1. >
  2. >
  3. >
  4. 子どもの「やりたい」を成功体験につなげる工夫とは?

子どもの「やりたい」を成功体験につなげる工夫とは?

子どもの「やりたい」を成功体験につなげる工夫とは?のタイトル画像

子どもに「自分のことは自分で出来る様になって欲しい」。そう願う親御さんはとても多いです。でも、親がそう思えば思う程、子どもって「自分でやらない」なんてことはありませんか?

出典:http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=30701000529

子どもに自立して欲しい!という親の想い

「お子さんに将来どんな人になってもらいたいですか?」という質問に「自分のことを自分で出来る人になってほしい。」と答える親御さんは、とても多いです。

将来のことを思うと、お子さんに小さいうちから、出来れば少しづつ「自分のことは自分で出来る」様になって欲しいですよね。でも、親がそう思えば思うほど、お子さんは反対に「いやー」「出来ない~」「ママやってー」って言ってくることはありませんか?

子どもは好きなこと、楽しいことしか積極的にやりません!

小さい子どもは本来、好きなこと、興味があることしか積極的にやりません。なぜ自分のことは自分でしないといけないのか?その意味が分かるのは、まだまだ先のことです。だから、親が「自分のことを自分でやりなさい」と押し付けても効果はありません。

でも本来は、子どもにとって「自分のことを自分で出来る」というのは、自信につながる行為のはず。そこで、親がやっておくべきことは「子どもがやりたい!」と思った時にそれが叶えられる環境を整えておくということです。

1.子どものやりたい!を受け入れる環境を整備する

では実際のところ、親は子どもの「やりたい!」を受け入れるために、何を用意しておけばよいのでしょうか?大切な事は次の2点です。

①子どものサイズで、子どもが使いやすい環境を整えること
②やり方の手順を単純で分かりやすく説明すること

それぞれについて、例えば朝起きて、お子さんが洗面所で顔を洗うという時にできる工夫をお伝えします。

①子どものサイズで、子どもが使いやすい環境を整えること
 ・洗面所に背が届かなければ踏み台を用意して、自分でできるようにしてみましょう。
 ・タオルは子どもサイズで、手にとりやすい所に置いておきましょう。

②やり方の手順を単純で分かりやすく説明すること
 ・水道の蛇口をひねる→手の平を表向きに合わせる→水をすくう→顔を手に近づける→2~3回ゴシゴシと手を顔にこすりつける。
  こんな風に子どもに分かりやすいように、単純なステップで説明しましょう。
 
本人が興味を持ってやりたい!と言いだしたら、それに相応しい環境を用意してあげましょう。

子どもの「やりたい」を成功体験につなげる工夫とは?の画像2

2.無理強いをせず、そばで一緒にやってあげる

お片づけなど、親がやって欲しいけれども、本人にやる気が無いことや苦手なことは、無理強いをせず、親が一緒にやってあげましょう。

その子のやる気を見ながら、最後の仕上げだけを子どもにしてもらう。その最後の少しの達成感の積み重ねが、お子さんの「出来た!」「やれば楽しい!うれしい!」に繋がります。

子どもの「やりたい」を成功体験につなげる工夫とは?の画像3

3.子どもが親に助けて!と言える雰囲気を用意しておく

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

子育て・育児 子どもの成長・発達

この記事を書いた人

ライフオーガナイザー スター・ペアレンティングファシリテーター 横田ちひろ

はじめまして。兵庫県宝塚市のライフオーガナイザー(家庭環境オーガナイザー)横田ちひろです。
環境は人を育みます。「おうち環境」を整えて、親子は「もっと楽に」「...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 子どもの「やりたい」を成功体験につなげる工夫とは?