1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 基本的な赤ちゃん粉ミルクの作り方

基本的な赤ちゃん粉ミルクの作り方

基本的な赤ちゃん粉ミルクの作り方のタイトル画像

1日に何度も作らなければならない赤ちゃんのミルク作りは意外と大変!もっと上手に、そしてもっと手軽に作れたら良いなと思った事はありませんか?ミルク作りを基本から学び、便利グッズを使って失敗しない作り方をご紹介します。

赤ちゃんのミルクを作る際の注意点

赤ちゃんは抵抗力が弱いため、ミルク作りをする前には必ず石鹸で手を洗うことを忘れないようにしましょう。菌から赤ちゃんを守るためには哺乳瓶の消毒も欠かせず、湯を沸かした鍋で数分煮沸消毒する方法が一般的ですが、最近では電子レンジで簡単に消毒ができるグッズなども販売されているので使ってみるのもオススメです。なお、ミルク作りは熱湯を使用するという事もあり、危険を避けるためにも赤ちゃんがいない場所で作りましょう。

基本的な赤ちゃんのミルクの作り方

①石鹸をしっかりと泡立てて手を洗い、清潔なタオルで水分を拭き取ります。



②哺乳瓶に規定量の粉ミルクを入れ、70度以上のお湯を規定量の半分程度注ぎ入れ、哺乳瓶を回すようにして完全に溶かします。この時に規定量のお湯を入れてしまうとミルクが溶けずに残ってしまうので、ここは重要なポイントです。また、70度以上のお湯を使う理由は食中毒などを避けるため。だからと言って100度近くのお湯を使用するとせっかくの粉ミルクの栄養分を破壊してしまうので、70度位がベストだといわれています。



③規定の量まで水を加えます。この時使用するのは水道水ではなく、湯冷ましか赤ちゃんのミルク用として販売されている水を使ってください。



④この時点ではまだミルクは熱いので、哺乳瓶を水につけて冷まします。温度の確認は自分の腕に少し垂らしてみて少し熱いと感じるくらいが適温です。あまり冷ましてしまうと赤ちゃんが飲まない事があるので、注意が必要です。

基本的な赤ちゃん粉ミルクの作り方の画像2

ミルク作りを簡単にするちょっとした工夫

ミルクは雑菌が増えやすいということもあり、作り置きをしたり飲み残したものを後で飲ませようと取って置くことはできません。赤ちゃんがミルクを飲む度に作らなければならないので、ママが少しでも楽になるためにちょっとした工夫や市販のミルク作りの便利グッズを上手に使用する事が負担にならないポイントです。



今すぐ始められるのは、一度沸騰させたお湯を冷まして作った湯冷ましを冷蔵庫に常備しておくこと。70度を越すお湯で作ったミルクを適温にまで冷ますのは時間がかかるので、これがあるととても便利です。またミルク作りのグッズとしては、お湯を70度で保温してくれる調乳ポットやミルクを1回分づつ保管ができるミルカーがあると、急いでミルクを作らなければならない時や夜中のミルク作りにはとても重宝します。

赤ちゃんのミルク作りは、コツをマスターして便利グッズを取り入れれば実はとっても簡単。ミルク作りがママのストレスにならないためにも、上手に取り入れて赤ちゃんに美味しいミルクを作ってあげましょう。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

りんりんママ

1歳の子どもがいます。ママパパの皆さまが共感できる記事を親目線で届けたいです。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 基本的な赤ちゃん粉ミルクの作り方