行が良くなることによって乳腺が開き、おっぱいを搾るとつまったものが取れるのです。もしお風呂に入れないときやお風呂以外で試す場合は、湯たんぽやカイロなどを使ってワキの下や背中などを温めてお風呂の時と同様に搾ってみると、つまったものが飛び出して勢いよく母乳が出てくるかもしれません。2つ目は、葛根湯などの漢方を飲むというもの。昔から炎症を抑える効果のある葛根湯は乳腺炎にも効くと言われており、授乳中でも安心して飲めるからです。

母乳外来やおっぱいマッサージに行かないと解消されないと思っていたおっぱいのつまりは、意外と簡単に自分で治す方法もあり、お金も通う手間もいりません。もし次回つまりの兆候が現れたら、すぐにでも試してみてくださいね。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

赤ちゃんのお世話 授乳・ミルク 母乳育児

この記事を書いた人

りんりんママ

1歳の子どもがいます。ママパパの皆さまが共感できる記事を親目線で届けたいです。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. もう我慢できない!おっぱいのつまりを解消できる3つの方法