1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. お座りはいつから?

お座りはいつから?

お座りはいつから?のタイトル画像

赤ちゃんがお座りをできるようになる時期はそれぞれですが、赤ちゃんの運動機能発達のバロメーターとして、お座りがいつからできるようになるのか、ママはとても気になりますよね。そこで、お座りができるまでを段階ごとにご紹介していきます。

お座りは赤ちゃんの発達を知る目安です。

赤ちゃんのお座りは、首すわりや寝返りに次いで、成長の目安とされています。なぜなら、お座りは腰や背骨にとても負担がかかるため、それらがきちんと成長していないとバランス良く座ることができないからです。ですからお座りができるようになるということは、赤ちゃんの神経や筋肉、背骨が順調に発達し、正常に機能していることを意味しているのです。では、どのくらいから赤ちゃんはお座りをはじめるようになるのでしょうか?

お座りはいつから?の画像1

お座りの兆候は早くて生後3ヶ月頃に始まります。

お座りの兆候には個人差が大きくあります。赤ちゃんの性格や好奇心、ママやパパとの関わり方やお部屋などの外部環境にも左右されますので一概には言えませんが、早いと首がすわった生後3ヶ月頃からお座りに興味を持ち出し、抱っこでも座る姿勢をしたがることがあります。この頃の赤ちゃんは周囲の動きを良く見るようになり、ママや周りの大人が座って楽しそうにしているのを見て、その真似をしたがるようになります。それがお座りへとステップアップしていくのです。



また、縦型の抱っこ紐を用いている赤ちゃんは、比較的早い時期からお座りをしたがる傾向があるようです。縦抱きによって寝ている時とは違った視界が広がることで、外の世界への興味がより高まりやすくなるのかもしれませんね。

お座りはいつから?の画像2

お座り完成へステップアップしていきます。

赤ちゃんは生後4~5ヶ月頃になると、まだまだ不安定ながら両手を前についてお座りの姿勢をとるようになっていきます。これは、赤ちゃんが起き上がったとき、前に倒れるのを防ぐために本能的に両手を前に出した姿勢です。しかし、この頃の赤ちゃんは首と背中を支える力がまだ弱く、バランスが上手く取れずに倒れることが多くありますので、怪我や事故を防ぐためにもママや周囲の大人は注意をして見守ってあげることが大切です。

生後9~10ヶ月頃でお座り完成?!

赤ちゃんによってさまざまですが、生後6~7ヶ月頃になると神経や骨、筋肉の発達が進み、背筋は真っ直ぐに伸びてお座りの姿勢をキープすることができるようになります。この頃から遊びに集中するようになり、遊びへの興味によってお座りをより安定したものへと導いてくれます。そして生後9~10ヶ月頃になると、背骨や筋肉がしっかりと成長し、お座りができるようになります。そして次はつかまり立ちへと成長が進んでいくのです。

赤ちゃんのお座りは、このように順を追ってゆっくりとステップアップし、徐々に安定していきます。しかし、赤ちゃんの成長のスピードには個人差もありますし、お座りが安定するまでは怪我や事故を防ぐためにも、ママや周りの大人達がサポートをしてゆっくり見守ってあげることが大切です。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

りんりんママ

1歳の子どもがいます。ママパパの皆さまが共感できる記事を親目線で届けたいです。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. お座りはいつから?