1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 【子宮外妊娠】診断・治療方法・費用・期間まとめ

【子宮外妊娠】診断・治療方法・費用・期間まとめ

【子宮外妊娠】診断・治療方法・費用・期間まとめのタイトル画像

子宮外妊娠。誰もが一度は耳にしたことがある言葉ですが、正しく理解している人は意外に少ないかもしれませんね。この記事では、特に、子宮外妊娠の治療法や、治療や手術にかかる費用について詳しく取り上げています。妊娠を希望しておられる方、またそのパートナーにも、ぜひ知っておいていただきたい情報です。

目次 子宮外妊娠とは?どんな人がなりやすい?
子宮外妊娠では出産できる?
子宮外妊娠の早期発見方法
子宮外妊娠の治療方法 <1>早期発見できた場合
子宮外妊娠の治療方法 <2>早期発見できなかった場合
子宮外妊娠の治療方法 <3>メンタルケア
まとめ

子宮外妊娠とは?どんな人がなりやすい?

【子宮外妊娠】診断・治療方法・費用・期間まとめの画像1

子宮外妊娠とは何ですか?
そして、どんな人が子宮外妊娠になりやすいのでしょうか?

子宮外妊娠とは、何らかの理由で、子宮以外の場所に受精卵が着床してしまうことをいいます。
そのほとんどが、卵管内での着床です。
まれに、子宮頚管、卵巣、腹腔内に着床することもあります。

【子宮外妊娠になりやすい人】
・経産婦
一般に、初産婦より経産婦のほうが、子宮外妊娠になりやすいと言われています。

・過去に、子宮外妊娠した人
子宮外妊娠は繰り返しやすい傾向があります。

・クラミジアや淋病などの、性感染症に感染したことがある人
性感染症に感染すると、受精卵を子宮内へと運んでくれる繊毛の動きが悪くなることがあり、子宮外妊娠しやすくなります。

・盲腸や腹膜炎などの、腹部手術を行なったことがある人
卵管そのものを傷付けていないとしても、その周囲を手術することにより、卵管癒着を起こしている可能性があります。

・人工中絶手術を行なったことがある人
手術の影響で、卵管に傷が付いてしまった場合、受精卵が運ばれにくくなります。

これらの原因以外にも、遺伝的要因その他の理由で、もともと卵管機能に障害がある人は、子宮外妊娠になりやすいようです。

子宮外妊娠では出産できる?

【子宮外妊娠】診断・治療方法・費用・期間まとめの画像2

では、子宮外妊娠では出産できるのでしょうか?
残念ながら、それはできません。
なぜなら、受精卵は子宮以外の場所で成長していくことはできないからです。
受精卵を子宮内の正しい位置に移植して着床させる、というようなことも、現代の医学ではできません。

もちろん、子宮外妊娠であっても、正常な妊娠反応はあります。
そして妊娠継続中は、胎児も生きており、成長しています。
しかし、子宮外妊娠をそのまま放置しておくなら、いずれ卵管破裂を起こし、胎児はもちろん、最悪の場合、母親も命を失う結果になりかねません。
子宮外妊娠で出産できる可能性はゼロですが、母親が死に至るケースはゼロではないのです。

ですから、子宮外妊娠は、できるだけ早く発見されるに越したことはありません。
そして、医師による適切な処置を、すみやかに受ける必要があります。

では次に、子宮外妊娠の早期発見方法について、見てみましょう。

子宮外妊娠の早期発見方法

【子宮外妊娠】診断・治療方法・費用・期間まとめの画像3

ここでは、子宮外妊娠を早い段階で発見するために、できる事柄を幾つか挙げてみたいと思います。

【妊娠検査薬で妊娠の有無を調べる】
妊娠を意識している人も、そうでない人も、予定より生理が遅れていることには、誰でも気づきやすいものです。
予定日を過ぎているのに、生理が来ない場合。
「もしかして・・・妊娠?」と思ったら、すぐに妊娠検査薬でチェックしてみましょう。

【子宮外妊娠の症状・兆候に敏感である】
普段の生理とは異なる不正出血、継続する下腹部の痛みなど、子宮外妊娠特有の症状・兆候に、敏感でありましょう。
「あれ?おかしい?」「普段となにか違う?」と感じたら、案外、その予感は的中しているかもしれません。

【妊娠が分かったら、すぐに産婦人科を受診する】
妊娠検査薬で陽性反応が出たら、できるだけ早く産婦人科を受診しましょう。
正常な妊娠であれば、妊娠6週頃には、超音波検査ではっきりと分かります。
子宮内に胎嚢を確認できれば、子宮外妊娠の心配はありません。

しかし、妊娠反応が見られたのに、子宮内に胎嚢が確認できない場合は、残念ながら子宮外妊娠なのかもしれません。
受精卵が成長してくる妊娠7~8週頃には、子宮外妊娠かどうかの診断が、はっきりと下されます。

少しでも早く発見されれば、その後の治療は、費用の分野においても、母体にかかる身体的・精神的影響の分野においても、負担は軽くなるでしょう。

では次に、子宮外妊娠の治療方法や、気になる費用について、具体的に調べていきたいと思います。

子宮外妊娠の治療方法 <1>早期発見できた場合

【子宮外妊娠】診断・治療方法・費用・期間まとめの画像4

まず、子宮外妊娠を早期発見できた場合の治療方法や、かかる費用について、見てみましょう。

自宅で行なった、妊娠検査薬での判定が陽性であったとしても、子宮外妊娠かどうか判定するために、病院で血中hCG検査は必ず行われます。
この検査にかかる費用は、健康保険の3割負担で1,000円前後です。
検査の結果、hCGの血中濃度が2000単位/mLを超え、さらには妊娠5週を過ぎているにもかかわらず、子宮内に胎嚢が確認されない場合、子宮外妊娠の可能性があると診断されます。

妊娠8週以下で、腹腔内に出血が見られない場合、つまり早期に子宮外妊娠を発見できた場合は、注射による薬物療法が可能です。
一般的に、抗癌剤の一種であるメトトレキサート(MTX)を投与し、妊娠組織を消滅させます。
通常は一日一回の注射を、5日間ほど連続して行ないます。
費用の相場は、およそ4~5万円ですが、これはあくまでも目安です。

抗癌剤を使用するため、治療の安全性や薬の副作用など、体への影響が気になる方もおられるでしょう。
この治療を受ける場合は、担当の医師とよく話し合い、納得のゆく説明を受けたうえで、治療に臨んでください。

子宮外妊娠の治療方法 <2>早期発見できなかった場合

【子宮外妊娠】診断・治療方法・費用・期間まとめの画像5

では、子宮外妊娠の発見が遅れた場合の治療方法について、見てみましょう。

残念ながら、妊娠週数が経過し、赤ちゃんが大きくなっている場合、または、突然の下腹部痛により、子宮外妊娠が発見された場合は、卵管破裂を防ぐためにも、すぐに手術になることがあります。

・手術費用の目安
【開腹手術】10万円前後
【腹腔鏡手術】20万円前後
子宮外妊娠の手術は、健康保険が適用されます。
上記は、保険適用後(3割負担)の金額です。

・入院費用の目安
手術や治療費用以外に、入院すれば部屋代や食事代がかかります。
相部屋か個室か、どのくらいの日数入院するのかにもよりますが、6~10万円は、手術費用とは別に用意しておいたほうがよいでしょう。

医療保険に加入している場合、後日入院費を報告すれば、保険によって入院費が戻ってきます。
病院に入院証明書を発行してもらうのを忘れないようにしましょう。

子宮外妊娠の手術は、健康保険が適用されるとはいえ、かなり高額な費用がかかります。
妊娠・出産には、いつどんなトラブルが起こるか分かりません。
不意の出費に慌てなくてよいように、ふだんから、まとまったお金を準備しておくことをおすすめします。

子宮外妊娠の治療方法 <3>メンタルケア

【子宮外妊娠】診断・治療方法・費用・期間まとめの画像6

最後に、子宮外妊娠した人のメンタルケアについて、考えてみたいと思います。

待ち望んでいた妊娠が、子宮外妊娠だったとき。
そのショックは大変大きいことだと思います。
それに加え、注射による治療、場合によっては手術を受けた場合、身体にも大きなダメージを受けます。
身体も心も、弱ってしまうかもしれません。
この辛い気持ちは、実際に経験してみないと決して分からないのかもしれません。

しかし、決して自分を責めないことが大切です。
まずは、医師の指示に従い、体調を整えることを目標にしましょう。

周りの友人や家族は、どのように接したらよいでしょうか?
ぜひ、優しく、思いやり深く接してください。
話や気持ちをゆっくり聞いてあげるだけでよいのです。
本人が、子宮外妊娠のことを話したがらないのであれば、その話題はあえて持ち出さずに、そっとしておいてあげましょう。
逆に、いろいろと話をすることで、本人が気持ちの整理がつくのであれば、ぜひ積極的に話を聞いてあげましょう。

気をつけたいのは、「また次があるわよ」というような言葉かけです。
このような励ましは、かえって気落ちする原因になります。

メンタルケアは非常に難しい問題ですが、体調が安定すれば、気持ちも少しずつ前向きになっていくはずです。
子宮外妊娠の治療後は、あせらず、ゆっくり、リラックスして毎日を過ごしてください。

まとめ

【子宮外妊娠】診断・治療方法・費用・期間まとめの画像7

いかがでしたか?
子宮外妊娠の原因や、早期に発見する方法、また具体的な治療内容について、取り上げてみました。
100人に1人の割合で生じる子宮外妊娠。
きっと、あなたの周りにも、子宮外妊娠の経験者がいらっしゃるのではないでしょうか?

妊娠は奇跡であり、大変喜ばしいことですが、「出産」というゴールまでの道のりには、障害も多く立ちはだかります。
その一つでもある、子宮外妊娠によって、赤ちゃんとお別れしなければならないお母さんも、本当に多いのです。

この記事から、子宮外妊娠とその後の治療について、少しでも理解を深めていただければ幸いです。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事に関するキーワード

子宮外妊娠 妊活 妊活・不妊

この記事を書いた人

ぴぃさん

5歳の娘、3歳の息子、1歳の息子がいます。三人の子供の出産・育児体験を通して、発見したことや感じたことを、分かりやすくお伝えできればと思います(^^♪...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 【子宮外妊娠】診断・治療方法・費用・期間まとめ