乳腺炎を防ぐには、まず乳房を冷やすこと。
オススメはキャベツで、葉で胸をくるむようにして冷やします。イギリスで出産した友人に教わった方法ですが、あちらではポピュラーな方法なのだそう。
氷で冷やすよりも冷たすぎず、コストも低く済むのが嬉しいですね。

それから母乳は「搾ったほうがいい」「なるべく搾らないほうがいい」と様々な意見がありますが、個人的な感想としては「出過ぎて困る人は搾らない方が良い」に一票投じます。
搾乳は、張ってしまってつらい場合に圧を抜く程度に搾るのにとどめ、あとは冷却でしのぐのがオススメです。

それでもしのげず乳腺炎を繰り返してしまう場合は、薬で母乳をとめるという選択肢もあるようです。
薬を使った場合、母乳育児の継続ができなくなるため、赤ちゃんが断乳できるかどうかが条件です。

母乳がたくさん出てしまう体質の人ほど、リスク管理のためにミルクを飲ませる練習も必要なのかもしれませんね。