1. >
  2. >
  3. >
  4. 生理後痩せやすい!?おすすめの食事・運動ダイエット方法ご紹介!

生理後痩せやすい!?おすすめの食事・運動ダイエット方法ご紹介!

生理後痩せやすい!?おすすめの食事・運動ダイエット方法ご紹介!のタイトル画像

女性には痩せやすい時期、痩せにくい時期があります。これを知っておくことで今まで続けてきたダイエットの方法が変わるかもしれません!今までだらだらと続けていたダイエットを、短期間集中型の効果が見られるダイエットに変えてみませんか?

目次 生理後はダイエットのチャンス!?痩せやすいって本当?
生理後が痩せやすいのは理由は?
痩せやすい日はいつからいつまで?
生理後の食事ダイエットのポイント!
生理後の運動ダイエットのポイント!
ダイエットのやり方を見直すチャンス!?

生理後はダイエットのチャンス!?痩せやすいって本当?

女性には痩せやすい時期、痩せにくい時期があります。だいたい28日周期でくる体の痩せやすい時期を知って、短期集中でできる生理後ダイエットを成功させましょう!

女性ホルモンは2種類に分けられ、生理中→生理後→排卵によってホルモンバランスが変わり、不思議なことにホルモンバランスの影響で痩せやすい時期があります。その時期に運動や食事を気にして痩せやすい体にしましょう。痩せにくい時期も体重増加に気を付けるだけで次の生理後にまた体重を減らすことができます。

今までダイエットは明日から・・と思っていたり、ダイエットは常に気にして継続してきた人も、痩せやすい時期を知ってダイエットの仕方を変えてみましょう。次の生理後から早速始めてみませんか?

生理後が痩せやすいのは理由は?

生理後はもっとも痩せやすい時期です。それは生理前に溜めた物を生理中に血液として排出したため、体は軽やかな状態になり痩せやすい時期と言われています。女性ホルモンの分泌量によって痩せやすくなったり痩せにくくなったりします。

女性ホルモンにはエストロゲン(卵胞ホルモン)プロゲステロン(黄体ホルモン)"の2つに分けられます。

■エストロゲン(卵胞ホルモン)
自律神経を整えてくれて気持ちを安定させ、血流が良くなり肌の調子がよくなったりします。エストロゲンが多いと運動などの効果が出やすい時期です。

■プロゲステロン(黄体ホルモン)
イライラしやすかったり、精神的に不安定になったりします。プロゲステロンが多いと水分を溜めやすくダイエットには適しません。

生理が始まるとエストロゲンとプロゲステロンが一定量になります。生理が終わるとエストロゲンの分泌量が増え痩せやすく、精神的にも落ち着きます。排卵が始まる前後ではプロゲステロンの分泌量が増え、次の生理までエストロゲンが低下します。そのため、エストロゲンが増えている生理終了後の1週間が最も痩せやすい時期となります。

痩せやすい日はいつからいつまで?

痩せやすい時期は生理後の約1週間です。軽くなったうちに短期集中でダイエットをすると効果的です。生理前はほとんどの人が食欲が増える時期だと思います。それは、これからくる生理に向けて脂肪や水分を溜めようとするためです。生理中はイライラしたり、生理痛で体もだるくやる気も出ないと思うのでこれから来る痩せ期に向けてゆっくりと体を休ませリラックスさせてください。

痩せやすい理由でも説明したとおり、エストロゲン(卵胞ホルモン)が増えている時期が一番ダイエットには最適な時期になります。

生理中:エストロゲン・プロゲステロンが一定量(生理開始から約7日間)
卵胞期:エストロゲンの分泌量が増加(生理後から排卵前約7~10日間)
排卵:プロゲステロンの分泌量が増加(排卵日前後3~5日間)
黄体期:エストロゲンの分泌量が低下(排卵後から次の生理まで)

よって、エストロゲンが増えている卵胞期の期間7~10日間のうちに集中してダイエットをすると効果的です。また、反対にプロゲステロンが増えている時期はダイエットに向かないため、その時期は体重を増やさないように気を付けて生活すると体重の増加を防ぎます。

生理後の食事ダイエットのポイント!

食事は糖質控えめで食物繊維を多めに取るようにしましょう。エネルギーを蓄えるために、運動をする前には炭水化物を摂取しておきます。運動後は炭水化物にタンパク質も一緒に摂取しましょう。
低脂肪、高タンパクは赤身肉、とりのササミ、青魚、卵です。生理後は筋肉がつきやすくなるのでタンパク質を多めにとります。生理前からですが鉄分は常に必要になるので必ず忘れずに摂取しましょう。
痩せやすい時期に鉄分が不足になると痩せづらくなりせっかくのダイエット期間が台無しになります。

鍋物やスープなどは野菜も一緒に摂取でき、体も温めてくれるのでお勧めです。

鶏だんごやきのこなどでダイエット期間に必要な低脂肪、高たんぱく、食物繊維が一緒に補えます。これにほうれん草や小松菜などの鉄分の多い食材をプラスするとなおいいでしょう。

低脂肪&高タンパク!ごぼう、生姜鶏団子鍋

生姜を入れて体を温めたり、春雨をプラスして食物繊維をプラスするとお腹も満足できていいでしょう。

青魚も栄養素が高く、タウリン(血液をさらさらにし、新陳代謝が向上)を多く含みダイエットにはとても良い食材です。
そのまま焼くだけではなく、他の栄養素も一緒に摂取して飽きないようなメニューいいですね。

妊娠糖尿病に!さんまと野菜のグラタン♪

生理後の運動ダイエットのポイント!

痩せやすい時期だからと言って、適切な運動は必要になります。痩せやすい運動は有酸素運動ですが、有酸素運動だけをしても痩せるわけではないので、無酸素運動も一緒にすることが大事になります。有酸素運動でも無理してやってしまうと無酸素運動になってしまうため無理をせず自分にあった運動をしましょう。有酸素運動は20分以上続けることで脂肪燃焼が始まります。そこに無酸素運動を合わせて行うとさらにエネルギーを燃焼し効果的になります。

【有酸素運動】
軽度の運動を長時間継続できる運動のことをいいます。代表的な運動はジョギング、ウォーキング、ゆっくり泳ぐスイミングになります。
家の中でも簡単にできる有酸素運動には以下のようなものがあります。
・昇降運動 
テレビを見ながらでも踏み台を使って上り下りを繰り返します。
・フラフープ 
お腹や腰回りを意識して、一緒にウエストもねじってくびれを作れるのもいいですね。
・スクワット 
激しくやってしまうと無酸素運動になってしまうので、腕を曲げずにプラプラとさせ膝の高さまでお尻を落とすハーフスクワットが適しています。
・ダンスエクササイズ 
最近は有名歌手のDVDなども出ているので手軽にできます。
・ボクササイズ 
ボクシングの要素を取り入れているのでかなり脂肪を燃焼してくれます。

【無酸素運動】
酸素を必要としないため単発的な運動のことをいいます。代表的な運動は筋トレです。

運動前はケガをしないためにもストレッチを忘れずにしましょう。ストレッチをすることにより血のめぐりも良くなり、脂肪燃焼の手助けをしてくれます。

ダイエットのやり方を見直すチャンス!?

今までダイエットが続かない、うまくいかないという人も自分の痩せやすい時期を使って自分のあった運動を見つけ、食事も気にしながらまずは1週間試してください。短期間で成果がでると次もやろう!と憂鬱な生理期間も次の生理後にどのくらい痩せれるかな?と少し待ち遠しくなるかもしれません。今までやってきたダイエットのやり方を見直してみませんか?

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

産後の体 出産・産後

この記事を書いた人

みゃお

4歳と1歳の男の子を子育て中、現在、妊娠3人目を妊娠中のマタママです。

妊娠、出産、子育てのことなど経験したことを含めて分かり易く紹介していきたいと思いま...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 生理後痩せやすい!?おすすめの食事・運動ダイエット方法ご紹介!