1. >
  2. >
  3. >
  4. 子どもはなぜ怒るの?子どもの心をしずめる方法

子どもはなぜ怒るの?子どもの心をしずめる方法

子どもはなぜ怒るの?子どもの心をしずめる方法のタイトル画像

人は生まれつき、自分の感情に対処する方法を身に着けているわけではありません。「どうやって心をしずめたらよいか」、大人たちがその方法を教えてあげる必要があります。子どもに心をしずめる方法をどのように身に着けさせればよいのか、ご紹介します。

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=30701000505

なぜ子どもは怒るの?

怒りはエネルギーの一つの形で、ある状況に対するからだの反応です。怒りそのものはよくも悪くもありません。でもそれを表現する行為は問題を引き起こす事があります。

怒りは発散するか、状況を変えるかしないと、増幅してしまい、その怒りをためこむことになります。子どもが怒りをうまく発散出来るために、親は何をしてあげられるでしょうか?

子どもの気分がいい時を観察しよう

人は誰でも、自分を落ち着かせたりなぐさめたりするための、さまざまな方法が必要です。でもそれは、人によって違います。使える場面が限られる方法もあります。

その方法を探るために、まず子どもの機嫌がいい時の状況を観察し、子どもが怒りを発散させるためには、どんな方法が合っているのか考えてみましょう。

子どもの好きな事に注目しよう

活発で動き回るのが好きな子もいれば、人が好きで絶えずお喋りしている子どももいます。

最初の方法を選ぶ時は、どれが子どもの好みに合うかを考えましょう。例えば、活発な子どもなら、本を読むより、何か身体を動かす方略を選ぶのがよいと思います。

気持ちをしずめる方法とは?

気持ちを落ち着かせる6つの方法をご紹介します。参考にしながら、どんなやり方だと気持ちが静まるか試してみてくださいね。

①からだを使う
 大きく身体を動かす・怒りの感情をふり落とす・落ち着いて深呼吸する・自分のからだを抱きしめる など

②聞く・話す
 誰かと話す・前向きな独り言を言う・音楽を聞く・おもしろい歌を歌う など

③見る
 本を見る・外を眺める・静かな場所を思い描く・水槽を見る など

④ものをつくる
 絵を描く・手紙を書く・何かをつくる・パンを焼く など

⑤自分をなぐさめる
 抱きしめてもらう・水を飲む・温かいお風呂に入る・おやつを食べる など

⑥ユーモラスな方法
 おもしろい本を読む・ゆかいなビデオを見る・状況のユーモラスな面を見る・おどけた顔をする など

まず親が手本を見せてみよう

子どもはなぜ怒るの?子どもの心をしずめる方法の画像2

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

声掛け 子育て・育児 子育ての悩み

この記事を書いた人

ライフオーガナイザー スター・ペアレンティングファシリテーター 横田ちひろ

はじめまして。兵庫県宝塚市のライフオーガナイザー(家庭環境オーガナイザー)横田ちひろです。
環境は人を育みます。「おうち環境」を整えて、親子は「もっと楽に」「...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 子どもはなぜ怒るの?子どもの心をしずめる方法