1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 幼児から英語を始めてもいいの?よくある幼児期の英語教育の疑問を解決!

幼児から英語を始めてもいいの?よくある幼児期の英語教育の疑問を解決!

幼児から英語を始めてもいいの?よくある幼児期の英語教育の疑問を解決!のタイトル画像

「幼児に早くから英語を覚えさせると日本語に影響がある?」という噂は本当なのでしょうか?親子英語、幼児、小学生クラスで英語を教え、日本の区立小学校に通うアメリカ人ハーフの娘二人の英語をサポートしている立場から、英語教育のよくある疑問に迫ります。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=28174008140

現在の日本における英語事情とは?

幼児から英語を始めてもいいの?よくある幼児期の英語教育の疑問を解決!の画像1

ベネッセの統計からみると、英語は、通信教育を抜かして、習い事の人気ランキングでは、男女共に第三位につけています。また、学齢別グラフから分かるように、小学生前から英語に通い始めていて、未就学児から小学校卒業まで多くの子が英会話などの語学教室へ通っている事がわかります。多くの親御さんが将来英語を必要だと感じているのがよく分かります。

昨年のラグビーワールドカップ日本代表のキャプテンであるリーチ マイケルさんも、「勝因の一つは英語」だと言っています。次期ワールドカップのキャプテンも、審判と、英語でコミュニケーションをとれる力、よい関係をつくる力が必要だと述べました。彼の一言を聞いて、英語は、やっぱり必要だと確信しました。

2020年までの完全実施を目指した、小学校への英語教科の導入も、間近にせまっています。現在、5・6年生の英語活動必修化となっていますが、(必修化とは教科ではないので、テストがない活動の事)これが、2020年までには、5・6年生での英語が教科になり、通知表にも成績としてついてきます。また、3・4年生から英語活動の必修に引き下がります。現在の「読む」「書く」の教育から、コミュニケーションがとれる教育へと大きく変化をしようとしています。

習い事人気ランキング&学齢別グラフ

2018年から小学校での英語がどう変わるか?

幼児期に英語を習うメリットとは?

まずは、私が考える幼児期に英語を学ぶメリットをお伝えします。

★英語に対しての恐怖心がない (個人差がありますが、早い子は小学生低学年で出てしまいます。)
      ↓
★そのため、耳から聞いた通りにおうむ返しができる
      ↓
★発音やイントネーション、英語独特のリズム感が良くなる。

と、「恐怖心がない」ことによってのメリットがいくつもあります。

また、面白いことは、何度も繰り返すのがこの時期の特徴です。語学を学ぶ上でも、繰り返しが大切です。飽きずに、何度も同じ事をしたり、同じ歌を歌う事によって、覚えた単語や、文章が頭で定着します。

早くに英語を習って英語嫌いにならないの?

小学生までは、特に英語を楽しみながら学んでいく事をおすすめします。教室へ通われるようであるなら、歌を歌ったり、踊ったり、英語でサンドイッチを作ってみたり、英語劇をしたりするような教室を選ばれるといいと思います。特に、未就園児や、幼児の場合は、暗記などさせずに、自然に英語に慣れる事が大切になります。

いくら楽しいクラスでも、英語は嫌だというタイプのお子さんもいます。家の次女もそうでした。小学生までは、絵本のリンゴを「Apple」と教えても「リンゴ!!」と言い返していましたし、「英語は嫌い!日本語でいい!」と断言していました。そんな時は親が気を抜く事も大切。ここで、必死に英語を教えようとすると、逆効果で、それこそ英語嫌いになります。子どもにとって、歌はそんなに抵抗ありません。英語の歌をYoutubeを一緒に見ながら歌ったりしながらなんとなく、耳を英語に慣れさせるだけでも効果はあります。

小学低学年までは、力を入れすぎずに楽しくやるスタンスでよいと思います。

我が家の次女の場合、彼女の中で小学生になった途端に英語に抵抗がなくなり、楽しく英語を学ぶようになりました。嫌がる子には、無理に強制せず、その子の時期を待つのも大切です。

幼児期に英会話教室へ通うと日本語に影響があるのか?

この噂は本当でしょうか?
日本で生活をしていて、日本の幼稚園、小学校へ通っている以上、影響はないと私は考えています。

①両親が日本人の子どもたち(私の生徒さん達) 
②片親が英語圏&片親が日本人の子どもたち (家の娘&国際カップルの友人たちのお子さん達)
③両親ともにアメリカ人の子どもたち (日本在住の私の友人のお子さん達)
④幼稚園まで最近人気のインターナショナル幼稚園 →その後日本の小学校 (日本人カップルの友人のお子さん達)

この4タイプの子どもたちを見ても、日本語の能力に現在全く影響はありません。

②、③、④のタイプの場合、幼稚園卒園までは、日本語より英語が強くなる子が多くいますが、日本の小学校へ入ると、当然日本語で過ごす時間が多くなり、始めは同学年の子より日本語の単語数が少ないのが目立ちますが、それもすぐに問題なくなるのが一般です。

このように、私の知り合いのお子さん達を見ても、日本語には影響が見られません。メリットの多い幼児期から、ぜひ英語に触れさせてあげてください。

英語教育のDVDを見せるだけでいいの?

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

遊び・教育 習い事 英語教育 教育 幼児教育

この記事を書いた人

Rainbow Kids

もともと外国語習得が大好き。学生時代は英語と中国語に興味を持ち、ひたすら自己流で勉強。某レコード会社国際部で貿易担当した後、アメリカ人と結婚。8年間カリフォルニ...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 幼児から英語を始めてもいいの?よくある幼児期の英語教育の疑問を解決!