1. >
  2. >
  3. >
  4. 【乳児脂漏性湿疹】原因・ケア方法・予防法、症状を解説

【乳児脂漏性湿疹】原因・ケア方法・予防法、症状を解説

【乳児脂漏性湿疹】原因・ケア方法・予防法、症状を解説のタイトル画像

赤ちゃんの頭がカサカサしてる、おでこ、ほっぺ、まゆ毛などの赤い湿疹ってなに?何が原因なの?原因にあった対処法とは?言葉だけでではイメージしずらい、乳児脂漏性湿疹の症状や、予防法をわかりやすく説明します!

目次 乳児脂漏性湿疹とは?
乳児脂漏性湿疹の原因
乳児脂漏性湿疹の症状
乳児脂漏性湿疹のケア方法
乳児脂漏性湿疹の予防法
まとめ

乳児脂漏性湿疹とは?

【乳児脂漏性湿疹】原因・ケア方法・予防法、症状を解説の画像1

乳児脂漏性湿疹とは、生後数週間から4ヶ月くらいまでの赤ちゃんに多く見られる、身体の中でも皮脂の分泌が多い場所にできる湿疹のことです。頭皮・おでこ・鼻の周り・口の周り・ほっぺ・耳の後ろなど、首より上の場所に発症することが多いのが特徴です。

赤ちゃんの体質やお肌の強さによって症状の程度に差はありますが、だいたいの赤ちゃんはお肌のバリア機能が整う1歳頃までには自然と治ります。赤ちゃんに湿疹ができた時期が早ければ早いほど、アトピー性皮膚炎と区別するのが難しい場合がありますが、アトピー性皮膚炎は慢性的なもので、強いかゆみがある、アレルゲンの存在があるなどの特徴があり、乳児脂漏性湿疹とは全く別ものです。

乳児脂漏性湿疹の原因

【乳児脂漏性湿疹】原因・ケア方法・予防法、症状を解説の画像2

大人も赤ちゃんも、皮膚の毛根の辺りには皮脂腺と呼ばれる部分があり、お肌を外部からの刺激や細菌から守るためにここから皮脂が分泌されています。産まれて間もない赤ちゃんは、新陳代謝がとても盛んです。

また、お母さんの女性ホルモンの影響を強く受けていることもあり、生後2〜3か月頃までは、皮脂の分泌がとても盛んです。さらに、大人と比べてまだ毛穴が発達していないため、大量に分泌される汗と皮脂が毛穴に詰まりやすくなります。

こうしたことから、お肌にトラブルが起こり、湿疹ができてしまうのです。髪の毛の生え際おでこは皮脂腺がよく発達しているため、特に症状が悪化しやすいようです。

また、分泌された皮脂がお肌の表面にいる常在菌を異常に繁殖させてしまったり、空気中の酸素と結びつくことでさらに強い刺激となることも原因と考えられています。

乳児脂漏性湿疹の症状

【乳児脂漏性湿疹】原因・ケア方法・予防法、症状を解説の画像3

乳児脂漏性湿疹の症状としては、最初はお肌が少し乾いた感じになり、だんだんその範囲が広がってきます。

■頭皮
頭のてっぺんや髪の毛の生え際などが、黄色っぽいかさぶたのようなもので覆われてきます。かさぶたは湿ってべっとりとしています。

■まゆ毛、おでこ、ほっぺ
フケのようなカサカサしたものができてきます。他にも、少しジュクジュクしたり、赤い湿疹として現れる場合もあります。かゆみはあまりありません。ごくごくまれにではありますが、症状が全身にまで及んでいって、下痢や全身衰弱をきたすライネル落屑性紅皮症という症状になることもありますので、お医者さんに相談してみましょう。

乳児脂漏性湿疹のケア方法

【乳児脂漏性湿疹】原因・ケア方法・予防法、症状を解説の画像4

乳児脂漏性湿疹のケアは、次の5つのステップで行います。

1.皮脂を柔らかくする
頭皮やまゆ毛の中などに頑固な皮脂のかたまりがある場合は、ベビーオイル白色ワセリン、オリーブオイルなどをつけてかたまりを柔らかくします。そうすると汚れを落とすときに皮脂がとれやすくなります。皮脂のかたまりは放っておくと厚くなってとれにくくなるので、早めにケアをするよう心がけましょう。

2.皮脂汚れを落とす
脂漏性湿疹は、皮脂の分泌過多という原因そのものに働きかけることはできません。なので、分泌された皮脂をできるだけ溜めないこと、つまり、毎日お風呂でしっかり皮脂やかさぶた上の脂を落として清潔を保つことが大切です。

~部分別ケア方法~
1) はシャンプーできちんと洗う
赤ちゃんの頭の中に湿疹ができている場合は、ベビーソープやベビーシャンプーをたっぷり使って、泡で汚れを包み込むような感じで、くるくるとマッサージをするように優しく洗います。

2) まゆ毛はガーゼで丁寧に
赤ちゃんのまゆ毛に湿疹ができている場合は、ガーゼにベビーソープやベビーシャンプーの泡をつけて、かさぶたをこするような感じで洗います。その後ぬらしたガーゼで、泡をしっかりと流してあげましょう。

3) 頭皮の湿疹にはくしを通して
ガーゼを通したくしを使って、頭皮にあるかさぶたをはがすようなつもりで、赤ちゃんの髪をとかします。こうすると頭皮についたかさぶたも、力を入れなくてもスッときれいに取れるはずです。また、食事やミルクの食べこぼしも湿疹を悪化させる原因になってしまいます。食事の後はぬるま湯で口の周りの汚れをきれいに拭いてあげてください。

3.保湿をする
赤ちゃんの肌をベビーソープやベビーシャンプーで洗ったあとは、低刺激のベビー用ローションクリームで保湿してあげてください。保湿が十分でないと、肌が乾燥してしまい、肌トラブルの原因となってしまいます。

4.こまめに汗を拭く
お風呂の後はもちろん、朝起きたときや普段の生活の中で、汗をかいたなと思ったら、こまめにガーゼやタオルで拭きとってあげましょう。お風呂に入れないときでも、濡れたガーゼなどで拭いてあげてください。湿疹がひどいときは特にこまめに拭くよう心がけてください。

5.赤ちゃんの爪を切る
赤ちゃんが自分で湿疹を引っかいて傷つけないように、爪を丸く短く切っておきましょう。湿疹に傷がつくと、そこから菌が感染して化膿したりすることもあるので注意してください。

乳児脂漏性湿疹の予防法

【乳児脂漏性湿疹】原因・ケア方法・予防法、症状を解説の画像5

乳児脂漏性湿疹を予防するためには、日頃から赤ちゃんのお肌のケアをしてあげることがとても大切です。赤ちゃんのお肌は大人と比べてキメが細かく潤っているイメージがありますが、実はバリア機能がまだ未熟で整っていないので、しっかりと保湿をする必要があります。

お風呂に入った後はもちろん、朝起きてすぐ食事の後など、赤ちゃんが起きている間はこまめに保湿剤を使って保湿してあげましょう。赤ちゃんにも使えるピュアオイルや保湿性にすぐれたローション、ワセリンなどを使うと効果的です。

そして、紫外線による刺激もお肌を乾燥させる原因となるので、お出かけのときUVカット機能がある保湿剤を使いましょう。

また、お風呂で身体を洗うときは、ベビーソープやベビーシャンプーをしっかりと泡立てて、手で優しくなでるように洗いましょう。ゴシゴシと強くこすり過ぎると、赤ちゃんのデリケートなお肌を傷つけてしまいます。そして、シワの部分まですすぎを十分に行い、ベビーソープやベビーシャンプーがお肌に残らないようにします。使用するベビーソープやベビーシャンプーは、低刺激で赤ちゃんのお肌に合ったものを選んでください。

まとめ

【乳児脂漏性湿疹】原因・ケア方法・予防法、症状を解説の画像6

ここまで乳児脂漏性湿疹についてご説明してきましたが、こうした症状は赤ちゃんの成長の過程で当たり前に起こる現象です。もし発症したとしても心配し過ぎる必要はありません。ですが、赤ちゃんのお肌は大人と比べてとても敏感なものです。症状が出たら早いうちに正しいケアをしてあげることが大切です。お父さん・お母さんが正しい知識を持って、落ち着いてケアをしてあげれば、赤ちゃんもきっと安心するはずです。

赤ちゃんの身体のちょっとした変化は、お父さん・お母さんにとっては不安なものですが、赤ちゃんとじっくり向き合う機会ととらえて乗り越えてみてください。これからも赤ちゃんの成長を、優しく温かく見守ってあげてくださいね。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

まゆみん

現在2人の男の子をもつ2児の母です。

現在仕事を辞めて子育て中心の日々です。
TV・新聞などでは暗いニュースがおおい中、不安を抱いてしまう状況になります...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 【乳児脂漏性湿疹】原因・ケア方法・予防法、症状を解説