1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 妊婦が風邪を引いたら? 病院に行くなら内科?産婦人科?

妊婦が風邪を引いたら? 病院に行くなら内科?産婦人科?

妊婦が風邪を引いたら? 病院に行くなら内科?産婦人科?のタイトル画像

妊娠中は免疫力が低下して風邪をひきやすくなります。おなかの赤ちゃんのことも考えて早めに治したいところですが、受診するのは内科なのか産婦人科なのか迷われる方もいると思います。妊婦が風邪で受診する際に注意することにはどんなことがあるのでしょうか。また、自分でできる風邪対策もご紹介します。

目次 風邪の症状を見定めよう!病院にいくべき?
病院の何科に行くべき?
病院に行く時に注意すべきことは?
市販薬は服用してもいいの?
風邪を引いた時に妊婦さんが気をつけること
まとめ

風邪の症状を見定めよう!病院にいくべき?

お腹の赤ちゃんのためにもできるだけ病気にならないように、予防に気を遣っていても風邪などの症状に悩まされることもあります。

妊娠さんは、通常よりも免疫力が下がっているので、感染しやすい体質になっています。ご自宅に以前服用していた市販の常備薬があっても、お薬が赤ちゃんに影響を与えてしまうため、自己判断での服用は危険です。

また、免疫力が低下しているので、初期症状は軽くても悪化しやすいこともありますので、十分な注意が必要です。風邪の初期症状で比較的軽度ならゆっくり身体を休めて様子を見ても大丈夫です。

妊娠初期の頃ですと体温が高めなので、熱っぽいと感じられる方も多いです。風邪と勘違いされる方もいらっしゃいますが、体温が37度台で怠さが酷くなければ問題ありません。
38度以上あったり、怠さや身体の痛みがあったりするようでしたら病院で診察してもらってください。40度を越す高熱だと、赤ちゃんに悪影響を及ぼす可能性が高くなります。迅速に対応してください。

病院の何科に行くべき?

通常の風邪ですと、内科や耳鼻科を受診しますが、妊娠中はまず産婦人科で確認してみてください。
ほとんどが産婦人科で受診できることが多いようです。赤ちゃんの状態も詳しく知ってもらえているので、安心できますね。先生に不安なことを伝えて、アドバイスをもらいましょう。
ただし、受診してみてインフルエンザだったということであれば他の妊婦さんに感染してしまうということも考えられますので、事前に連絡を取ってから行くようにしましょう。

また産婦人科に相談して、内科や耳鼻科を受診して下さいと指示がある場合には、自身が何週目の妊婦であるかをお伝え下さい。
赤ちゃんへの不安なことあれば、できるだけ詳しく病院の方に説明されると、赤ちゃんへの影響が少ない漢方などのお薬を処方してもらえます。

妊娠初期の頃ですと、赤ちゃんへの影響を考えて処方してもらえないこともありますので、事前の確認が必要です。
せっかく出向いたのに結局お薬を出してもらえなかったり、他の科をすすめられると無駄足になってしまいます。そういった意味では内科、耳鼻科、と産科などがある総合科病院に行くとよいかもしれませんね。

病院に行く時に注意すべきことは?

病院を受診する前に、事前確認の電話をいれるようにしましょう。
風邪を引いて病院に行くのにわざわざ電話で確認する必要があるの?と疑問に思われる方もいらっしゃいます。通常でしたら内科や耳鼻科でお薬を処方してもらいますが、赤ちゃんのことを考慮するとどんなお薬でも大丈夫というわけではありません。妊娠何週か風邪の症状によっても病院で処方されるお薬もかわってきますので、事前確認は必要です。

まずは産婦人科に症状を伝えてどちらへ足を運べばいいのか確認してみてください。産婦人科の方から何らかの指示がもらえます。
多くの場合が産婦人科で診てもらえることが多いようです。赤ちゃんの状態も詳しく知ってもらえているので、的確な治療法をすすめてもらえます。

もしも、産婦人科で診てもらえるようでしたら、念のため他の妊婦さんもいらっしゃるので、うつさないためにもマスクの着用はお忘れなく。 また同じ待合室ではなく、個別の場所があるかどうかも確認されることをおすすめします。

万が一インフルエンザであったりすると、大変です。内科への受診をすすめられたら内科の方でも同様二次感染予防のためにマスクは必要です。妊娠何週ですとお伝えして受診してください。こちらでは胎児の情報が産婦人科に比べて少ないので、不安なことがあれば医師に伝え、よりよいアドバイスをもらえる環境にすることが大切です。

また、内科や耳鼻科によっては妊婦さんへの的確なお薬の処方を熟知していない医師もいますので、受診される前に事前に電話確認されてから病院へ向かうようにしましょう。

市販薬は服用してもいいの?

妊娠中のお薬の服用は抵抗ありますね。お腹の赤ちゃんへの影響は?と考えると不安になります。
妊娠中は絶対にお薬を飲んではいけないということはありませんが、自己判断で市販薬を選んで飲むことはやめましょう。赤ちゃんへの影響を考えても服用する前には医師など専門家に確認しましょう。

お薬を服用して、後から妊娠に気がついた!という経験される方もいらっしゃいますが、3週位までは、胎児の成長もこれからの段階ですので、ほぼ影響を受けることはありません。
4週以降から7週までは赤ちゃんの体や臓器、中枢神経、が形成される時期ですので、この時期のお薬は最大限に注意が必要です。妊婦中期から後期のお薬は比較的影響は少なくなりますが、医師としっかり相談のうえ、処方してもらってください。

風邪のひき始めや予防にイソジンなどのうがい薬は添加物が大量に入っており粘膜から吸収されますので、使用は避けたほうがよいでしょう。胎盤を通過し、赤ちゃんへ影響がでてしまいます。
このときは、うがい薬の代わりにお茶でうがいしましょう。お茶にはカテキンが含まれ殺菌作用があります。

また、市販薬でも安全が確認されているものもあるようですが、服用前に医師、薬剤師などの専門家に相談するように注意喚起がなされていますので、自己判断はしないようにしましょう。

風邪を引いた時に妊婦さんが気をつけること

■悪化する前に
妊婦さんは白血球が通常よりも増えていることから風邪などを引きやすくなってます。普段からうがいや手洗いをこまめにやっていても風邪を引いてしまうこともあります。 少し位の風邪でしたら赤ちゃんへの影響もありませんが、高熱やひどい下痢など症状が重くなると影響が出ることもあります。
また、妊婦さんは免疫力が低下しているので、悪化しやすい傾向にありますので、風邪を引いてしまったら悪化する前に対応が必要です。また二次感染予防のためにも外出する時は必ずマスクを着用しましょう。

■お薬は慎重に
いつもならご自宅の常備薬を服用して安静にというところですが、赤ちゃんの影響を考えるとお薬を飲む前にしっかり医師と相談してからにしてください。自己判断でお薬の服用は避けることが大事です。妊娠週数毎に服用できるお薬は異なる場合もあります。その都度確認しましょう。

■免疫力を高めましょう
体を暖めて休める時は無理をしないようにしてください。また体を暖める大根やゴボウなどの根菜やピーマン、ネギ、人参の緑黄色野菜を摂ってあげるといいです。また生姜も体を暖めてくれるので、免疫力も高まります。コンビニでも生姜のドリンクが置いてるので、お料理するのも怠い時にはお手軽ではありますね。ニンニクは殺菌効果もあるのでこちらもオススメです。

■母体と赤ちゃんのためにも
まずは無理をせずゆっくりして下さい。家事など気になることもあるかと思いますが、ご自身と赤ちゃんのためにもしっかり休養して早く回復されることが大切です。

まとめ

出産まで40週という長い期間がありますので、風邪を引いてしまうこともありますよね。そんなときには頼れる人に甘えさせてもらい、家事などのやらなければならないことも一旦わすれましょう。

悪化してからの対応では大変なので、無理はしないでゆっくりの休養と何より母体の安全と赤ちゃんの健康を考えましょう。1日でも早く回復されて楽しいマタニティライフを送って下さいね。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

かぜ症候群 病気 病気・怪我・健康

この記事を書いた人

みっふぃー

始めたばかりですがどうぞよろしくお願いします。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 妊婦が風邪を引いたら? 病院に行くなら内科?産婦人科?