1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 胃腸トラブルにはかかせないお助けアイテム。昔ながらの万能薬とは?

胃腸トラブルにはかかせないお助けアイテム。昔ながらの万能薬とは?

胃腸トラブルにはかかせないお助けアイテム。昔ながらの万能薬とは?のタイトル画像

下痢、嘔吐、食あたり、食べ過ぎ飲みすぎ、胸やけ、などなど、日常遭遇する胃腸トラブルはたくさん!これからの季節、ロタウィルスやノロウィルスなどの感染も心配ですよね。そんなときの力強い味方、これ1本を家庭で常備しておくと、どんなお腹のトラブルにすぐに対応できて安心です。自然療法師の私が絶対手放せない安心・安全な万能薬をご紹介します。

どんなお腹の症状もおまかせあれ!

季節を問わず、年齢を問わず、お腹のトラブルはいつ何時現れるか分からない困りもの。特にイベントやお呼ばれの多いこの季節、食べ過ぎ飲みすぎによる胃のもたれや、胸やけ、なんていう軽いものから、ロタウィルス、ノロウィルスなどのウィルス性胃腸炎などの辛い症状まで、胃腸にくる不調は数え切れないほどです。パパママが感染して、そこから子どもにも感染したらどうしよう・・・すごく心配ですね。

旅行先で食あたり、水当たり?! 急な下痢?! お腹にくる感染症?!そんなときも、あわてない、あわてない。常備しておくと安心な、胃腸のトラブル時に使えるお助けアイテムがあります。

それは「梅肉エキス」!青梅のしぼり汁を長時間トロトロのアメ状になるまで煮詰めたエキスです。えっ?なーんだ、そんなもの?と思ったあなた。日本では古くから身近な食材である梅や梅干しのすごさを知っていますか?

梅は三毒を絶つ 梅はその日の難逃れ

梅には、クエン酸、リンゴ酸が豊富に含まれています。クエン酸には解糖系抑制作用があり、炭水化物と同時に摂取すると、グリコーゲンを効率的に蓄積することができ、疲労回復に役立ちます。また、クエン酸、リンゴ酸には、カルシウム吸収促進効果もあります。
育児疲れや仕事疲れのパパママ、お試しあれ!

「梅は三毒を断つ」といわれます。三毒とは、食べ物・血液・水の毒。

まず、梅干しを食べたときはもちろんですが、想像しただけでも唾液が出てきますよね。唾液に含まれる酵素には変異原性物質の作用を抑制する効果がありのです。つまり、悪いものの繁殖を抑えて、いい環境にしてくれるということです。

また、梅肉には強力な抗菌作用が認められています。梅肉の抗菌作用はクエン酸によるもので、腸内で胆汁酸との相乗効果で、多くの悪性細菌に対して抗菌作用を示すと考えられています。
 
「梅はその日の難逃れ」梅干しを食べた日は難避けになる、とうちの祖母もよく言っていました。昔の人は、梅の抗菌力、殺菌力を知り、上手に暮らしに取り入れていたんですね。

食養生に梅肉が欠かせない理由がわかってきましたね。近年、言い伝えの域を出ていなかった様々な梅の効能が次々と科学的に解明されるようにもなってきています。

梅パワーを濃縮したのが梅肉エキス!その効能はいかに!?

そんな梅パワーがぎゅぎゅっと濃縮されたのが梅肉エキスです。さてその主な効能は・・・

1. 腹痛や下痢に
梅肉エキスにはクエン酸が豊富に含まれており、胃腸の働きを活発し、その殺菌作用により、腹痛や下痢を防ぎ、腸の働きを元気にしてくれます。

2. 血流改善
梅肉エキスに含まれているムメフラールという成分には、血流を改善し、血栓の形成を予防する働きがあります。

3. 疲労回復
梅肉エキスに含まれるクエン酸の強アルカリ性の作用により、体内の酸物質を中和し、疲労物質の代謝を促進させます。

4. 免疫力アップ ・感染症予防
クエン酸の強い殺菌作用、解毒作用により、身体が過敏に反応することを防ぎ、免疫力を上げる働きがあります。強い殺菌力があるので、ロタウィルス、ノロウィルスなどの消化器感染症、またインフルエンザの予防にも。家族や幼稚園、学校など、身近に感染症にかかった人がいたら、予防のためにすぐ摂り始めましょう。

5. 二日酔いの防止に
梅肉エキスに含まれる成分には、肝機能を高め、アルコールを早く抜けさせ、二日酔いの予防・解消効果があります。

6. 各種疾患改善・抗アレルギー作用・美容効果など
その他、梅肉エキスには病気に関する様々な効能があることが知られています。胃腸のトラブルのみならず、免疫力アップや疲労回復、そして血液サラサラ効果まで、梅肉エキスは健康維持に役立つ万能選手なのです。

こんなに簡単! 梅肉エキスの摂り方

梅肉エキスの摂り方に難しいルールはありません。

お腹の不調時に大豆1粒~2粒大の量のエキス(1回分)を1日数回にわけて摂るだけ。急性の下痢や嘔吐時は、頻繁にとっても大丈夫です。すでに症状の出ている病人の場合、お湯やお白湯で梅肉エキスを溶いて、1日数回与えるようにしましょう。また小さいお子さんには、酸が強いため、大豆1粒大の量(大人の1回分の量)を1日に3回ほどにわけてあげるのがおすすめです。

我が家の子どもたちは、赤ちゃんの頃から、梅肉エキスのお世話になっているので、食べ過ぎて気持ちが悪くなったときや、乗り物酔いで気分が悪いとき、下痢気味の時など、自分から「梅肉エキスちょうだい」といって、ぺろぺろ黒いエキスを舐めていますよ。

赤ちゃんからお年寄りまで安心して使える家庭の万能薬、梅肉エキス。自然食品店や薬局で購入することができます。酸っぱいのが苦手な人には、粒タイプやキャンディタイプもありますよ。

梅干し同様、古いものほど効果が高いといわれています。養生のために購入するなら、多少お値段が高くても信頼できるメーカーの良い梅肉エキスをそろえてくださいね。

ちなみに私のおすすめは、オーサワジャパンの有機梅肉エキス!

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

病気・怪我・健康 病気 感染性胃腸炎

この記事を書いた人

自然療法師ちろりあん

オーストリア・チロル地方在住の自然療法師。
2012年に東京からオーストリアに移住。オーストリア人のパートナー、二人の子供と共ににアルプスの大自然に囲まれた環...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 胃腸トラブルにはかかせないお助けアイテム。昔ながらの万能薬とは?