1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 授乳中にお酒飲んでも大丈夫?赤ちゃんに与える影響と飲酒後の授乳について

授乳中にお酒飲んでも大丈夫?赤ちゃんに与える影響と飲酒後の授乳について

授乳中にお酒飲んでも大丈夫?赤ちゃんに与える影響と飲酒後の授乳についてのタイトル画像

やっと出産して、飲酒解禁!?と思ったら、授乳中にはお酒は飲んではいけないということをよく聞くことがあるでしょう。実際に授乳中って全くお酒は飲んではいけないのでしょうか。もし飲んだとしたら、赤ちゃんにどんな影響があるのでしょうか。検証していきましょう。

目次 アルコールが赤ちゃんに与える影響
飲酒後の母乳が悪影響を及ぼす理由
飲酒してから授乳するまでの時間はどのくらい空ければよい?
適正量は?授乳中の飲酒
授乳中でもノンアルコールドリンクなら飲んでもよい?
オススメのノンアルコールドリンク4選
授乳中、アルコールをとりたくなったら?
まとめ

アルコールが赤ちゃんに与える影響

授乳中にお酒飲んでも大丈夫?赤ちゃんに与える影響と飲酒後の授乳についての画像1

アルコールが赤ちゃんに与える影響について知っていますか。よく妊娠中に飲酒をすると、胎児に影響があると言われていますよね。妊娠中の飲酒に関して赤ちゃんの発達に影響があることは知られていますが、出産して赤ちゃんが産まれてからも、母乳育児をしている人は、お母さんが飲酒をすれば、赤ちゃんに直接影響があるのです。しかしどのように影響があるのでしょうか。

アルコールを摂取すると人の体の血中濃度が変化すると言われています。この血中濃度という言葉は飲酒の時にもよく耳にする言葉ですが、薬物や風邪を引いた時などの薬の服用の際にもよく使われる言葉なのです。
血中濃度とは、アルコールであれば、飲酒した際に血液に含まれるアルコールの濃度のことを表します。薬などの場合は、血液中に含まれる薬の濃度ということです。飲酒をした際に、血中濃度(アルコールの濃度)は高くなってしまいます。そして、授乳中に飲酒をすると、その濃度とほぼ同じアルコールの濃度の母乳を赤ちゃんに飲ませてしまうと言われています。要するに、赤ちゃんもアルコールを摂取していることになるというわけなのです。
まだ未発達な赤ちゃんがアルコールを摂取してしまったらどのような影響があるか想像つくのではないでしょうか。酷い場合は、アルコール中毒のような状態に陥ってしまったり、常習的に飲酒して授乳していれば、赤ちゃんの睡眠時間に影響が出たり、運動能力や発達の遅滞や肥満などの影響があると言われています。

飲酒後の母乳が悪影響を及ぼす理由

授乳中にお酒飲んでも大丈夫?赤ちゃんに与える影響と飲酒後の授乳についての画像2

飲酒後に母乳が悪影響を及ぼす理由については、先ほど述べたように母乳の血中濃度が高くなってしまうのです。
母乳は血液から作られていると言われているのはご存知ですか。母乳=お母さんの血液と同じなのです。アルコールを摂取した後は、だいたい数分から1時間くらいで母乳にもアルコールが移行してしうまうそうです。アルコールを摂取してから、すぐにアルコールが分解されることはありません。
言葉を言い換えれば、お母さんが飲酒後に母乳を与えるということは、赤ちゃんにアルコールを飲ませていることと同じことになってしまうでしょう。そのため、もしも赤ちゃんにアルコール摂取直後に授乳した場合に、腎臓や肝臓が未発達な赤ちゃんがアルコールを分解することはできませんので、急性アルコール中毒になってしまうこともあるそうです。そのような臨床研究などはもちろん危険なため行われていませんので、どのくらいの飲酒量で急性アルコール中毒になってしまうかなどはわからないと言われています。しかし、アルコール中毒の多い海外では、飲酒後に母乳を与えたことで、赤ちゃんが急性アルコール中毒症になり死亡してしまったというケースもあるのです。

飲酒してから授乳するまでの時間はどのくらい空ければよい?

飲酒したからといって、絶対に母乳育児を止めた方がいいと言う訳ではありません。できれば飲酒は避けた方が一番良いのでしょうが、どうしてもストレスが溜まってしまう場合たまに飲酒したくなる時はあるでしょう。では、飲酒してから授乳するまでの時間はどのくらい空ければよいのでしょうか。

これに関しては様々な意見があるので、これだと言うものはありません。アメリカのようにアルコール依存症の多い国では、アルコールと授乳についての研究がされておりますが、だいたい2時間くらい空ける、母親がアルコールの影響を感じなくなるまで授乳は控えるとありますが、日本人ではないため、体質的にどのくらいでアルコールが分解されるかなどは違うでしょう。なので、これといった時間ははっきりとはここでは言えないのですが、最低でも2時間は次の授乳まで空けましょう。少しでもアルコールが残っているような感じがある、ほろ酔い感があると自覚がある時は2時間ではなく、アルコールがすっかり抜けたと感じるまでは授乳しないようにしましょう。

適正量は?授乳中の飲酒

授乳中の飲酒の適正量とは一体どのくらいなのでしょうか。これは日本ではなく、アメリカの研究において言われていることですが、授乳中の飲酒の適正量はだいたい250ml位、または缶ビール1本分くらいです。しかし、これは人それぞれによりアルコールの分解が遅い、早いなどの個人差もありますし、アルコール度数もあるでしょう。お酒があまり強くない人であれば、強い人と同じ量を飲酒した場合でも、分解される時間に差が出てくるでしょう。また、200mlくらいのものでもアルコール度数が高ければ、それだけ血中濃度も上昇してしまいます。

授乳時に飲酒をする時は、適正量ははっきりとこのくらいとは言えませんが、最高でも350ml缶1本くらいに留めておくことが必要でしょう。そして、必ずアルコール度数を確認の上、飲酒しないといけません。アルコール度数が高ければ高いほどにアルコールの分解に時間がかかり次の授乳までにだいぶ時間が経たないといけないからです。

授乳中でもノンアルコールドリンクなら飲んでもよい?

今はたくさんのノンアルコールドリンクが出ていてお酒の弱い人も選べる時代になってきました。さて、授乳中にノンアルコールドリンクは飲んでもいいのでしょうか。答えは、「YES!」ではなく、実は「よく見て選べばOK」なのです。
ノンアルコールドリンクと書いてあるからといって、何でも飲んでいいというわけではないのです。ノンアルコールドリンクと聞けば、全くアルコールが入っていないような感じがしますが、中にはアルコールが1%入っているものもある事実を知っていますか。ノンアルコールドリンクの中には、完全にアルコールが入っていないアルコールフリーのものと、アルコールが1%入っているものがあるのです。もしもノンアルコールドリンクを授乳中に飲む場合は、この点に気を付けて選んで飲みましょう。

オススメのノンアルコールドリンク4選

■ビール好きなあなたへ

アサヒ ドライゼロ

妊娠前からビールが大好き!という人にはビールテイストのドリンクはいかがでしょうか。最近のビールテイストドリンクは本物のビールと味は変わらないくらいに美味しくなってきています。

■チューハイ好きなあなたへ

キリン ノンアルコールチューハイ ゼロハイ 氷零

ビールよりもチューハイが好き!という人にはこちらを!チューハイ好きな人からも人気の一品です。

■カクテル好きなあなたへ

サントリー のんある気分 ジンライムテイスト

アルコールというよりも、飲んでいるような気分になりたい人にはこちらがお勧めです。アルコールが入っていないだけなのですが、味はカクテルそのものです。

■おしゃれな気分で飲みたい時に

アサヒ ゼロカク シャルドネスパークリングテイスト

ワインやスパークリングワインが好きな人はこちらを!グラスワインに注いだら、雰囲気もおしゃれになります。

授乳中、アルコールをとりたくなったら?

授乳中アルコールをとりたくなったらどうしたらよいでしょうか。一番良いのはやはり飲酒しないことです。しかし、ノンアルコールドリンクでも我慢できず、ストレスがたまってしまうという人も多いでしょう。どうしてもアルコールをとりたい場合には、以下の点に注意して飲酒するようにしましょう。

1. 飲酒前に授乳をしておく
2. アルコールの度数の低いお酒を選ぶ
3. 暴飲せず、多くても1缶(250~350ml)に留めておく
4. 飲酒した後は、すぐには授乳はしない
5. 飲酒した後の母乳は搾乳して捨てるようにする
6. 飲酒後最低でも2時間は授乳はしないようにする

これらのことは、必ずしも大丈夫だという確証はありません。日本では、そのような研究がなされているわけではなく、実証されているわけではないのです。それぞれの体質や赤ちゃんの体調などを考えながら、少量たしなむ程度に留めておく方が安全でしょう。どうしても我慢できないというわけでなければ、ノンアルコールドリンクでも味はアルコールドリンクに近いもので美味しいものがたくさんあるので、そちらで代用していきましょう。

まとめ

育児というものは、ストレスも溜まりやすいです。周りがお酒を飲んでいる時に自分もたまには飲んでストレス解消したい!という人も多いでしょう。しかし、大量摂取により赤ちゃんに影響が出ることなどを考えると心配になるでしょう。授乳期間というものは、人によってそれぞれです。1年くらいで終わってしまう人もいれば、3-4年続く人もいるかもしれません。兄弟姉妹ができれば、また授乳期間が延びてしまいます。しかし、人生で考えるとほんのちょっとの期間だと思いませんか。どうしても飲みたい!という人は、ほどほど楽しむ程度には良いですが、赤ちゃんに影響が出ないように心がけて飲酒をしていきましょう。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

赤ちゃんのお世話 授乳・ミルク 授乳

この記事を書いた人

ぶりっじ

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 授乳中にお酒飲んでも大丈夫?赤ちゃんに与える影響と飲酒後の授乳について